本物のコンサルティングをより身近に。

スケジュール管理の重要性

SPECIAL

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー)

代表取締役 

知的財産、マーケティング、マネジメント…を融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創るコンサルタント。「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組みづくりに定評がある。

「後藤さん、今社内で補助金申請の検討をしているのですが、後藤さんに代行をお願いすることはできますか?」

全国中小企業団体中央会が事務局となっている「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」の公募が行われていますが、上記はその補助金の活用を検討されているお客様からの問い合わせです。

私は弁理士であり、かつ中小企業診断士として事業計画作成のサポートもさせていただいているので、このような補助金獲得に際し、事業計画の作成も依頼される場合があります。

また、あるお客様からは新規商品の開発に並行して、先行技術調査と特許出願の相談を受けることも多々あります。

例えば、「後藤さん、今週の中頃に試作品完成の目途がつきそうなので、今週末に打ち合わせをお願いできないか」というような具合です。

両者に共通して、私が重要と思っているのは「スケジュール管理」です。

「そんなのあたりまえ」と思われるかもしれませんし、「いや、品質とコストも大事だ」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、例えば補助金申請には提出期限があり、試作品の完成も期日を決めて行わないとずるずると完成が先延ばしになってしまいかねません。このことは、ビジネスチャンスを自ら逃してしまう結果にもなりかねないのです。

「品質」「コスト」「納期」のうち、上記の2つの例はいずれも「納期=スケジュール」は最低限守らねばならない条件である例です。

知財の取得・活用・事業の遂行等、すべてのビジネスには必ず「スケジュール」がついて回るのだということを今一度認識しておいてください。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。