トップ > コラム > あなたにも、簡単に使えます。

あなたにも、簡単に使えます。

  10億ビジネスの経営数値成長戦略 野口 タカ子 SPECIAL
野口 タカ子 SPECIAL

10億ビジネスの経営数値成長戦略コンサルタント

株式会社ノグチ経理相談室 代表取締役 野口 タカ子

同族会社の業績を、10億20億事業に成長させる「経営数値」コンサルタント。客数や客単価・生産性などの業績を現す数値と、財務諸表の数値とを統合させることこそ、同族企業の成長の根源であると、「儲かる社長が押さえるべき商売7つの数値の法則」として体系化。頼りになる指導と、評価が高い。

Fromノグチ 

1ヶ月ほど前、消費税増税対応レジスターの入れ換えでもめた話 

「これ、ウチでは使えないと思います…、面倒だもの。」 

10月の消費税導入前に、レジスターの入替え作業をした店舗の話しです。

すでに今年3月から、iPadを購入し、ソフト会社との契約も済ませ、パソコンの設定を進めてきました。 

ところが、さてここで切り替えをしようとした時

この仕組みは、使えない!と、、、

店主夫人が、困惑顔で話し出しました。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
 

”便利さ”を、使いたい

そもそもこのお店で、iPadでレジを導入しようと思ったのは、店主夫人の希望があったからです。 

店主夫人が自分で仕入をする地方市場では、セルフレジが導入されていました。

セルフレジを何度か使った店主夫人は、私の店でも、これにしたい!

と、考えるようになっていきていました。 

「これ」にすれば、売上の集計がすぐに出来る。

バーコードに“ピッ”で、集計がすぐ出来る。

いちいち、これお値段いくらか、さらに「税込・税抜き」も判断無しです。 

店主夫人のお店は、パパママのお店、つまり社員は2名です。

ほかは、アルバイトの店員が3名という規模です。

困るのは、常にレジから「奥さん、これいくら?」と声がかかること。 

小さな店舗と言っても、品数は優に1万点を超えます。

「シールが貼ってあるでしょ!」と言いたいところだけれど、

グッとガマンして“「250円で~す。」 

そしたら、かえってきた返事は、「税込ですか~?」

「ウチは、すべて税込ですよ、小売りですから…。」

奥さんだって、トイレに行くことも、携帯で友達に電話することもある。。。 

この上さらに、軽減税率だ、いや軽減税率外だ、なんてなったら。 

もう、イヤだ~。

簡単にしたい!

私じゃなくて、レジが値段を教えてくれればいいのに!

 

簡単にするのは、簡単じゃない!

ところが、導入されたiPadは、やっぱりパソコンだ!

簡単じゃないじゃない、パスワードに画面の選択?

私は“ピッ”だけで済ませたいのに、、、。 

………… 

IT化の大波は、小さな店舗にも押し寄せています。

何でも測定出来る時代になってきました。

しかし、何を測定したいか?それを決めるのは、経営者の重要な仕事です。 

そこで、店主は、できあがった仕組みで働いている姿を店主夫人とともに、想像することにしました。 

バーコードがついている商品には、バーコードをかざしている。

その場で、“ピッ” 

バーコードがついていない商品の一覧表には、自社設定のバーコードが印刷されている。

商品を選んで、“ピッ” 

レジには、アルバイト店員がいて、お客様のお名前を確認して、商品ごとの金額も、消費税額も読み上げられてレシートを打ち出している。 

「そうなっていれば、いいんだよね。」

店主の言葉に、店主夫人が大きくうなずきました。

 

簡単さ…ふへんの購入動機

問題点がハッキリしました。

今 解決すべき問題は、

「バーコードがついていない商品の一覧表+バーコードの作成」です。 

目標は、“ピッ”でレジに販売商品の登録ができる事。 

「お客さんが買わない理由と、なんか似てますね…。」

「ちっとでも面倒くさいと、買わないんですね。」 

「あなたにも、簡単に使えます。」

どの商品でも必ず使えるこのキャッチフレーズは、本当に強力です。

 

―ノグチ

10億ビジネスの経営数値
野口 タカ子

10億ビジネスの経営数値成長戦略コンサルタント

株式会社ノグチ経理相談室代表取締役

野口 タカ子

執筆者のWebサイトはこちら http://www.n-keiei.co.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×