トップ > コラム > 経営者のリーダーシップをどう育む?マインドよりもスキルを磨こう

経営者のリーダーシップをどう育む?マインドよりもスキルを磨こう

  ブランディング営業体制 吉澤由美子 SPECIAL
吉澤由美子 SPECIAL

ブランディング営業体制コンサルタント

H&Cブランディングマネジメント株式会社 代表取締役 吉澤由美子

中小企業のための、「ブランディング営業体制」を構築するコンサルタント。営業スタッフのみならず、全社をあげて、企業価値をしっかり守り、価格競争をせずに確実に売れていく体制づくりを指導する。

「経営者としてのリーダーシップの取り方が分かりません」 

若い経営者だけでなく、中高年になった経営者でもリーダーシップについて迷うことがあります。特に世襲の2代目社長の場合、先代の真似をしてみても社員がついてこないことも。 

では、多くの経営者が悩む「リーダーシップ」とは一体何なのでしょうか。間違ったリーダーシップについては、皆さんよくご存じですよね。社員の前で威張り散らすなんて、もってのほか。でも、正解のリーダーシップについて教えてくれる人はなかなかいません。 

今回は経営も上向きにする経営者のためのリーダーシップについて、一緒に考えていきましょう。 

 

■他人を責めない生き方ができる

経営者のリーダーシップで大切なもののひとつに、「他人を責めない」というものがあります。時々いるダメ経営者は、よく社員に「責任を取れ!」と怒鳴り散らしていますよね。これは自らリーダーシップがないと言っているに等しい行動です。 

トラブル解決のためにしたいのは、社員に責任を負わすことではありません。問題がどのように置き、その影響がどこまで及ぶのかを分析。そこに感情が入り込む隙間はありません。ドライに分析を行わないと、再び同じトラブルが起きる可能性があるからです。 

もし、ここで社員を怒鳴り散らし「責任」を負わせたとしましょう。この様子を見ている他の社員は、恐怖に震えることに。そうなると委縮してしまい、自主性を持った行動を取りにくくなります。当然イノベーションは起きませんし、新規開拓営業も難しくなるでしょう。 

加えて、対外的にもデメリットしかありません。トラブルの原因となった社員に責任を負わすということは、経営者に責任を取る能力がないということ。こんな無責任な会社と取引がしたいでしょうか。何かあった際には、責任を放り投げて逃げてしまう会社のように見られてしまいます。 

経営者のリーダーシップとは、社員にも取引先にも安心して仕事をしてもらえる環境を作るスキルを持っているということです。このスキルを身に付けるためにできる第一歩が、他人を責めないことです。 

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
 

■探求心旺盛でやる気に満ち溢れている

常にネガティブで細かいことばかり気にしている経営者も少なくありません。慎重な性格なのは良いことですが、その姿ばかりを見せていては社員の不安は大きくなるばかりです。加えて、慎重な姿勢ばかりを見せていては「無能」に見えてしまうのです。「無能」な経営者に社員はついていきたいでしょうか。 

無能に見える理由はシンプル。問題解決能力がないように見えるからです。常にネガティブということは、ネガティブになってしまう何か問題があるはずです。その問題を解決させず、停滞させている状態で居続けているからこそ、常にネガティブであるといえます。無能に見えませんか。 

無能な経営者に社員はついてきません。トラブルがあるなら、その原因を探求し解決に導く経営者に社員はついていきます。何も経営者一人で考えなくても構わないのです。頼りになる社員に相談するのでも構いませんし、社外に助けを求めても構いません。要は何としてでも問題を解決に導くスキルが大切なのです。そのためには探求心が必要になってきます。 

探求心を持っている人はやる気に満ち溢れているように見えます。このような人の周りには、人もお金も集まってくるのが常。様々な可能性を感じられるからです。裏を返せば、ネガティブで問題解決能力のない人からは、どんどんと人もお金も離れていくということです。 

空元気を見せる必要はありません。小さな「なぜ」を大切にし探求を始めると、リーダーシップは大いに育まれていきます。 

 

■働く目的を社員に伝えられる

会社の目的を社員に的確に伝えられるスキルも、経営者のリーダーシップに必要なものです。闇雲に売り上げだけを伸ばすよう指示していては、誰もついてきません。この仕事がどのような影響を与え、誰の役に立つのかを社員に見せていきたいものです。 

そのためには会社の社会での立ち位置を確認する必要があります。それが例え下請けであったとしても、社会に必要とされているから存続しているのですから。社会での立ち位置が明確になれば、今後はどのような位置に移動したいのかが見えてくるようになります。 

これが見えてくると、今度は社員と一緒に「夢」を見ることができるようになります。どのようにすれば新しい位置に移動できるのかを、社員と一緒に模索していけるからです。これができる経営者が、リーダーシップのある経営者といえるでしょう。 

夢の模索とは、働く目的とも言い換えられます。これを社員が理解してくれると、経営は飛躍的に伸びていくのです。ゴールのみえないマラソンはただの苦行であるように、働く目的のない仕事は苦しいものです。この「ゴール」を見せられる経営者なら、社員は必ずついてきてくれます。 

あなたは社員に「夢」や「ゴール」を見せられていますか?

 

■会社設立は何のため?

今回は経営者のリーダーシップについてお話しました。とても簡単なようで、実は難しいものです。ちょっとしたスキルではあるのですが、普段から心がけていないとすぐ崩れてしまうものです。 

経営者は孤独なものです。先頭に立つのですから当然といえますが、時に心が砕けてしまいそうになることもあるでしょう。そんな時は私に声をかけてやってください。あなたに最適なリーダーシップについて一緒に考えていきます。 

まずは会社設立当初のことを思い出し、その思いを社員に伝えていくことを始めませんか。私がお手伝いさせていただきます。

 

最後まで読んでくださり有難うございました。

あなたの一日が素晴らしいものでありますように。

 

【ブランディング営業】脱・お願い営業を実現する経営視点
吉澤由美子

ブランディング営業体制コンサルタント

H&Cブランディングマネジメント株式会社代表取締役

吉澤由美子

執筆者のWebサイトはこちら http://www.hc-bm.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×