トップ > コラム > 主力製品には、知的財産という「お墨付き」を

主力製品には、知的財産という「お墨付き」を

  知財・ライセンスの収益化 後藤昌彦 SPECIAL
後藤昌彦 SPECIAL

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー) 代表取締役 後藤昌彦

知的財産、マーケティング、マネジメント…を融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創るコンサルタント。「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組みづくりに定評がある。

「後藤さん、今ある会社の会長と打ち合わせしてるんだけど、販路開拓をしようとしている商品に従来使っているネーミングと、会社のロゴマークがあって、どちらも商標登録していないらしいんだよ。後藤さんに頼もうと思うんで、よろしく。」

これは、先日私がお世話になっている方からいただいた電話の内容です。

上述の会社の会長とは私も以前お会いしたことがあり、自社製品の販路開拓にお悩みのようでした。商標登録については引き受けさせていただくことにいたしましたが、問題はその商標を使ってどのように販路開拓に生かすかを考える必要があるということです。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

以前、このブログで「何でもかんでもまず商標登録ありきではない。その前にまずやることがあるはず」といった趣旨のことを書いたことがあります。今回のケースではどうでしょうか?

今回は、製品も完成しており、既に導入実績もある状況ですが、それに使うネーミングやロゴについて全く手立てを打っていなかった状態です。

この場合は、やはり商標登録をして「お墨付き」を得た上でさらに販売網を広げる工夫をしていくべきかと思います。

商標を取得していなかったことで自社のオリジナルマークなのに他社に先に商標登録されてしまい、使えなくなるというケースはままあります。

特にそのマークを使う製品が自社の主力製品であれば、リスク回避とさらなる販売拡大のために知的財産を取得し、活用することは必須と言えるでしょう。

皆さんの会社でも見直してみたらどうでしょうか。

ちゃんと知的財産という「お墨付き」を得ていますか?

 

【知財・ライセンス】会社に眠っている資産を収益化する視点
後藤昌彦

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー)代表取締役

後藤昌彦

執筆者のWebサイトはこちら http://www.ipmaacurie.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×