「たかが品切れ、されど品切れ チェーン経営の盲点」

  個店力最大化 伊藤稔 SPECIAL
伊藤稔 SPECIAL

個店力最大化コンサルティング

株式会社 レイブンコンサルティング 代表取締役 伊藤稔

儲かるチェーン店をつくっていくには、時代はいま、「画一化」から「個店力最大化」へと変わっている! 多店舗展開するスケールメリットと、一店一店の魅力を強くして収益力を圧倒的に強くしていく実務とは…。

当コンサルタント開催セミナーがあります。


b682e8044335f244f186970a5173b71e_m

「今は売れてるんですが、売上の安定保証はないので、コストを引き下げたいんですが」

先日 ご相談にお見えになった経営者の方からの質問です。

—–粗利益高を上げる方法を何か取り組まれてますか?

「これと言って特別なことはやっていない」というお答え

 
 売上は時の運で上下します。本当の強さを示すのは営業利益であり、ここで他社がやらないことをやれば一歩前に出れます。

店舗で見える数値として重要なことは、売上と客数のアップ、運営コストの引き下げだけと思っておられる方も多いと思います。

しかし、最も大きいのは粗利益高です。

そのためには、品切れを無くし一品でも多く売るために、毎日定時の品切れを点検をしなくてはなりません。

そもそも 売場に商品が無い 品切れ現象がどうして起こるのでしょうか?実際に、これを追跡調査してみると・・・

一番多いのが、商品が倉庫にあって売場に出せていない。

二番が既にカット(商品登録が抹消)されているのに売場陳列棚が更新されていない。

とさらに要因をみていくと。

メーカー品切れは1%未満であることが分かります。

このように、店舗側の問題で品切れが発生していたことが見えてくるのです。

要するに、必要作業人員が不足しているから品切れが起こるのです。当然ですが、日々の品切れをゼロに近い状態にすると、売上も客数も変わってきます。

マイナスをゼロに持っていく「品切れ点検」を店舗作業指示書に組み込むことによって、粗利益高は変化します。

しかし、現場では「そんなことやる人員などいないですよ!」と店長や運営部長は口々にします。

そこで実際に、作業指示書を見せてもらおうとその直接店に行ってみると、殆どの作業指示書が白紙です。

「今日は、たまたま作っていない」とか「先週まで作っていた」とか言いますが、やっていないのは事実です。

作業指示書が無くて、売場の粗利益高の改善はされることはありません。

 
 若年労働人口は減少し続けています。

コストを掛けて集めた人材を採用しても、そういった職場では すぐに辞めていくのは火を見るより明らかです。

必要人員も揃わず、昨日と同じ作業が繰り返される限り、売上は変動することはあっても、営業利益が改善することはありません。

まずは、本当に営業の強さを示す 営業利益を上げる体制こそが、個店力最大化の前提となります。

 さて、貴社では、このように「営業利益を上げる仕組み」を店舗に渡していますか?

自社に置き換え考えてみてください。


当コンサルタント開催セミナーがあります。

【儲かるチェーン店】 個店力を最大化させて収益を伸ばす経営視点
伊藤稔

個店力最大化コンサルティング

株式会社 レイブンコンサルティング代表取締役

伊藤稔

執筆者のWebサイトはこちら http://www.ravenc.jp

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×