トップ > コラム > 同族会社こそ財務が重要なワケ

同族会社こそ財務が重要なワケ

  ダイヤモンド財務 舘野愛 SPECIAL
舘野愛 SPECIAL

ダイヤモンド財務コンサルタント

ユメリアコンサルティング株式会社 代表取締役 舘野愛

次世代経営者専門の財務コンサルティング機関。同族会社のオーナー社長・二代目社長に対して、経営基盤を頑強なものにする、「ダイヤモンド財務」の築き方を指導。

当社は、同族会社専門の財務コンサルティング機関ですので、全国各地から会社経営にまつわるお金の悩みが寄せられます。

当社は、あくまでも「同族会社専門」にこだわっているのですが、その理由は、「同族会社」と「非同族会社」とでは、会社経営にまつわるお金の悩みの『根の深さ』に違いがあるからです。

もちろん非同族会社であっても、会社経営にまつわるお金の悩みは多々あることでしょう。しかし、誤解を恐れずに断言するのであれば、同族会社のオーナー社長が抱えている会社経営にまつわるお金の悩みとは、まったく比になりません。

特に、2代目社長や3代目社長などの後継社長が抱えている財務の悩みは、ほんとうに根が深いのです。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

それは、なぜでしょうか?

ひとことでいうと、同族会社のオーナー社長の場合、社長自身の個人の「財務」と、会社の「財務」が密接に絡み合っているからです。

ひとたび会社の「財務」が悪化すれば、すぐさま社長自身の個人の「財務」にも影響します。逆に、社長個人の「財務」、あるいは、社長一族の「財務」が悪化すれば、会社の「財務」にも悪影響を及ぼします。

さらに、税金の問題でいえば、会社に関しては法人税等が課せられ、個人に関しては所得税等だけでなく、相続税等の問題もあります。

法律上の問題では、会社には会社法の縛りがあり、相続が起きたら民法の縛りもでてきます。それに、同族会社の場合は、関係者が複雑な利害関係で絡み合ってきます。

しかも、これらの問題は、金額的なインパクトが少なくても数千万円、大きい時には億単位で波及しますから、相当慎重に、細部にわたって緻密に財務戦略を練っていく必要があるのです。

このように、様々な法律をクリアーしつつ、最終的にお金を守るような道筋を示すということだけでも大変な実務なのですが、同族会社の場合はそれだけでは終わりません。

会社を引退する(引退した)先代社長や親戚、兄弟などの「心情」も常に考慮しながら、最終的に社長個人と会社を守ることを考えなければなりません。

つまり、「勘定」と「感情」のバランスをとらなければならない点が、実は、最も難しい部分だったりするのです。当社では、そんな非常にセンシティブでナーバスな問題に、数多く向き合ってきました。

同族会社の「財務」の重要性を社長自身、特に、2代目社長が正しく理解していれば、社長就任の前に「財務」を学び、どうしたら、会社の財務と自分自身財務を強くできるのかという道筋をつけることができます。

しかし、「財務」の重要性に気づけず、会社を倒産させてしまう社長も数多く存在するのが現実です。

どんなに立派で素晴らしい夢を思い描いていても、事業の存続を支える財務がボロボロであれば絵に描いた餅で終わってしまいます。つまり、成功を望むのであれば、そもそもの大前提として、自社が「潰れない会社」であることが不可欠なのです。

ダイヤモンド財務®コンサルタント
 舘野 愛

【財務岩盤化】次世代経営者のためのダイヤモンド財務の築き方
舘野愛

ダイヤモンド財務コンサルタント

ユメリアコンサルティング株式会社代表取締役

舘野愛

執筆者のWebサイトはこちら http://www.yumerea.co.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×