本物のコンサルティングをより身近に。

客観的な分析と判断が成功に導く

SPECIAL

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー)

代表取締役 

知的財産、マーケティング、マネジメント…を融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創るコンサルタント。「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組みづくりに定評がある。

「後藤さん、依頼された資料については、もう少しお時間いただけないでしょうか。ちょうどこの資料作成が当社の現状を見直すことにもなるので、現在検討中なんです。」

これは、先日ヒアリングで訪問した会社の社長様に、必要な資料の提供を依頼した際に社長様がおっしゃった言葉です。

こちらから依頼した資料はその会社の現状を客観的に観るために必要な資料だったので、少し時間がかかっても入手する必要があるものでしたので、社長様には是非見直していただきたい旨申し上げました。

先週、特殊かつ専門領域こそ専門家の活用をすべきということを申し上げましたが、
専門家を活用するもう一つのメリットは「自社のことを客観的に観て、判断ができる」ということにあります。

自社のことはとかく良いように観がちです。リスクがあるのに、それをあえて観ないようにしたり、自社の都合がよいように解釈して事業を進めがちになるケースが多いように見受けられます。

専門家による、客観的事実を踏まえた意見は、いわば碁や将棋の対局を外から観察して対局者がわからない手が見えたりするのと同じで、岡目八目というと聞こえは悪いですが、客観的な判断による分析は必要不可欠です。

特許の分析も同じことで、自社だけの判断で「これは特許になる」「これは事業化したら成功する」と思い込んで、あとから痛い目を合うことも十分あり得ます。

自社の内部環境と、取り巻く外部環境は客観的な視点で分析し、判断するようにしましょう。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。