オンラインで優れたコンサルティングを活用する!

銀行格付けの裏側:中小企業に対する評価基準とプロセス

SPECIAL

銀行活用で新規開拓コンサルタント

株式会社結コンサルティング

代表取締役 

銀行活用で新規開拓の仕組みづくりを行うスペシャリスト。31年間の銀行員経験で、法人4,000社以上を担当、審査部担当者としての企業審査は1,000社超の実績を誇る金融のプロフェショナル。
売上が倍増した雑貨メーカー、バックメーカー、新事業を立ち上げた化粧品メーカー、更には海外進出に成功した事例など、累計で100社以上の会社を成功に導いた実績を持つ。

「髙窪先生、銀行の格付けが下がってしまったのですが、どのような影響があるでしょうか?コロナ禍が終わってから、思っていたように業績が回復せず、銀行からも業績改善をしていただかないと、これまで通りの取引は難しくなる旨をいわれています。」弊社の生成AIセミナーにご参加いただいた精密機械製造業の社長からのご相談です。

確かに、業績が芳しくない状況が続いてしまうと、銀行内部では会社の格付けを見直す必要がでてきます。格付けの見直しで、これまでの格付けよりも格付けが悪化してしまった場合、融資金利の引き上げや追加担保の要請、入出金などの見直しも視野に取引条件の変更要請になることがあります。

特に、3期連続で赤字が続いてしまうと、「要注意先」になってしまいますので、原則的に新規の融資が不可になります。そこまでいかなくても、業績不振などで格下げになってしまうと、融資引き当ての積み増しなどが必要となるので、金利の引き上げや融資条件の変更をしなければならなくなるのです。

はじめに

銀行からの格付けが下がると、融資条件が悪化し、金利が上がることがあります。このため、経営者にとって銀行からの格付け改善は非常に重要な課題です。しかし、格付けの評価基準やプロセスを理解している経営者は少なく、具体的な対応をどうすればいいかわからずに苦労することが多いのではないでしょうか?

本コラムでは、銀行が中小企業をどのように格付けするのか、その評価基準とプロセスを解説します。また、格付けを改善するための具体的な行動提案と、実際の参考事例を紹介します。これにより、経営者が銀行からの格付けを改善し、取引条件をより良くするための具体的なステップを示します。

1. 財務状況の評価基準と重要性

銀行が中小企業を格付けする際、最も重要視するのが財務状況です。これはあなたの会社の健全性と持続可能性を評価するための基礎となります。

1.1. バランスシートの重要性

バランスシート(貸借対照表)は、あなたの会社の財務状況を一目で把握できる重要な書類です。ここでは、資産、負債、純資産のバランスを確認します健全なバランスシートは、銀行に対して財務健全性を示す重要な指標となります。

  • 資産の質と流動性
    資産の種類や流動性は、あなたの会社が短期的な負債をどれだけ迅速に返済できるかを示します。現金や売掛金などの流動資産が多い場合は、銀行から高い評価を受けやすいです。
  • 負債の構成と返済能力
    負債の種類や返済計画も重要です。長期的な負債よりも短期的な負債が多い場合、銀行はリスクが高いと判断することがあります。負債のバランスと返済能力をしっかりと示すことが求められます。
  • 純資産の蓄積
    純資産が多い場合は、財務的な余力が十分にあると評価されます。これは、経営が不調となった場合でも、企業が生き残るための重要な要素です。

1.2. 損益計算書から見る収益性

損益計算書(PL)は、あなたの会社の収益性を示す重要な書類です。ここでは、売上高、営業利益、純利益の分析が行われます。

  • 売上高の安定性と成長性
    売上高が安定している場合は、経済的な安定性があると評価されます。また、売上高が年々増加している場合には、成長の見込みがあると見なされます。
  • 営業利益率の重要性
    営業利益率は、あなたの会社の本業からどれだけ利益を上げているかを示します。高い営業利益率を維持することは、銀行から高く評価されるポイントです。
  • 純利益の持続可能性
    純利益が持続的に増加している場合は、長期的な収益性が高いと判断されます。これにより、銀行はあなたの会社の将来性をポジティブに評価します。

1.3. キャッシュフロー計算書の役割

キャッシュフロー計算書(CF)は、あなたの会社の現金の流れを示す重要な書類です。これにより、企業が実際にどれだけの現金を保有し、どのように使用しているかを把握できます。

  • 営業キャッシュフローの健全性
    営業活動からのキャッシュフローがプラスであることは、あなたの会社が本業で利益を生んでいる証拠です。これがマイナスであれば、企業の運営に問題があると判断されます。
  • 投資キャッシュフローの管理
    投資活動からのキャッシュフローは、あなたの会社がどのように成長を計画しているかを示します。適切な投資を行っている企業は、銀行から積極的な成長を評価されます。
  • 財務キャッシュフローのバランス
    財務活動からのキャッシュフローは、資金調達や返済の状況を示します。バランスの取れた財務キャッシュフローは、企業の健全な資金運用を示します。

2. 経営者の信用度

銀行はあなたの会社の財務状況だけでなく、経営者であるあなた自身の信用度も重視します。経営者の経験や実績、信頼性は企業の将来を左右する重要な要素です。

2.1. 経営者の経験と実績

あなたの過去の経営経験と実績は、企業の信用度に直結します。以下のポイントを評価します。

  • 過去の経営経験
    成功した経営経験が多い経営者は、銀行から高く評価されます。これにより、企業が困難な状況でも乗り越えられる可能性が高いと見なされます。
  • 実績の証明
    過去の実績を証明するためには、成功事例や具体的な成果を提示することが重要です。これにより、銀行は経営者の能力を評価します。
  • 業界知識と専門性
    特定の業界での深い知識と専門性を持つ経営者は、銀行から高い評価を受けます。これにより、企業が競争力を持続できると判断されます。

2.2. 信頼性の確保

あなたの経営者としての信頼性は、銀行との関係を築くために不可欠です。以下の点が評価されます。

  • 透明性のある経営
    経営の透明性は、銀行からの信頼を得るために重要です。定期的な報告や情報開示を行うことで、信頼性を確保します。
  • 誠実なコミュニケーション
    銀行とのコミュニケーションは、誠実で一貫性のあるものであるべきです。これにより、信頼関係を築くことができます。
  • 過去の信用履歴
    過去の信用履歴や債務履行の実績は、経営者の信頼性を示す重要な要素です。信用のある履歴を持つ経営者は、高く評価されます。

2.3. 過去の業績評価

あなたの経営者としての過去の業績評価は、あなたの会社の将来性を判断するための重要な指標です。

  • 成功事例の提示
    過去の成功事例を具体的に示すことは、あなたの経営者の能力を証明するために重要です。
  • 失敗からの学び
    失敗経験も評価の対象となります。失敗から何を学び、どのように改善したかを示すことが重要です。
  • 持続可能な成長戦略
    過去の業績から持続可能な成長戦略を描くことができる経営者は、高く評価されます。

3. ビジネスモデルの健全性

銀行はあなたの会社のビジネスモデルの健全性も評価します。健全なビジネスモデルは、企業の長期的な成功に不可欠です。

3.1. 市場ポジションの確認

あなたの会社の市場ポジションは、競争力を評価するための重要な指標です。

  • 市場シェアの評価
    企業の市場シェアを評価することは、競争力を測る重要な指標です。市場シェアが高い企業は、競争力があり、安定した顧客基盤を持つと判断されます。
  • 競合他社との比較
    競合他社との比較を通じて、あなたの会社の市場での位置付けを評価します。市場シェア、強みと弱み、差別化ポイントを分析し、競争力を客観的に把握することが重要です。
  • 市場ニーズの把握
    市場ニーズを的確に把握し、顧客の要求やトレンドに応じた製品やサービスを提供することが、ビジネスモデルの健全性を確保するための基本です。

3.2. 競争優位性の評価

競争優位性を持つ場合は、長期的な成功が期待されます。

  • 独自の強み
    競争優位性の評価において、あなたの会社の独自の強みは差別化要素となります。特許技術、ブランド力、独自のサービス提供など、他社にはない優れた要素が競争力を高め、長期的な成功に寄与します。
  • 持続可能な競争力
    企業の競争力が長期的に維持できるかどうかを評価します。特許、ブランド力、技術革新などの持続可能な強みを持つ企業は高く評価されます。
  • 顧客満足度の重要性
    顧客満足度は、企業の競争優位性を示す重要な指標です。高い顧客満足度は、リピーターの増加と口コミによる新規顧客獲得に繋がり、安定した収益を確保するための鍵となります。

3.3. 成長性の見極め

企業の成長性は、銀行が融資を決定する上で重要な要素です。

  • 市場の成長予測
    市場の成長予測は、あなたの会社が将来どれだけ成長する可能性があるかを判断するための重要な指標です。具体的なデータやトレンドを分析し、成長が見込まれる市場での活動が企業の長期的な成功に繋がります。
  • 拡大戦略の評価
    あなたの会社の拡大戦略が現実的かつ実行可能であるかを評価します。市場調査や具体的な行動計画がしっかりと整備されている場合は、銀行から高く評価されます。
  • 投資計画の詳細
    あなたの会社の成長性を見極めるためには、具体的な投資計画が必要です。計画には投資対象、資金調達方法、リスク管理、期待される収益などを明示し、実行可能性を示します。

4. プロセスの詳細

銀行が中小企業を格付けするプロセスは、複数のステップに分かれています。もちろん、各銀行によって対応が異なりますので、あくまでご参考になさってください。なお、継続取引の場合には、中間決算・本決算の資料の手交時を、面談に置き換えてください。

4.1. 初回面談の準備

初回面談は、銀行との関係を築くための重要なステップです。

  • 必要な書類の準備
    初回面談では、バランスシート、損益計算書、キャッシュフロー計算書などの主要な財務書類を事前に準備し、あなたの会社の現状を正確に伝えるための資料を整えることが重要です。
  • 企業概要のプレゼンテーション
    あなたの会社のビジョンやミッション、強みを簡潔にまとめたプレゼンテーションを用意し、銀行に対して会社の全体像を明確に伝えることが重要です。
  • 質疑応答の準備
    銀行からの質問に対する回答を事前に準備しましょう。あなたの会社の財務状況、事業計画、過去の業績などについて具体的なデータと共に明確に答えられるようにしておいてください。

4.2. 中間評価のポイント

中間評価は、銀行があなたの会社の進捗状況を評価するためのステップです。

  • 定期的な報告
    定期的に財務状況や業績を銀行に報告することで、あなたの会社の透明性と信頼性を高めます。これにより、進捗状況を共有し、必要なフィードバックを受けることができます。
  • フィードバックの活用
    中間評価の際に銀行から受け取るフィードバックは、あなたの会社の改善点を明確にする貴重な情報です。これを活用し、必要な改善策を迅速に実行することで、格付け向上に繋げます。
  • 目標の達成状況の確認
    設定した目標の進捗を定期的に確認し、達成状況を銀行に報告することが重要です。これにより、銀行はあなたの会社の健全な成長を評価し、信頼関係を強化します。

4.3. 最終格付けの決定

最終格付けは、銀行があなたの会社の全体像を評価し、格付けを決定するステップです。

  • 追加資料の提出
    銀行から追加で依頼された資料は、あなたの会社の財務状況、業績、ビジネスモデルの詳細を銀行が理解するために必要なもので、銀行が最終的な格付けを決定するための重要な資料です。
  • 最終面談の実施
    最終面談では、あなたの会社の全体的な健全性と成長性を確認するための詳細な質疑応答が行われます。この面談を通じて、銀行は最終的な格付けを決定します(融資金額が一定額以上の場合、審査部などの本部での最終決裁が必要)。
  • 格付け結果の通知
    最終的な評価が完了すると、銀行から正式な格付け結果が通知されます(銀行によっては通知しない場合もあります)。この結果に基づいて、融資条件や金利が確定します。

5. 格付け結果の影響

格付け結果は、あなたの会社の融資条件や金利に直接影響します。

5.1. 融資条件への影響

格付けが高い企業は、より有利な融資条件を得ることができます。

  • 低金利の融資
    格付けが高い場合は、信用リスクが低いと評価され、銀行から低金利の融資を受けやすくなります。これにより、資金調達コストが抑えられ、企業の財務負担が軽減されます。
  • 長期的な返済期間
    格付けが高い場合は、銀行からより長期的な返済期間を設定されることが多くなります。これにより、毎月の返済額が減少し、企業のキャッシュフローが改善されます。
  • 追加融資の可能性
    格付けが高い場合は、信用力が高いと判断され、追加融資を受けやすくなります。これにより、資金繰りが円滑に行え、成長分野や新規プロジェクトへの投資がしやすくなります。

5.2. 金利の決定要因

金利は、あなたの会社の信用度に基づいて決定されます。

  • 信用リスクの評価
    信用リスクの評価は、あなたの会社の財務健全性や経営者の信用度、過去の債務履行状況を基に行われます。信用リスクが低い場合は、銀行から低金利で融資を受けやすくなります。
  • 市場金利の影響
    市場金利の影響について説明します。市場金利は、経済状況や中央銀行の政策により変動します。この変動が企業の融資基準金利に直接影響し、格付けが高い場合は比較的低金利を享受できる傾向があります。
  • 企業の財務状況
    あなたの会社の財務状況は金利の決定に大きな影響を与えます。健全なバランスシートや安定した収益性、良好なキャッシュフローを持つ場合は、信用リスクが低いため、より低金利の融資を受けやすくなります。

5.3. 資金調達の選択肢

格付けが高い場合は、多様な資金調達の選択肢を持つことができます。

  • 銀行融資
    高い格付けを持つ場合は、銀行からの融資を受けやすく、低金利や有利な返済条件を享受できます。これにより、安定した資金調達が可能となり、事業の拡大や運営の安定性を確保できます。
  • 社債発行
    社債発行は、高い格付けを持つ企業が市場から直接資金を調達する方法です。格付けが高いと、低金利で多額の資金を集めやすくなります。
  • 投資家からの資金調達
    格付けが高い場合は、投資家からの資金調達も容易
    になります。

6. 格付けを向上させるための対策

格付けを向上させるためには、具体的な対策を講じる必要があります。

6.1. 財務健全性の強化

財務健全性を強化するための具体的な対策を紹介します。

  • コスト削減
    無駄なコストを削減することは、あなたの会社の利益率を向上させるための基本的な戦略です。コスト管理の徹底、効率的な資源配分、不要な経費の見直しを行い、財務健全性を強化します。
  • 収益源の多様化
    収益源の多様化は、単一の収益源に依存せず、複数の事業や製品ラインを持つことで、収益の安定性を確保し、リスクを分散させる戦略です。
  • 財務リスクの管理
    財務リスクの管理では、予期せぬ損失を防ぐために適切なリスク評価と管理計画を策定します。リスクを定量化し、対応策を明確にすることで、安定した財務基盤を確保します。

6.2. 経営者のスキルアップ

経営者としてのスキルを向上させるための具体的な方法を紹介します。

  • 経営セミナーへの参加
    最新の経営ノウハウを習得するため、経営セミナーや研修に積極的に参加しましょう。これにより、新しい戦略や実践的なスキルを学び、あなたの会社の競争力を高めることができます。
  • 専門家からのアドバイス
    専門家からのアドバイスを受けることで、経営者は最新の経営戦略や業界トレンドを把握できます。これにより、的確な意思決定が可能となり、あなたの会社の競争力を強化できます。
  • ネットワーキングの強化
    他の経営者や専門家とのネットワーキングを強化し、最新の経営情報やノウハウを共有します。これにより、新たなビジネスチャンスの発見や問題解決のヒントを得ることができます。

6.3. ビジネスモデルの再評価

ビジネスモデルを再評価し、競争力を高めるための具体的な方法を紹介します。

  • 市場調査の実施
    市場調査を実施し、ターゲット市場の動向や顧客のニーズを把握します。競合他社の分析を通じて、自社の強みや弱みを再評価し、ビジネスモデルを最適化するための具体的な戦略を立案します。
  • 顧客ニーズの分析
    顧客ニーズの分析は、あなたの会社が提供する製品やサービスが市場の要求に合致しているかを評価するために重要です。定期的な調査やフィードバックの収集を通じて、顧客の期待や問題点を把握し、これに基づいて製品やサービスを改善します。
  • イノベーションの推進
    新技術やサービスの導入を積極的に推進し、市場の変化に迅速に対応することで、競争力を高め、ビジネスモデルの革新を図ります。

まとめ

銀行からの格付けを改善するためには、あなたの会社の財務状況、経営者の信用度、ビジネスモデルの健全性を評価し、具体的な対策を講じることが重要です。初回面談から最終格付けまでのプロセスを理解し、定期的な報告やフィードバックの活用を通じて、銀行との信頼関係を築くことが必要です。また、格付け結果の影響を理解し、融資条件や金利の改善を目指すことが求められます。

あなたは経営者として、財務健全性の強化、経営者としてのスキルアップ、ビジネスモデルの再評価を通じて、銀行からの格付けを改善するための具体的な行動を取ることが重要です。これにより、あなたの会社の信用度を高め、安定した経営を実現することができます。

銀行格付けの裏側を理解し、具体的な行動を通じて格付けを改善することで、あなたは経営者として自社の未来をより良いものにすることができます。今すぐ行動を起こし、格付け改善に向けた具体的なステップを踏み出しましょう。

あなたは最高経営責任者として、銀行の格付け改善のためにどのような施策をしていかれますか?

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。