直販化で繁盛する会社に変化する道のり

  下請工事業脱却 村松利孝 SPECIAL
村松利孝 SPECIAL

下請工事業脱却コンサルティング

有限会社村松鈑金東京オフィス 代表取締役 村松利孝

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。


muramatsu

天気予報と、雨雲レーダーと自分の勘で今日の屋根の工事をするかしないか決定しています。毎日雲行きが怪しく、いわゆる梅雨空が続いていますね。工事の遅れはないですか?梅雨でも商売繁盛していますか?

さて、今回は「直販化で繁盛する会社に変化する道のり」です。

下請工事が主体で現業が回っている今の状況から意図的に直販工事を増やすというのは、実に大変なことです。たまたま近所の人が、とか、知人で、いつでも工事はいいよとか言って下さるお客様はいいのですが、下請工事が忙しい場合はなかなか手が付けられないことありませんか?たまたま発生する直販工事はややもすると片手間になってしまいがちです。

現業工事をしながら同時に自社PRをして、そのPRから直販工事を増やし売上を上げるというのは、簡単に出来そうで出来ないと思うのです。第一に、そもそもPRしたことがない、あるいは宣伝や営業したけどそれに見合った工事が取れなかったなど、決して安定受注まで持っていけないからではないでしょうか。

弊社も以前はそうでした。しかし来る日も来る日もトライ&エラーを繰り返し、多くの失敗の中から成功した方法だけを地道に繰り返しを行い、最小限の経費で直販工事を増やす仕組みを作りました。下請工事業者でも実行可能な現場で出来上がった仕組みです。ここまで来るのに実に20年掛かりました。

下請専門工事だけで元請化をすることは某大手コンサル会社に聞いても難しいと言われていましたが、再現性のある弊社の仕組みを貴社向けにアレンジし運用すれば、より早く、直販化を軌道に乗せることが可能です。現状の下請工事をしながら直販工事を確実に増やしていきたい、元請になって自社専門工事を更に発展させたい社長さんに是非知ってもらいたい、机上理論ではない実務の仕組みがあります。一からスタートすることも大切ですが、速やかに貴社でこの仕組みを導入することで社長さんの描く理想の未来が近づけばと思います。

時間も大切な経営資源だからです。


【工事業専門】直販工事受注への視点
村松利孝

下請工事業脱却コンサルティング

有限会社村松鈑金東京オフィス代表取締役

村松利孝

執筆者のWebサイトはこちら http://motoukeka.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
当コンサルタントの執筆書籍をご案内
月刊誌(無料)登録フォーム

×