真の競争相手は誰ですか?

  波及営業 藤冨 雅則 SPECIAL
藤冨 雅則 SPECIAL

波及営業コンサルティング

有限会社 日本アイ・オー・シー 代表取締役 藤冨 雅則

取引先のネームバリューで次々に新規開拓を実現する「波及営業戦略」を体系化した辣腕コンサルタントの実務コラム。


4020e7fb692404f3343ec99cad4614ab_s

「鉄道会社 対 タイムズ21」という競争環境は、おもしろい着眼点ですね。

 先日、弊社主催のセミナーを実施した際、競合相手をクリアにすることで、自社が狙うべき市場を明確化することが出来る…というお話をしました。

アンケートを見ると、冒頭の鉄道会社vsタイムズ24の空想話が面白かった…と記載があり、以下の感想が添えられていました。

「自社の強みを見つめ直すよい機会なりました。商品企画・開発部と連携して10年後に到来するであろう危機を乗り越えたいと思います」と。

自社の強みを見つけるのは、意外にも難しいものです。

しかも5年後・10年後にわたって自社の強みが持続化させるのは至難の業です。

時代が成熟期に入ると、同業種間の競争から、異業種混同戦へと競争環境が複雑になってきます。

・飲食店VSレジャー施設。

・サプリメーカーVSスポーツクラブ

・人材派遣会社VSクラウドソーシング企業

などなど同じ業界のプレイヤー(生産者)との競争だけではなく、他業種との売上獲得競争をしているのが、現実です。

 

冒頭の鉄道対カーシェア(タイムズ24)は、藤冨の完全なる妄想です。

しかしそれでも充分にあり得る未来です。

 

このチラシをご覧ください。

times24_1

カーシェア― 車の予約1分。 スマホに表示された地図には「近くにあるタイムズの駐車場とカーシェア空き情報」が見られる。 そんなチラシです。

裏面には、路線図がありタイムズ24のカーシェアがある駅が、明記されています。

つまり、貴方の住んでいる駅にも、会社の近所にも、友人の住まいがある駅にもありますよ。というメッセージ。

times24_2

そう言えば…

私の自宅周辺にも、これでもか!というほどタイムズの駐車場が出来ています。

ところが、私の自宅近くでは、いつ見ても2〜3割程度の稼働率です。

どうみても供給過剰なのに、また新しく駐車場を作っています。

そんなバカな過剰投資を判断はしないでしょうから…何かの伏線を張っているのは間違いありません。

 

別な角度からも世の中を見てみましょう。

グーグルが自動運転自動車の世界で先頭を走っている…というニュースは皆さんもご存知だと思います。

さらにグーグルは「世界中の情報を整理する」という大義名分を掲げながら、巨大なインフラを整備して、広告のプラットフォームを創り上げてしまいました。

検索エンジンで、ユーザーがあるキーワードを打ったら、「何かを求めているのだから、その何かを提供している企業から広告費をもらう」という、とてもシンプルなビジネスモデルです。

さらにテキストデータだけでなく、地図情報まで整理しています。

カメラを搭載した車を世界各国走行させ、グーグルマップに落とし込み、商店から企業まで、地図情報とリンクさせてきました。

地図情報と広告、さらに自動運転自動車とくれば…

走行中に「近くの飲食店」や「行き先にある美容室」、「通り道の銭湯」など、ユーザーが求める情報をカーナビに自動表示してくれます。

もちろん、広告費をはらった店や企業が優先的に露出されることになります。

グーグルは車で儲けなくても、広告費で儲ければ良いのです。

自動車メーカーから見れば、イヤな存在です。

しかし、Googleは「電車(実際は、自動運転自動車)」は作っても「駅」は作っていません。

 

駅…?

 

ありました。

これが「駅」です。

グーグルとタイムズ24が「事業提携を開始!」なんて、新聞発表されたら、世の中に与えるインパクトは甚大です。

新しい技術をもったアウトサイダーが、競争のルールを勝手に変更してきて、既存事業者の「強み」を希薄化、無力化する。

そのときに、消費者の心理はどう動くだろうか?

この感覚を研ぎ澄ませる事が、「自社の強みを持続化させる」上で、とても大切な視点となります。

クルマ業界に限らず、あらゆる業界で競争の垣根は崩れています。

見て見ぬ振りをすれば、アウトサイダーに今の顧客を根こそぎ取られる可能性すらあります。

 

真の競争相手は誰なのか?

その視点が大切になってきます。

 

 


【営業革新コラム】社運を賭けた商品を、どう売っていくか
藤冨 雅則

波及営業コンサルティング

有限会社 日本アイ・オー・シー代表取締役

藤冨 雅則

執筆者のWebサイトはこちら http://www.j-ioc.com

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
当コンサルタントの執筆書籍をご案内
月刊誌(無料)登録フォーム

×