トップ > コラム > 守破離

守破離

2020年1月22日 下請工事業脱却 村松利孝 SPECIAL
SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス 代表取締役 村松利孝

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

当コンサルタントのオンライン個別相談があります。

さて今回は、「守破離」です。
先週個別のご相談をいただいた専門工事の社長さん。
現状下請8割だか、今後自分で仕事を取っていく体制も作りたいとのこと。
ただ、現状毎日、多忙な日々を送っており、自分の代わりもいないのでとても難儀をされているよう。社長が大忙しの分、業績数字はとても優秀優良な企業の方でした。
今後の課題は、本人しか出来ない仕事を他人でも出来る仕組みを作ることだと理解しておられ、村松からも少しだけ参考意見をお伝えしました。

さて本題の「守破離」です。
昨年末まで経営サポートさせていただいた専門工事社長の話です。
この方は、4年ほど前にお会いしていましたが、私のセミナーを聞いて、コツコツと自分で独自に直接受注する会社を目指して経営改善に取り組んでみえました。
3年前、久しぶりの連絡をいただき、進捗などお話を伺うと、まだ思うような数字に届いていないとの事で、悩んでおられました。
もう一度やり直す意思が強かったので、そこから直販元請化経営のサポートをお請けすることになりました。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

「守」

初めに、なりたいありたい姿をはじめにお聞きし、それを達成するために、どこから手を付け具体的に何をやるのか、学んでいただき実践もどんどん繰り返しました。
村松のやり方ノウハウを忠実に行い、だんだん結果、直販工事の受注と売上を出せる体質に変わりました。
その方とのやり取り記録を見返すと、本当によく実践実行されていたと思います。
基本を忠実に真似てまねて、繰り返し繰り返し行った結果が現れました。

「破」

一年間で学んで、真似した基本を基本に、徐々に独自アレンジの販促、営業も出来てきて、業績がさらに上がってきました。この年に聞くところ、過去最高売上だったそうです。奥さんの加勢もあり、業績は前年度を超えるまでなっているようです。
販促物の完成度は私のクライアントさんの中でトップクラスです。

「離」

急激な売上アップは、その弊害も勿論起きてきます。
受注工事をさばけない、人員不足などです。
社長はおそらく更に、多忙でお過ごしのことでしょう。
でも、どんどん実績を積み上げて、この会社独自スタイルの経営を回ってきたようです。
私の伝えた直販元請化は、きっと新しい形になってきたと思います。

卒業です。
うちと組んで直販元請化に取り組んだ限り、何とか少しでもうまく行ってほしい!
その思いいれが私も専務も、とても強かった社長と奥様だったので、
少し寂しい気持ちにもなりますが、この社長の会社がますます発展して、
地域に根差す、なくてはならない会社になる事こそが、私たちの本懐ですので、
笑って見送ります!

Y社長、
ステップ1初めのページに書いた、手に入れたい物、実現しましたね。
基本を忘れず奥様と頑張ってください!

専門工事の直販元請化は必ず出来ることです。
諦めず、間違いの少ない方法を選び、忠実に取り組み、実践することで手に入ります。

どうしても気になる、やってみたい!うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今」こそです!村松まで今すぐお問合せください。
そのうち、ゆくゆくでは一生変わりません。
今度は、あなたがアクションを起こす番です。

 

当コンサルタントのオンライン個別相談があります。

【工事業専門】直販工事受注への視点

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス 代表取締役

村松利孝

執筆者のWebサイトはこちら  http://motoukeka.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。