本物のコンサルティングをより身近に。

日経元旦の記事から予測する今年のキーワード

SPECIAL

DX事業立ち上げコンサルタント

有限会社 アクトコンサルタント

代表取締役 

顧客とDX事業を一緒に構築するコンサルティング営業をめざす営業部の構築を支援します。

新年、あけましておめでとうございます。

月に2度、休み関係なしの1日と15日に発行していますこのコラムも今回が第153回、7回目のお正月を迎えることができました。

これも、皆さまの営業力強化、そして、私自身のキャリアアップになればと思い元旦返上でまとめてみました。

さて、今朝も日経新聞の1面を過去6年の一面記事と比較しながら、熟読しました。

過去6年間の記事は
2015年 「リアルの逆襲/持続より破壊」
2016年 「目覚める40億人の力」
     世界72億人の内40億が世界経済を牽引
2017年 「延長」から「断続」の時代
2018年 「断続」から「個を放つ」
2019年  つながる100億の脳
2020年 「さびつく成長の公式」

そして今年は
脱炭素の主役 世界を競う

具体的には
日本も宣言しました2050年までに「温暖化排出ガスゼロ」

石炭・石油など化石燃料で発展した人類史の歯車が逆回転
エネルギーの主役交代元年です。

これからの30年を3つのステップに
具体的な技術が見える「空飛ぶ車」
食品3Dプリンターが2030年前半に
化学燃料を使わない飛行機
人口光合成が2030年後半に
宇宙での太陽光発電、核融合発電が2040年代

中国をはじめ各国が宇宙ビジネスに眼を向けているのがよくわかります。

さて、7年間の元旦見出しを眺めてみますと今年は、思いっきりテーマが変わり、環境意識が高まってきた感があります。

私も今年はDXとSDGs・ESGで新たな挑戦に臨みます。
皆さんはどんな事に挑戦しますか?

年初の忙しいときに最後までお読みくださりありがとうございます。

本年も、このコラムをどうぞ、よろしくお願いします。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。