多くの社長が気付かない「財務」の怖さ

  ダイヤモンド財務 舘野愛 SPECIAL
舘野愛 SPECIAL

ダイヤモンド財務コンサルティング

ユメリアコンサルティング株式会社 代表取締役 舘野愛

次世代経営者専門の財務コンサルティング機関。同族会社のオーナー社長・二代目社長に対して、経営基盤を頑強なものにする、「ダイヤモンド財務」の築き方を指導。


多くの社長は、このように考えます。
「売上を増やせば、きっと潰れない会社になるはずだ・・・」
「会社のお金のことは、顧問税理士がみてくれているはず・・・」

しかし、残念ながら、いずれも間違いです。「売上が増えれば、潰れない会社になる」のではありません。あくまでも、「財務」が岩盤だからこそ、事業を自由自在に操れるから潰れない会社になるのです。大切なことは、財務中心の会社づくりこそが、事業永続のためのキーポイントであるという事実を、社長自身が知っておくことなのです。

ここで「財務」とは、簡単にいうと「お金を残す能力」をいいます。潰れない会社の社長は、誰しもこの「お金を残す能力」、つまり「財務」が、社長業の中で最も重要な実務である・・・という事実を知っています。

なぜなら、会社は、赤字でも潰れません。
しかし、お金が無くなってしまえば、会社は潰れてしまいます。

したがって、「財務」こそが、事業永続の要諦であり、会社の命運を左右するものなのです。誤解を恐れずにいえば、財務を知らない人間は、絶対に社長になってはいけないのです。それぐらい「財務」は、社員と家族を守るために重要なものなのです。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

ところが、現実には、社長の中には意外なほど「財務」を知らない人が多いもの。その理由は、身近に「財務」を教えてくれる先生がいないからです。多くの社長は、「売上を増やす能力」と「お金を残す能力」は、イコールと考えます。しかし、それは間違いです。「売上を増やす能力」と「お金を残す能力」は、全く別の能力なのです。

多くの社長が売上を増やすことには一生懸命な一方で、お金を残すということに関しては無関心。むしろ、「会社のお金のことは、経理担当者がいるから大丈夫」とか「顧問税理士が、会社のお金のことはみてくれているはず」と誤解してしまっているのです。

ここで大切なことは、「経理」が経理担当者の仕事であるように、また、「税務」が税理士の仕事であるように、「財務」はあくまでも社長の仕事である・・・ということに、社長自身が気付くことです。

そもそも「経理」や「税務」は、視点が「過去」にあります。しかし、「財務」は、あくまでも視点が「未来」にあるものです。つまり、「未来に向かって、どうやって儲かって潰れない会社にしようか?」「将来に向かって、どうやって利益を出して、お金が残る会社にしようか?」・・・こういったことを考えるのが社長の仕事なのです。したがって、社長自身がその事実に気が付かない限り、誰も自社の「財務」を見ていないという、大変危険な状態が続いてしまうのです。

ダイヤモンド財務®コンサルタント
 舘野 愛


【財務岩盤化】次世代経営者のためのダイヤモンド財務の築き方
舘野愛

ダイヤモンド財務コンサルティング

ユメリアコンサルティング株式会社代表取締役

舘野愛

執筆者のWebサイトはこちら http://www.yumerea.co.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×