トップ > コラム > えっ、私ってバックシャン?

えっ、私ってバックシャン?

2020年1月29日 10億ビジネスの経営数値成長戦略 野口 タカ子 SPECIAL
SPECIAL

10億ビジネスの経営数値成長戦略コンサルタント

株式会社ノグチ経理相談室 代表取締役 野口 タカ子

同族会社の業績を、10億20億事業に成長させる「経営数値」コンサルタント。客数や客単価・生産性などの業績を現す数値と、財務諸表の数値とを統合させることこそ、同族企業の成長の根源であると、「儲かる社長が押さえるべき商売7つの数値の法則」として体系化。頼りになる指導と、評価が高い。

Fromノグチ

2週間ほど前、東京駅での出来事です。

見知らぬ男性が、ポンと私の肩をたたいたのです。 

「〇〇さん、なに きどって歩いているの〜!」

ポンと肩をたたかれて、振り向くと、私と同年代(いや、多分若干若い)男性です。

(えっ、ああああの私、、、)

「〇〇さん?じゃないの?あー、失礼、失礼。でもよく似てるよね、〇〇さんに」 

知らないっつうの、「〇〇さん」なんて

その人有名人か? 

私って、もしかしてバックシャン?

(年代がかった言葉()

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

声がかかった理由 

いや違う、このおじさん知り合いの飲み屋の女の子と間違えたんだ。。。

あ〜、そうか今日のパンツ、ちょっとラメっている。。。

光り物だものね。

飲み屋のお姉さんか、大阪のおばちゃんか、光り物好き系の女に見えたんだ。 

きっと、あのご同輩のおじさんは、服装で人を見分けているんだ。

なるほどね。

つまり、私は、中小企業経営者の資金繰り不安を解消する経理コンサルタントの堅い論理的な女に見えなかった。中高年男性のお友達になれそうな女には見えたかもしれませんが。 

…、失敗です。

だって、この日、これからお客様に会う約束をしていたのでから

コートの下、襟を正してジャケットは着ていましたが、コートの裾から見えたパンツはちょっとおシャレなラメ入りでした。これじゃ遊び人だと思われちゃったのかも。

 

声をかけてもらえる服装 

この人はどんなひとか。

私たちは、一目で人を判断します。

その一目、大抵はその服装。 

仕事を依頼するなら、その仕事ができそうな人を選びます。

お医者さん看護婦さんも、パリッとした白衣だろうし、

コックさんも料理人も真っ白な料理人用の白衣、もちろんアイロンパリッ 

金融関係の仕事であれば、カシミアの紺色のコート、スーツ、とかね。 

IT企業系はラフな格好の方が多いのですが、幹部クラスになる方は、ラフでも腕時計は高額ブランドを身につけているとかね。 

仕事ができるは、仕事ができているから、それなりの稼ぎがある。

だから、それに似合った金額を服装にかけているはず。

「はず!」という眼鏡がかかっているのです。

 

選ばれる「らしさ」 

お客様は「らしい服装」を身につけている人を選ぶものです。 

「人は見た目で判断してはいけません。」

これは逆説的教訓かも。

見た目はいいけど、仕事ができない。

なんてどこかの国の国会議員のようになりませんように。 

―ノグチ

 

P.S.

社長さんの心配事は、「売上」「資金繰り」です。どちらも改善する預金通帳のの使い方があります。商売は社長の夢の実現出なきゃ!預金通帳を社長の味方にする方法学びませんか?

3年で収益体質を改善して事業承継」セミナー

https://bit.ly/31WNQNw

10億ビジネスの経営数値

10億ビジネスの経営数値成長戦略コンサルタント

株式会社ノグチ経理相談室 代表取締役

野口 タカ子

執筆者のWebサイトはこちら  http://www.n-keiei.co.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。