オンラインで優れたコンサルティングを活用する!

営業利益率改善に寄与する最新テクノロジーの活用法

SPECIAL

銀行活用で新規開拓コンサルタント

株式会社結コンサルティング

代表取締役 

銀行活用で新規開拓の仕組みづくりを行うスペシャリスト。31年間の銀行員経験で、法人4,000社以上を担当、審査部担当者としての企業審査は1,000社超の実績を誇る金融のプロフェショナル。
売上が倍増した雑貨メーカー、バックメーカー、新事業を立ち上げた化粧品メーカー、更には海外進出に成功した事例など、累計で100社以上の会社を成功に導いた実績を持つ。

「髙窪先生!これからの時代は、勘や経験だけに頼っていては格差が大きくなるばかりで、新しい技術を活用していかなければ取り残されてしまうことは理解しました。でも、どうしたらいいのか、全くわかりません。簡単に概要を教えていただけませんか?」弊社セミナーにご参加された消費者向け健康機器製造業の社長からのご依頼です。

どのような状況なのか、ヒアリングさせていただくと次のようなことでした。
・現状、顧客管理については、当社専用のホストコンピューターで対応。
・顧客相談窓口として「お客様相談窓口」を設置し、総務部が兼務。
・原材料、光熱費、在庫などの管理は特にしていない。
・請求書や納品書などの書類は、全て手作業でシステムに入力。
・工作機械については、職人の勘・経験で操作。

確かに、少し前までの町工場であれば、当たり前の状況なのですが、現在の日本経済においては、業務効率化および生産性向上による収益力の向上を継続的に行なっていかなければ生き残れません。

そして、導入当時に最先端であったものが、時代遅れになるスピードも非常に早くなっているのが現状なのです。当時最新のホストコンピューターを導入されていたのですが、現在ではメンテナンスだけでも非常に多額のコストがかかっていますし、業務効率化にはあまり貢献していませんでしたので、関連する最新テクノロジーの活用法についてお伝えしました。

はじめに

近年のビジネス環境は、かつてないほどの変化と競争が激化しています。特に新型コロナウイルスのパンデミックは、世界中の企業に多大な影響を及ぼし、多くの企業が売上の減少や経営の不安定さに直面しました。しかし、その中でも多くの企業がデジタル技術を駆使して業績を回復させ、さらなる成長を目指しています。

われわれ中小企業も例外ではなく、コロナ禍後の業績回復に向けた努力が続けられていますが、売上の回復が見られても営業利益が低迷している状況が続いています。このままでは営業利益率を改善しなければ、倒産の危機に直面する可能性もあります。経営会議などで「営業利益率の改善」が重要な議題として取り上げられたとしても、大手企業のように大規模なコスト削減を実施することは中小企業にとって難しいのが現実です。

こうした状況の中で、われわれ中小企業が持続可能な成長を遂げるためには、最新のテクノロジーを活用することが不可欠です。最新テクノロジーの導入は、コスト削減や業務の効率化を実現し、営業利益率の向上に大いに寄与します。しかしながら、どのように具体的な行動計画を立てるべきか、またどのテクノロジーをどのように導入すべきかについては、まだ手付かずの状態である中小企業が多いのが現状です。

本コラムでは、営業利益率を劇的に高めるために経営者が活用すべき最新テクノロジーとその具体的な活用方法について詳しく解説します。特に中小企業のオーナー経営者に向けて、現実的かつ効果的なアプローチを紹介しますので、自社の状況に合った適切な対策を見つけていただければ幸いです。

1. クラウドコンピューティングの導入

クラウドコンピューティングは、企業のITインフラを柔軟かつ効率的に管理するための強力なツールです。以下にその具体的なメリットを挙げます。

1.1. コスト削減

クラウドサービスを利用することで、物理サーバーの購入や保守にかかる費用を大幅に削減できます。初期投資が抑えられるだけでなく、メンテナンスやアップグレードにかかるコストも軽減されます。例えば、従来のオンプレミス型のITインフラでは、高価なサーバー機器の購入や設置工事が必要ですが、クラウドサービスでは初期投資がほとんど不要で、必要なリソースを月額料金や従量課金制で利用できるため、初期コストを大幅に抑えることができます。

また、物理サーバーを維持管理するためには、定期的なハードウェアのメンテナンスやソフトウェアのアップデートが不可欠です。これには専門的な知識を持つスタッフが必要であり、人件費も発生します。クラウドサービスを利用することで、これらのメンテナンスやアップデートがサービスプロバイダー側で行われるため、自社のIT管理コストを大幅に削減できます。さらに、クラウドサービスは需要に応じてリソースを柔軟に増減できるスケーラビリティを備えています。これにより、ピーク時のリソース不足や、閑散期のリソース過剰といった問題を回避し、必要な分だけのリソースを適正に利用することができます。結果として、リソースの無駄を減らし、コスト効率を高めることができます。

1.2. 柔軟性

クラウドサービスは必要に応じてリソースをスケーリングできるため、急な需要増にも迅速に対応可能です。これにより、無駄なリソースを抱えることなく、効率的な運営が可能となります。例えば、繁忙期やキャンペーン時にはリソースを増やして対応し、閑散期にはリソースを減らすことで、コストの最適化が可能です。これにより、企業は不要な設備投資や維持費を削減できるため、営業利益率の改善に直結します。

また、クラウド環境では新しいサービスやアプリケーションの導入が迅速かつ容易です。従来のオンプレミス環境では、新しいシステムを導入するためには時間とコストがかかることが一般的ですが、クラウドでは数クリックで導入が完了することもあります。これにより、企業は市場の変化に素早く対応し、競争力を維持することができます。さらに、クラウドサービスはグローバルに展開しているため、地理的な制約を受けずにサービスを利用できます。これにより、企業は新しい市場に迅速に参入することが可能となり、ビジネスチャンスを最大限に活用できます。また、クラウドサービスは多様な地域にデータセンターを持つため、データのレイテンシ(=データ転送における指標のひとつで、転送要求を出してから実際にデータが送られてくるまでに生じる、通信の遅延時間のこと)を低減し、使いやすさや使い心地の向上にも寄与します。

1.3. 災害復旧

クラウドコンピューティングの導入により、企業は災害復旧に関しても大きなメリットを享受できます。災害や予期せぬシステム障害が発生した場合、迅速にデータを復旧し、業務を再開することが企業の存続に不可欠です。クラウドサービスは、こうした災害復旧を容易にする強力なツールです。まず、クラウドプロバイダーは通常、複数のデータセンターにデータを分散して保存します。これにより、一部のデータセンターが災害で機能停止しても、他のデータセンターからデータを取得できるため、データの消失リスクが大幅に低減されます。

また、クラウドサービスは自動バックアップ機能を提供しており、企業は手間をかけずに定期的なデータのバックアップを行うことができます。この自動バックアップにより、最新のデータを常に保護することができ、災害発生時にも迅速な復旧が可能となります。さらに、復元作業もクラウド上で簡単に行えるため、従来の物理サーバーに比べて復旧時間を大幅に短縮できます。クラウドベースの災害復旧プランを策定することで、企業は事業継続計画(BCP)を強化し、顧客や取引先に対する信頼性を高めることができます。

2. 人工知能(AI)と機械学習の活用

2.1. チャットボット

カスタマーサポートにAIチャットボットを導入することで、人件費を削減しつつ、24時間対応の顧客サービスを提供できます。これにより、顧客満足度の向上とコスト削減が同時に達成されます。チャットボットは、AI技術を活用して自動的にユーザーとの対話を行うプログラムです。特にカスタマーサポートにおいて、その効果は驚くべきモノがあります。

まず、コスト削減です。従来のカスタマーサポートでは、多くのスタッフを雇用し、24時間体制で対応するには膨大な人件費がかかります。AIチャットボットを導入することで、初期設定とメンテナンス以外のコストを大幅に削減できます。さらに、チャットボットは24時間365日稼働可能であり、休憩やシフト変更の必要がありません。これにより、人件費の削減とサービス提供の継続性が確保されます。

次に、顧客満足度の向上です。チャットボットは、瞬時に顧客の質問に対応できるため、待ち時間がほとんどありません。特に、よくある質問や簡単なトラブルシューティングに対しては、即座に解決策を提供できます。これにより、顧客のストレスを軽減し、満足度を向上させることができます。

さらに、データ収集と分析が容易になります。チャットボットは、すべての対話履歴を記録し、データとして保存します。これにより、顧客のニーズや不満点を分析し、サービス改善に役立てることができます。また、顧客の行動パターンを分析することで、よりパーソナライズされたサービス提供が可能になります。

具体的な導入事例として、某ECサイトではAIチャットボットを導入した結果、顧客対応の迅速化とともに、顧客満足度が向上し、リピート購入率が大幅に増加しました。また、従業員はより高度な顧客対応や戦略的業務に集中できるようになり、全体的な業務効率が向上しました。

このように、AIチャットボットはコスト削減、顧客満足度向上、データ収集と分析の面で大きな効果を発揮します。あなたの会社にとっても、導入する価値が十分にあるのではないでしょうか?

2.2. 予測分析

販売データを基にした需要予測や在庫管理の最適化が可能です。これにより、適正在庫の維持と無駄な在庫コストの削減が実現します。予測分析は、過去のデータを基にして未来の動向を予測する手法です。これにより、企業は戦略的な意思決定を行うための有益な洞察を得ることができます。具体的には、販売データ、顧客行動データ、在庫データなどを活用して、需要予測や在庫管理の最適化を図ることができます。

①需要予測:予測分析を用いることで、季節やトレンドに基づく需要の変動を予測し、適切な製品の供給計画を立てることができます。例えば、過去の販売データを分析し、特定の商品のピーク時期を特定することで、生産計画や仕入れ計画を最適化できます。これにより、在庫不足や過剰在庫を防ぎ、コスト削減と売上の最大化が可能になります。

②在庫管理:在庫管理においても予測分析は強力なツールです。需要予測に基づいて適正在庫を維持することで、無駄な在庫コストを削減し、効率的な資金運用が可能となります。例えば、売れ筋商品の在庫を切らさず、逆にあまり売れない商品を過剰に抱えることを防ぐために、予測分析を活用します。

③マーケティング戦略:顧客データを分析して、購買行動の傾向を予測することにより、ターゲットを絞ったマーケティング施策を打ち出すことができます。例えば、特定の顧客セグメントに対して最適なキャンペーンを展開することで、マーケティング効果を最大化します。

2.3. パーソナライズドマーケティング

顧客データを基にした個別最適なマーケティング戦略を実行することで、顧客一人一人に合った商品やサービスを提供し、売上の増加とリピート率の向上を図ります。パーソナライズドマーケティングとは、顧客一人ひとりの嗜好や行動データを基に、最適化されたマーケティングメッセージやオファーを提供する戦略です。AIと機械学習を活用することで、このプロセスはさらに高度化し、効果的なアプローチが可能となります。

①顧客データの収集と分析:AIは大量の顧客データを迅速に分析し、行動パターンや購入履歴から顧客の嗜好を把握します。これにより、個々の顧客に最も適した商品やサービスを推薦できるようになります。たとえば、Eコマースサイトでは、過去の購入履歴や閲覧履歴を基にした商品の推薦が行われています。

②セグメント化とターゲティング:AIと機械学習は、顧客を細かくセグメント化し、それぞれのセグメントに最適なマーケティング戦略を立案する手助けをします。これにより、マーケティングメッセージがより的確に届き、顧客の関心を引きやすくなります。

③オートメーションとリアルタイム対応:パーソナライズドマーケティングでは、マーケティングオートメーションツールを用いて、リアルタイムで個別の顧客に対応することが重要です。AIは顧客の行動をリアルタイムで追跡し、適切なタイミングで適切なオファーを自動的に送信します。これにより、顧客の購買意欲を高め、コンバージョン率を向上させます。

④成果と顧客満足度の向上:パーソナライズドマーケティングを実践することで、顧客一人ひとりに合わせたアプローチが可能になり、顧客満足度の向上が期待できます。顧客は自分に最適化された情報を受け取ることで、ブランドへの信頼感が高まり、リピート購入やロイヤリティが向上します。

顧客データの収集と分析を通じて、顧客の行動パターンや購買履歴を把握し、ターゲティングを強化することで、より効果的なマーケティング戦略を実施することが可能です。これにより、顧客満足度の向上と売上の増加が期待できます。

3. ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)

RPAは、繰り返し発生する業務プロセスを自動化するための技術です。これにより、人的ミスを減らし、作業時間を大幅に短縮することができます。

3.1. 請求書処理の自動化

経理業務において、請求書処理を自動化することで、作業時間の削減と正確性の向上が図れます。これにより、経理部門の効率化が実現します。RPAを導入することで、手作業による請求書処理を自動化し、作業時間を大幅に短縮しつつ、正確性を向上させることができます。

請求書処理には、データの入力、確認、支払いの承認、記録など、多くのステップがあります。これらのプロセスを自動化することで、以下のような利点があります。

  • 時間の節約手作業での入力や確認作業が不要になり、迅速な処理が可能です。これにより、従業員はより付加価値の高い業務に集中することができます。
  • 正確性の向上RPAは設定されたルールに基づいて動作するため、人的ミスを防ぎ、データの正確性を確保します。これにより、再入力や修正の手間が減り、全体的な効率が向上します。
  • コスト削減自動化により、処理にかかる労働時間が削減されるため、人件費の節約につながります。さらに、エラーによるコストも削減できるため、総合的なコスト効率が向上します。
  • 透明性とコンプライアンスの強化:RPAはすべての処理をログに記録するため、トランザクションの透明性が高まり、監査の際に役立ちます。また、設定されたルールに従って処理が行われるため、コンプライアンスの遵守が強化されます。

導入事例として、ある中小企業ではRPAを導入し、請求書処理にかかる時間を従来の半分以下に短縮し、エラー率も大幅に低減しました。このように、RPAを活用することで、請求書処理の効率化とコスト削減が実現し、営業利益率の向上につなげることが可能となります。

3.2. データ入力の自動化

人事や営業部門での定型作業をRPAによって自動化することで、人的リソースをより重要な業務に振り向けることができます。データ入力は多くの企業で日常的に行われる作業ですが、その大半は単調で時間がかかるため、人的ミスが発生しやすい部分でもあります。RPAを活用することで、こうした定型的なデータ入力作業を自動化し、効率化を図ることができます。

RPAによるデータ入力自動化のメリット

  • 時間の節約RPAは、迅速に大量のデータを処理することが可能です。これにより、従業員がデータ入力に費やす時間を大幅に削減し、より重要な業務に集中できるようになります。
  • 人的ミスの削減:データ入力はミスが発生しやすい作業ですが、RPAはプログラムされた通りに正確に作業を行うため、ヒューマンエラーをほぼ完全に排除します。
  • コスト削減人手によるデータ入力にかかる人件費を削減できます。RPAは一度設定すれば24時間稼働し続けるため、業務の効率化とコストの削減が同時に実現します。
  • 業務の標準化RPAは一貫した方法でデータを入力するため、業務プロセスの標準化が図れます。これにより、データ品質が向上し、後続の分析や報告業務もスムーズに進行します。

導入事例

ある企業では、RPAを導入してデータ入力作業を自動化した結果、入力作業にかかる時間を80%削減しました。また、入力ミスも大幅に減少し、データの正確性が向上しました。このように、RPAの導入により業務プロセスの効率化とコスト削減を実現することで、営業利益率の改善につなげることができます。

RPAを活用したデータ入力の自動化は、単なる効率化に留まらず、企業全体の生産性向上や競争力強化にも寄与する重要な施策です。導入を検討する際には、自社の業務プロセスを詳細に分析し、最適なRPAツールを選定することが重要です。

4. IoT(Internet of Things)の導入

IoT技術は、物理的なデバイスをインターネットに接続し、リアルタイムでデータを収集・分析することを可能にします。これにより、製造業や物流業などの分野での効率化が図れます。

4.1. リアルタイム監視

設備の状態を常時監視することで、故障を未然に防止し、メンテナンスコストを削減することができます。IoT(Internet of Things)技術の導入により、リアルタイムで設備や機械の状態を監視することが可能になります。この技術は、センサーを使って物理的なデバイスからデータを収集し、インターネットを介してリアルタイムでデータをモニタリングおよび分析するものです。

4.2. 効率的な資源管理

エネルギー使用量の最適化が可能になり、コスト削減と環境負荷の低減を同時に達成できます。IoTデバイスを通じて、機器や設備のエネルギー消費データをリアルタイムで収集し、使用パターンを分析することで、無駄なエネルギー消費を削減することができます。例えば、製造業では機械の稼働状況をモニタリングし、稼働率が低い時間帯に自動的に電力供給を調整することで、電気料金を抑えることが可能です。

4.3. スマート在庫管理

在庫レベルの自動補充と最適化により、在庫管理の効率化とコスト削減が実現します。スマート在庫管理とは、IoT(Internet of Things)技術を活用して在庫の管理を自動化し、効率的に行う方法です。具体的には、在庫にセンサーやRFIDタグを取り付け、リアルタイムで在庫の状態を監視・管理するシステムを導入します。

5. データ分析とビッグデータの活用

ビッグデータとデータ分析は、膨大なデータから有益な洞察を抽出し、経営戦略の改善に役立てるための技術です。

5.1. 顧客行動分析

顧客の購買行動を分析し、ターゲットマーケティングを強化することで、効果的な販売戦略を構築できます。顧客行動分析は、営業利益率の改善において重要な役割を果たします。具体的には、顧客の購買履歴、ウェブサイトの訪問データ、ソーシャルメディアでの活動など、多様なデータを収集・分析することで、顧客の購買行動や嗜好を把握します。

5.2. 業務プロセスの最適化

データに基づいた業務プロセスの改善により、効率的な運営が可能となり、コスト削減と生産性向上が実現します。データ分析とビッグデータの活用は、業務プロセスの最適化において非常に重要な役割を果たします。データを基にした意思決定を行うことで、効率的な業務運営が可能となり、コスト削減や生産性の向上が期待できます。

5.3. リスク管理

リスク要因の早期検出と対応策の立案により、予期せぬ事態への迅速な対応が可能となり、経営の安定性を確保します。データ分析とビッグデータの活用により、リスク管理は大幅に改善されます。膨大なデータをリアルタイムで分析することで、潜在的なリスクを早期に検出し、迅速な対応策を立案することが可能になります。

まとめ

最新テクノロジーの導入は、営業利益率の改善に大きな影響を与えます。クラウドコンピューティング、AIと機械学習、RPA、IoT、データ分析などの技術を効果的に活用することで、コスト削減や業務効率化を実現し、持続可能な成長を目指すことが可能です。中小企業もこれらの技術を積極的に取り入れ、競争力を高めることが重要です。

具体的な行動提案として、クラウドサービスの導入、AIチャットボットの活用、RPAによる業務自動化、IoT技術の導入、データ分析ツールの活用が挙げられます。参考事例を参考に、自社の状況に合ったテクノロジーの導入を検討し、持続可能な成長を目指してください。

あなたは最高経営責任者として、最新テクノロジーをどのように活用して営業利益率を向上させますか?

【ご参考】営業利益率についてのコラム
第118話:営業利益率12%超を必ず達成するために必須の12ステップとは?
第136話:経営者なら営業利益率を把握して稼ぐべし!
第169話:製造業経営者必見!営業利益率を劇的に高める5大戦略
第174話:小売業の成功者が実践する:営業利益率向上10の秘訣
第178話:建設業経営者必見!営業利益率を劇的に高める6つの実践的戦略

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。