間違ったブランディングは首を絞める!倒産に自ら近寄らない為には? | 日本コンサルティング推進機構

本物のコンサルティングをより身近に。

間違ったブランディングは首を絞める!倒産に自ら近寄らない為には?

SPECIAL

ブランディング営業体制コンサルタント

H&Cブランディングマネジメント株式会社

代表取締役 

中小企業のための、「ブランディング営業体制」を構築するコンサルタント。営業スタッフのみならず、全社をあげて、企業価値をしっかり守り、価格競争をせずに確実に売れていく体制づくりを指導する。

「わが社のブランディングは大丈夫だろう」 

こう考えている経営者は、日本全国に意外なほどとても多くいます。

自社製品に絶対的な自信を持ち、ブランディングも自前で行っている。 

これで成果が出ているなら問題はありません。

ですが、自前のブランディングで上手くいっている会社はさほど多くありません。 

この理由はとても簡単です。

「ブランディングがちゃんと出来ていないから」です。 

多くの会社は自社製品の「見せたい部分」をクローズアップしてブランディングしようとします。

ところが、顧客の興味のある部分はそこではないのです。 

これはどういう意味でしょうか?

今回はブランディングについてお話していきます。 

 

■装飾はブランディングとはいえない 

自前でブランディングをする会社に多い間違いが、「良いところのクローズアップ」です。

一見、正解のように見えますが大間違いです。 

その「良いところ」というのは、会社の思う「良いところ」です。

顧客にとっての「良いところ」とは限りません。 

これをご理解いただけなければ、続きを読まれても意味はありません。

プラウザを閉じて、他のことに時間を割く方が有意義です。 

ご理解いただけたのでしたら、続きを読んでください。 

話を戻しましょう。

ブランディングとは付加価値を高めるものです。

その付加価値とは誰の為のものでしょうか? 

少なくとも、経営者の自己満足の為ではありませんよね。 

これを考えず、会社の思う「良いところ」を徹底的に装飾し、尖るほどにきらびやかにしたとしても、それはただの虚飾。

尖ったブランディングは触れる者に痛みを与えるだけです。 

こうなると誰も近寄ってくれなくなります。

これは避けたい事態です。 

恐ろしいことに、間違ったブランディングは顧客離れだけでなく、もっと大変なことを引き起こします。

お話しを続けます。

  

■間違ったブランディングは人材不足も招く 

間違ったブランディングは、社員のモチベーションを下げる一因にもなります。

社員に嘘を吐かせるからです。 

もちろん会社の思う「良いところ」であっても、製品の「良いところ」には間違いありません。

それでも、嘘を吐いていると感じる理由は、社員は「悪いところ」も知っているからです。 

この「悪いところ」を装飾で隠し、「良いところ」ばかりに注目を集めようとするやり方は、顧客に誠実でありたいと考える社員にとって苦痛以外の何物でもありません。

一つの真実の為に、もう一つの真実を隠すのは誠意ある手法とは言い難いものです。 

この状態が続くと社員のモチベーションは下がっていき、最終的には無気力になっていきます。

自分の中で整合性が取れなくなっていくので、何も考えないようになる。 

こうなると、職場から活気は失われますし、離職者も出てくるでしょう。

欠員を補おうと募集をかけたとしても、活気のない職場で働きたいと考える人は果たして優秀な人材でしょうか? 

優秀な人材なら自分が存分に活躍出来る場を求め、他社へ行く筈です。

会社に残るのは、覇気を失った社員だけ。 

残った社員は思考停止していますから、イノベーションなどは起きようがありません。

ただただ時間が過ぎるのを待ち、時間分のお給料を貰っていくだけ。 

このように間違ったブランディングは、職場崩壊すら引き起こす危険性もはらんでいるのです。

では、ブランディングの正解とは何でしょうか? 

 

■あなたが売るのは自信とこだわり 

正しいブランディングは、会社が見せたくない部分すらも付加価値を与えるものです。

ありのままの姿を顧客に見せても喜ばれるもの、それがブランディングの正解です。 

会社が販売しているのは、単なるモノではありません。

その会社ならではの「自信」や「こだわり」です。 

顧客はその「自信」や「こだわり」に決して安くないお金を払うのです。 

例えば、ファッションブランドの洋服はとても高額です。

量販店の洋服なんて目に入らないぐらい。

原材料のほとんどが布ですから、原価は100分の1とも300分の1ともいわれています。 

それでも世界中で飛ぶように売れています。

それは、顧客がそのファッションブランドの持つ「自信」や「こだわり」に価値を見出しているからです。 

この「自信」や「こだわり」を上手くPR出来ているからこそ、ファッショブランドの洋服は世界中で愛されています。 

あなたの会社はどうでしょうか。

「自信」や「こだわり」を上手くPR出来ていますか? 

背伸びせずとも、等身大のあなたの会社の製品も素晴らしいものの筈です。

それをPRしていきましょう。 

社員と一丸になって作り上げた製品。

自信をもって顧客に届けたいものです。 

 

■製品はわが子同然だから 

例えば、あなたは奥さんやご主人を、よそ行きの恰好をしていないと愛せませんか?

そりゃ、ばっちりメイクやビシッとスーツ姿は素敵ですよね。 

でも、スッピンでもボサボサ頭でも変わらぬ大切な人でしょう。 

これはあなたの会社の製品にもいえます。

「良いところ」ばかりクローズアップするのは、スッピンの奥さんやボサボサ頭の旦那さんを否定することと同じです。 

あなたの会社はあなたの人生そのものです。

そこから生み出される製品はわが子。 

そのわが子の「良いところ」だけを褒めて、わが子の全てを知っているといえるでしょうか。

わが子に自立を促す為にも、あなたの「自信」と「こだわり」を与えてやってください。 

一人でブランディングを行うのは難しいと感じられたら、私がいますよ。

あなたの「自信」と「こだわり」を言語化し、顧客に伝えられる形にしていきます。 

大丈夫。

あなたの会社はまだまだ輝けます。

ぜひそのお手伝いをさせてください。 

最後まで読んでくださり有難うございました。

あなたの一日が素晴らしいものでありますように。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。