トップ > コラム > コンサルタントを選ぶ、その前に…

コンサルタントを選ぶ、その前に…

  コンサルティングビジネス専門 五藤万晶 SPECIAL
五藤万晶 SPECIAL

コンサルティングビジネス専門コンサルタント

株式会社ドラゴンコンサルティング 代表取締役 五藤万晶

日本で唯一のコンサルティング業専門のコンサルタント。法人対象の実務コンサルティング指導ができる実力者を、これまでに100人以上輩出。またコンサルティング会社、コンサルティング事業部からの依頼も絶えない「コンサルビジネス」の第一人者。

推進機構の五藤コラム、画像ひな形_03

コンサルタントを選ぶ時、どういった点に注意すべきですか? ── 経営者からよくいただくご質問の一つです。

間違いのないコンサルタント選びをしたい…というお気持ちは、本当によく分かります。しかし、一方で、この「間違いのない」という意味も、よく考える必要があります。

腕のいいコンサルタントを選べば大丈夫でしょう、という考え方がありますが、これは、料理で考えると分かりやすいでしょう。

寿司職人にフランス料理を頼めば、期待した料理がでてこなくても仕方がありません。鍋料理の名店に行って、焼肉を注文してもダメですし、バーでケーキを頼んでも、まず難しいでしょう。

全般に長けている…というのは、言葉の上ではあり得ても、現実的には広く薄く…となるのが自然の理です。まあまあの品質であれば、なんとなく全般に対応できることでも、専門性を期待することはまず無理ということです。

コンサルティングを依頼するということは、自社でできない、またはプロのノウハウで、短期間に仕組みを構築するというところに活用のメリットがあるわけですから、「専門性」のないコンサルティングを依頼するということは、活用のメリットを活かせないということになります。

つまり、「そのコンサルティングは、何の際立った専門性がありますか?」ということを、正しく理解しない限り、コンサルタント活用は威力を発揮できない、ということを意味しています。

腕のいいコンサルタントを探す気持ちは分かりますが、その前に、「何の目的でコンサルタントを探していますか?」この整理こそが重要ということです。

【専門コラム】社長のための、コンサルティング活用の視点
五藤万晶

コンサルティングビジネス専門コンサルタント

株式会社ドラゴンコンサルティング代表取締役

五藤万晶

執筆者のWebサイトはこちら https://www.drgc.jp

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×