トップ > コラム > 知財ビジネス評価の有用性

知財ビジネス評価の有用性

  知財・ライセンスの収益化 後藤昌彦 SPECIAL
後藤昌彦 SPECIAL

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー) 代表取締役 後藤昌彦

知的財産、マーケティング、マネジメント…を融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創るコンサルタント。「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組みづくりに定評がある。

「後藤さん、私はずっと技術畑で仕事してきて、特許にもたくさん触れてきているんだけど、特許自体の価値はどう評価したらいいのかが全く分かんないんだよ。今回の特許は他社が類似のものをたくさん出しているようにも思えるし・・・」

これは、先日特許評価のヒアリングをさせていただいた際に、評価依頼をいただいた社長がおっしゃっていた言葉の一部です。

その会社で、ある事業を立ち上げるかどうかを決める要素の一つに、保有特許の価値を評価するということがあり、今回は特許を「ビジネスとして活用する価値がどれぐらいあるか」を評価するということで私に依頼をいただきました。

評価には、大きく「定性評価」と「定量評価」がありますが、今回の場合は特に、「競合他社に対する特許としての優位性とビジネスの優位性の観点から分析・評価を行う」こととしました。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

知財ビジネス評価のニーズが高まってきているという実感を現場レベルで感じています。特に、ベンチャー企業の場合、自社で研究開発能力は有していても、それをビジネスにする力がなく、保有する技術・ノウハウ・特許をまとめて事業展開力がある会社に譲渡するというケースもありますね。このような場合にも、その会社の保有特許の価値を評価する必要が出てきます。

競合他社の特許も調べてマッピングし、保有特許の位置付けを明確にしたり、保有特許を活用できる事業の市場規模や成長性を調べたり、参考程度にはなりますが、金銭的評価をしたり・・・

このような評価は、技術がわかっているだけではなかなか難しく、市場・技術を組み合わせて事業化の可能性を探らないといけないことになります。

もし他社から事業譲渡の話が出たり、逆に今保有している特許を他社に譲渡(あるいはライセンス)を考える場合は、知財ビジネス評価による価値評価も検討してみてください。

 

【知財・ライセンス】会社に眠っている資産を収益化する視点
後藤昌彦

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー)代表取締役

後藤昌彦

執筆者のWebサイトはこちら http://www.ipmaacurie.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×