トップ > コラム > ビジネス上では特許と商標に軽重なし!

ビジネス上では特許と商標に軽重なし!

  知財・ライセンスの収益化 後藤昌彦 SPECIAL
後藤昌彦 SPECIAL

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー) 代表取締役 後藤昌彦

知的財産、マーケティング、マネジメント…を融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創るコンサルタント。「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組みづくりに定評がある。

「後藤さん、私は今まで商標については、自分が使えればそれでいいと思っていたので商標権を取るという考えはなかったんです。特許と実用新案は大事で真似されたくなかったんでそれなりにお金を使って取ってきたんですよね」

これは、先日知財取得と活用の相談のため訪問した会社の会長がおっしゃった言葉です。

その会社で販売している製品がまだ普及できず、販売促進をどうしていくかを私以外の大ベテランの形と一緒に検討している中で、その製品に使っているキャラクターを商標登録しておこうかという話になった際の会長のお言葉でした。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

上述のような考え方は、技術系の中小企業の経営者にはありがちなことで、技術は大事にするが、販売は苦手で製品につけるロゴやネーミングにもあまり関心を持たないというケースに私も何度か遭遇しています。

しかし、ネーミングやロゴは会社や製品の「顔」「名刺代わり」ともいえるもので、名無しのまま製品を認知させることは特に顧客がエンドユーザーの場合はほぼ不可能です。

そのためにも、商標という特許庁からの「お墨付き」を得て、「顔」をお客様に覚えてもらうための仕掛けに使う必要があります。

ビジネスに使うという観点からは、技術もネーミングも差はなく、重要度は同じなのです。

お客様に覚えてもらう「顔」「名刺」を作って、販売促進に活用しましょう。

 

【知財・ライセンス】会社に眠っている資産を収益化する視点
後藤昌彦

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー)代表取締役

後藤昌彦

執筆者のWebサイトはこちら http://www.ipmaacurie.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×