本物のコンサルティングをより身近に。

上手なコロナライズのための処方箋

SPECIAL

マインドシェアNo.1ブランドコンサルタント

株式会社アトリオン

代表取締役 

国連が提唱する「持続可能な開発目標」SDGsのフレームワークを活用し、顧客にも社員からも永く愛される「マインドシェアNo.1ブランド」確立のための社内体制を構築する。会社の哲学、商品・サービスの優位性を明確にし、社員の意欲を引き出して、顧客のファン化を後押しするスペシャリスト。顧客と社員の双方の満足を循環させるES-CSチェーンを土台に、競合との圧倒的な差別化をはかり、会社のステージを上げたい企業から絶大な支持を集めている。

先日、オンラインセミナーでモデレータを務めました。それ自体はもうありふれたことなのですが、驚いたのはそのための準備のものものしさ。カメラ、モニター、撮影スタッフとこちらの想像を超えた布陣でセミナーをサポートしていました。参加者が見えないセミナーの難しさと、カメラに狙われる自分の姿におろおろしながら、コロナ時代に盛り上がるサービスの様子を垣間見ました。 

数日前の日経新聞に「コロナテック」という言葉が大きく登場していました。コロナの時代に対応し、生活やビジネススタイルの大転換にあわせて大きく伸びるテクノロジーの分野を指すようです。オンライン配信を支える技術もしかり、テレワークを支える技術もしかり。非対面、非接触を実現するさまざまな技術が、いま隆盛を極めています。

といってもこれらのサービスを提供する企業は、コロナが来たから突然その分野に進出したわけではありません。もともと持っていた技術やサービスをコロナに伴うビジネス様式の変化にあわせてみたら、大きな需要の開拓に相成った次第のようです。

旅行自粛で宿泊需要が落ちるのを見ると、新たに浮上したテレワーク需要に対応するべく、ホテルの部屋貸しサービスを始めたというホテル。これも資産であるホテルの部屋の用途を、旅行・宿泊からビジネス・昼間滞在へと舵を切って成功したケースです。

もともと持っている資産、強み、サービスの用途を、コロナのもとで新たに登場した需要に向けてとらえなおす。あるいは、コロナの影響下で生じたマインド変化に対応して発展させる。

こんな風に自社の強みをコロナ時代に合うようにカスタマイズすることを、勝手に「コロナライズ」と名付けました。コロナ+カスタマイズの組み合わせですが、ライズという言葉から推測できる上昇イメージが気に入っています。

そして、この「コロナライズ」にはいくつかの段階があるような気がします。

1つは顕在化した需要への対応です。オンライン会議やテレワークなどは際たるものです。そしてこれらの需要は、コロナ以前からその存在を予測されていました。たぶん3年〜5年先に盛り上がるはずだった需要が、コロナのおかげで前倒しになったものです。

もう1つ考えられるのは、コロナの影響で今後現れるであろう需要への備えです。これはかなりのところ推測に基づく備えになるのですが、手がかりは幾つかあります。

たとえば世の中にあまたある未来予測の本やSociety5.0のイメージ。コロナを機会に何冊か関連する本やサイトに目を通してみましたが、自分のなかにある願望や今の世の中で「あるといいね」と言われているものが、近い将来の具体的なイメージとして言語化、視覚化されていて、まるで「見てきたよう」です。 

人が想像できることは、ほぼ実現するといいます。飛行機にしても、パソコンにしても、最初は誰かの妄想だったものが、いずれ現実のものになっています。つまり、未来は既に起こり始めているのです。

といわれても、起こり始めた未来をどこに見つけに行ったらいいかわからない方へ。まずはご自分の人生の理念や使命に立ち返って、その理想が実現した未来を想像してみるというのはいかがでしょうか。その未来の実現のために、今もっている資源・資産を使って何ができるか妄想してみるのです。

現実から離れて妄想の世界に遊ぶにはちょっとしたテクニックが必要です。ぜひ一緒に考えましょう。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。