本物のコンサルティングをより身近に。

二兎を追うと・・・

SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス

代表取締役 

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

さて今回は、「二兎を追うと・・・」です。

現在、直販化を進めている指導先専門工事社長との面談で、こんなこと言われていました。

「いや、村松さん。おかげで直接仕事が受注出来るようになりましたが、今までの下請仕事も忙しくて・・・」

どうやら、今までの下請仕事がここのところ、重なる注文が入って、毎日が、そちらの施工優先になって、自分で受注した直接仕事の着工がどんどん遅れてるようです。

今まで仕事を出してくれていた元請さんから要望は、もちろん大事だし、その売上があるから今まで経営が成り立っていたのですから、元請さんからの工事は大事です。

でも、そればかりに時間を取られると、ほとんどの場合、自分の力で受注した工事は後まわしになります。

とても悩ましい問題だし、どちらも大事なお客様です。

今までの下請仕事。

新規取組み中の元請仕事。

人は、同時に2つの事を行うと、必ず、どちらかが優先され、どちらかが、後まわしになります。

村松だって、もちろんそんな時代がありました。

下請工事優先、直接工事は待ってもらう苦しい時代が。

なので、いまお悩みのこの工事店社長は、今、毎日とても忙しいし、どちらも両立させようと必死です。

二兎を追うと・・・

のことわざ通り、どちらかに軸足を傾けない限り、この忙しさや、精神的ストレスが続きます。

下請工事がなくとも工事店経営が回るようになるまでは、元請一本で勝負出来ないのは事実です。

当然ですが、直接受注だけで、今の所帯を維持できないうちに下請仕事をキッパリやめることは出来ないからです。

なので、少しでも早く、自分で受注出来る工事を増やして、自社受注売上、7割以上になるまで、元請化を後まわしにしないで、しんどいですが、なんとしても頑張ってほしいのです。

二兎を追っていても、自分の信念と、そして、継続さえすれば、あなたが諦めない限り、直接受注、元請化比率は必ず高まります。

そして、7割以上直接工事で年間売上が成立した時、初めて見える世界があります。

そこに到達するのは、取り組みに掛けた時間に比例します。

一日にどれだけ直販化に取り組んだか。

後まわしにしたかで、7割以上直販売上獲得までの期間は短くなり、長くなるわけです。

その時間が長く掛かればかかる程、ほとんどの場合、目の前の忙しさに忙殺され、いつのまにか、元の下請の工事店に戻ります

これもまた、残念な事実です。

そうならず、折角始めた直販元請化を、なんとしても実現してほしいと、私は真剣に取り組む方だけサポートしています。

自社が元請になった時、初めて独立経営は手に入ります。

二兎を追うと・・・

いかがでしょうか。

あなたは、短期に実現したいですか?

それとも、片手間で出来たらと思っていますか?

 

村松の直販元請化専門工事店の経営を知りたい、興味がある、やってみたい!

うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今」こそです!

そのうち、ゆくゆくでは一生変わりません。

今こそ、あなたがアクションを起こす番です。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。