本物のコンサルティングをより身近に。

知財交渉前の事前準備

SPECIAL

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー)

代表取締役 

知的財産、マーケティング、マネジメント…を融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創るコンサルタント。「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組みづくりに定評がある。

「後藤さん、私はある会社の支援をしていて、その会社が持っている技術とノウハウを活用して新製品を開発したいという会社との橋渡しをしようとしているんです。知財面から後藤さんもフォローしてもらえませんか?」

これは、私がお世話になっている方から先日いただいたお話です。

これ以外に、自社が保有している技術と特許を活用して、大手企業と協業し自社ビジネスを拡張していきたいと希望される企業様のライセンス面のアドバイスを一社させていただいています。

おそらく、上述の会社様については相手企業との交渉の場に私も同席することになろうかと考えています。

相手との交渉を行う前に、詰めておかねばならないことはいろいろあるかと思います。

  • 相手企業の素性、思惑は何か。
  • 自社の技術とノウハウは見える化できているか。
  • 自社の技術とノウハウの価値はどれほどか。
  • 特許によるポートフォリオの漏れはないか。
  • 自社の希望条件は何か。

などなどです。

これらのことを事前に準備しないまま交渉に臨むとどのようなことになるか。

おそらく、相手のペースに巻き込まれ、相手の言いなりの条件で契約し、無防備なまま自社の技術とノウハウを吸い取られてしまうことになるでしょう。

時間はかかるかもしれませんが、ライセンスに限らず、ビジネスに限らず、交渉の前には十分な事前準備が必要ということになります。

準備によって交渉が成功するかどうかは8割方決まるといってもいいでしょう。

拙速にならず、事前の準備をしておきましょう。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。