トップ > コラム > 仕組みは小さく作って大きく育てる

仕組みは小さく作って大きく育てる

  人事制度 松本順市 SPECIAL
松本順市 SPECIAL

人事制度コンサルタント

株式会社ENTOENTO 代表取締役 松本順市

会社を成長させる人事制度づくりで、700社以上の指導実績を誇る日本屈指のコンサルタント。日本の過去50年間の人事制度のつくり方とは異なり、経営者の評価と賃金の決め方を可視化してつくる画期的な人事制度は経営者から大きな支持を得ている。

人事制度を作るときに多くの経営者が見本を求めます。 

それは、見本を参考に人事制度をつくりたいからです。

その気持ちは理解できます。 

そのため、多くの企業が他社の事例を参考にするために、自社で必要のないものをつくることになります。 

例えば従業員数が少ない会社で成長シートを作ると、成長シートは一般職層と中堅職層だけで良い場合があります。

それは経営者自らも、まだ中堅職層の仕事を兼務しているからです。 

この時は経営者も管理職層の仕事をしていません。

そのときは中堅職層まで作成しておけば十分です。

それを管理職層まで作ろうとすると、当然ながら理想になります。

理想で作ったものは運用出来ません。 

必要になってから、その必要なものを作り上げる。

この考え方がとても重要です。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
  

ステップアップ制度を作ったときに、昇格基準表を作りますが、まずは標準昇格基準表を作ります。

自社で標準でステップアップする昇格年数と成長点数を、標準で成長した社員をモデルに基準をつくります。 

やがて今まで以上に優秀な社員が育ち、今までよりも短い年数で昇格させることが可能であることを知ります。

それから最短昇格基準表を作ります。 

賃金表も、従業員数が少ないときには年齢給表という考え方が思いつきません。

そのため基本給1本で運営している会社が多いでしょう。

ところが社員数が増えてきて新卒採用が増えてくると、年齢給が必要なことに気がつき年齢給表を作成します。 

つまり従業員が増えることによって必要な仕組みが増えていき、その都度追加していくことになります。

この考え方に基づき賃金制度を構築しないと、社員から聞かれても説明できない人事制度をつくることになります。

これが人事制度を作る上で最も問題といえます。

なぜなら、社員は自分の成長や賃金に関心を持ったら、つくられた人事制度に対して疑問を持ち、または質問してみたいという気持ちになります。 

こんなに素晴らしいことはありません。

ところが自分で考えて作った人事制度以外は、答えることは出来ないのです。 

一般的な人事制度は存在しないことに早く気が付かなければなりません。 

世の中の人事制度の8割以上は経営者が説明できないものになっています。 

そのため、せっかく人事制度を作っておきながら、社員のモチベーションを落としていることがいかに多いか、その事実を知ってもらう必要があるでしょう。

 

成長する企業のための、正しい人事制度の視点
松本順市

人事制度コンサルタント

株式会社ENTOENTO代表取締役

松本順市

執筆者のWebサイトはこちら http://www.1ess.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×