トップ > コラム > 次々と壁を乗り越える開発リーダーが育ったきっかけとは?

次々と壁を乗り越える開発リーダーが育ったきっかけとは?

  商品開発 四谷剛毅 SPECIAL
四谷剛毅 SPECIAL

商品開発コンサルタント

株式会社シンプルテックプラン 代表取締役 四谷剛毅

商品開発コンサルタント。特に開発部門を持たずに売れる商品開発を実現する、独自の「デベロップレス」体制づくりに定評。いま全国の中小メーカー企業の業績躍進の新手法として、多くの企業から指導依頼が集まる注目のコンサルタント。

当コンサルタント開催セミナーがあります。

「おかげさまで壁を乗り越えられそうです」
お手伝いしてきたある企業の 立派なリーダーに成長された方からのうれしい言葉です。

リーダーとして開発を推し進めると、必ず訪れる数々のそそり立つ壁。この方は、その壁を一つ一つ乗り越えていっています。

一方で、壁の前で立ちすくんでしまったり、延々と思い悩んで、前に進めなくなる企業や、壁を何とか乗り越えようと経営的に無理をしてしまい、かえって傷口を広げたりしてしまっている企業がたくさんあります。また、壁を迂回しようと間違った方向に突き進んで取り返しがつかなくなっているということもよく起こっています。

では、壁を乗り越えられる企業と、乗り越えられない企業とでは、何が違うのでしょうか?

まず考えたいのは、そもそも「壁」とは何か?ということです。

多くの場合、壁とは、自社の今までのやり方・知識・経験・能力・考え方が通用しなくなったときに、現れるものです。課題に直面したときに、今までのやり方や能力では解決できない。あるいは、今までの経験や考え方が通用しない。そのために、どうしたら良いのかわからない。そんな状況が、壁に直面した状態です。いわば、「未知との遭遇」なわけです。そもそも開発とは、未知の世界への挑戦ですから、開発を進めていくと、未知との遭遇、すなわち、「壁」に次々と直面することは当たり前のことになります。

問題は、この壁に直面したときに、どうするか?です。この壁への対処の仕方が、開発の成否を分けます。もちろん、具体的に直面する壁は、各企業、各開発において、様々です。ワンパターンではありません。ところが、世の中には、開発に次々と成功する企業があります。また、周囲から不可能と言われた開発を次々と成功させる開発者が存在します。当然、一つ一つの開発で発生する壁は、違うはずです。ところが、成功企業は、毎回異なる壁を高い確率で乗り越えていきます。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

なぜ、次々と壁を乗り越え成功させることができるのか?

そこには、個々の開発によらない、普遍的な成功の法則があります。

その法則とは、どんなものか?

それをここで書き尽くすことはできませんが、壁を乗り越え成功するために、まず最初に特に欠かせない重要な要素があります。

それは、「方向性が定まっているか?」ということです。

想像してみてほしいのですが、方向性が定まっていない、あやふやな状態で、なんとなく開発を始めてしまったらどうなるでしょうか?そんな状態で壁にぶつかったら?

当然ながら乗り越えることなどできません。あきらめてしまうか、壁を避けて当初の目的とは異なる見当違いの方向に進んでしまいます。もともと方向性が定まっていないのですから、乗り越えようとするエネルギーは出てこないのです。

一方で、方向性が定まっており、リーダーの目線が定まっている企業は、強力です。壁にぶつかっても迷いはありません。進むべき方向は見えています。そして、方向性さえつかめていれば、壁にぶつかっても自然と解決策が見えてきます。その理由は、色々ありますので割愛しますが、次々と開発を成功させているリーダーは、このことを身をもって体験しています。そのため、そういったリーダーは、壁にぶつかっても少しも動じることなく、また、方向性を見失うこともなく、やがて壁を乗り越えていきます。

さらに、これは、長年開発にたずさわってきて、何度も目撃していることですが、成功したリーダーたちは、壁を乗り越えるたびに、一回りも二回りを成長します。そして、その成長が自信となり喜びとなり、次なる壁を乗り越える原動力となっていきます。2度、3度とこの成長の喜びを感じてしまうと、中毒症状のように、挑戦がやめられなくなるほどです。

こうなったリーダーは、放っておいても、どんどん、どんどん成長していきます。そして、周囲の社員も触発されてどんどん成長するようになります。こうなった企業は、周囲の環境に左右されない、極めて強固な成長力を手にすることになります。

すべての始まりは、「方向性を定めたこと」にあります。

冒頭のリーダーには、迷いが微塵もありません。これから、本人も驚くほどに、次々と未知の開発を成功させることでしょう。

御社では、我が社と社員の成長のために、方向性をしっかりと示していますか?

 

当コンサルタント開催セミナーがあります。

売れる商品開発を実現する社長の視点
四谷剛毅

商品開発コンサルタント

株式会社シンプルテックプラン代表取締役

四谷剛毅

執筆者のWebサイトはこちら http://stecplan.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×