トップ > コラム > 別に下請でもかまわない

別に下請でもかまわない

  下請工事業脱却 村松利孝 SPECIAL
村松利孝 SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス 代表取締役 村松利孝

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

当コンサルタント開催セミナーがあります。

さて今回は、「別に下請でもかまわない」です。

先々週、大阪へ行ってきました。クライアントさんの進捗現状の確認にです。

まだまだ大阪では、昨年の台風被害の修理が終わっていないようで、屋根に掛けたブルーシートが劣化し、本修理出来ないまま、もう一度かけなおしているほどだそうです。

当然屋根工事屋さんは毎日忙しく、いつ終わるとも分からない現場に毎日苦慮しているそうです。

仕事量に対しての絶対的な現場職人が足らない。

これがずっと続いているようで、逆に仕事がたくさんあるのならと、従業員職人ではなく独立していく輩も急増していると伺いました。

こんなに忙しいのなら、使われていなくとも自分で請け負った方が儲かると思うからでしょう

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

他の地域も、全体的には工事物件が、まだまだあってみんな忙しいと言っています。

この忙しいの内容の大半は、もちろん元請建設会社からの下請工事なのですが、オリンピックの終わった後、災害復旧工事のあと、はたして今の忙しさは続くのでしょうか。

必ず景気は悪くなる。

今忙しくとも、今後の仕事は、その時の景気次第。元請建設会社の営業力次第。そこからしか、自社の専門工事が発生しない、売上を作れないからです。

今は、こなしきれない工事も、いずれ減少し、少なくなった工事は当然単価の下落を生むはずです。

大きな工事を請け負う、比較的大きな規模の専門工事会社なら、きっと減少する工事量確保に、今より遠方まで出張る、或いは、今までより単価を落とされても歯を食いしばり受け入れることが予想されるし、比較的小さい工事を請け負う、専門工事の大半の零細会社の場合、仕事がそもそも回ってこない可能性だってあるわけです。仕事が無いなら、応援で日当稼ぐしかなくなるかもしれません。

でも、「別に下請でもかまわない

人の生き方は、その人の価値観で決まるものです。なので、今までも下請なんだから、俺は今後も下請で生きる事って事には、なんら反論は致しません。

私も24年前までは、その考え方だけでやってきましたから。

でも、もし、先行きの仕事量に少しでも不安があるのなら、3年後5年先の自社の経営が正直心配だと感じているのなら、この忙しい今、行動を起こすことが必要です。

それは、下請専門工事から自社努力によって、元請受注比率を上げるということ。

少しでも今の下請け依存体質を、自社で工事を請け負うことが出来る体制作りを、今始めておくべきと考えます。

今、この忙しい時に取り掛からないといけない理由は、使える費用と掛かる時間の問題です。

仕事が回っている間は、当然お金も回るはずですから、次の手を考え打てる経費も捻出できます。

でも仕事が減少すると、当然回るお金が減りますから、そもそも会社を維持するために、今よりもっと無理した経営になります。その時に違う手立てを考え実行しようにも使える費用が無くなる。

会社の運営が危機的状況になってから、

「村松さん、何とかなりますか?」

そういわれても、本当に手遅れの場合があるからです。

軌道にのせる時間だって掛かるからなおさらです。

だから忙しい今、仕事のあるうちに、次の一手をぜひ考えてほしいのです。

その一手を後回しにすればするほど、取り掛かりと立ち上げは遅くなります。

仕事が切れた時には、その考えている一手は実行できない。

別に下請でかまわない

今後もその方針でいくなら、とことん元請会社についていけばいいと思うし、その選択も間違っていないと思います。

でも、少しでも不安があるのなら、この忙しいうちに、次の一手の準備を始めてほしいのです。

もしその次の一手が、自社努力によって元請受注していくことをあなたが望んでいるなら、

下請工事を元請として受注を増やすことが頭にあるのなら、今動くべきです。

大所帯、または2~3人の下請専門工事からの直販元請化なら、私ならお伝え出来ることがあります。 

令和を、あなたの専門工事逆転経営元年にしてみませんか! 

どうしても気になる、やってみたい!うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今」こそです!村松まで今すぐお問合せください。

そのうち、ゆくゆくでは一生変わりません。

今度はあなたがチャレンジする番です

 

当コンサルタント開催セミナーがあります。

【工事業専門】直販工事受注への視点
村松利孝

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス代表取締役

村松利孝

執筆者のWebサイトはこちら http://motoukeka.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×