マンションリノベーションのプレゼン術(光編) | 日本コンサルティング推進機構

本物のコンサルティングをより身近に。

マンションリノベーションのプレゼン術(光編)

SPECIAL

住宅・工務店コンサルタント

株式会社 家づくりの玉手箱

代表取締役 

住宅・工務店コンサルタント 。規格住宅を高付加価値化させ、選ばれる工務店となる独自の展開手法「シンボルハウス戦略」を指導する第一人者。
営業マンとして自分が欲しいと思わない住まいをお客様にお勧めする仕事に疑問を持ち、ある工務店でどうしても家を建てたくて転職、鹿児島へ 。15年間で173棟の住まいづくりをすまい手目線で担当。そこから編み出された、選ばれる工務店となる具体戦略を、悩める中小住宅会社ごとに実務指導中。

宿命的に画一的で低いレベルの居住性にとどまってしまうマンションの間取り。 残念ながら新しく分譲されている物件にも共通した構造的な問題です。

それ故に、所有するマンションの部屋には多くの方が「強い不満」を持っているのと同時に「仕方ない」と諦めているというのが日本の現状です。ところが、居心地にフォーカスしたフルリノベーションを施すことで居住性・快適性を大化けさせられるということは、未だあまり知られていません。

今後、在宅勤務を基本とされる方も増え、マンションにおいてもその場所で過ごす時間の質を追求するニーズが高まっていくことが明らかになってきました。技術力を活かして新しい市場に挑む都市型工務店経営のひとつの答えとなるテーマです。

しかし、現在のマンションリノベーションの主流は、

  • 内装仕上げを単に新しくするもの
  • 住まい手の好みの個性を表現する趣味的なもの
  • とにかく間仕切りや仕上げ材を取っ払ってローコスト&おしゃれ感をアピールするもの

で占められているように思います。

マンションに住まう人と話していると、かつては私もそうであったように「マンションだから仕方ない」という言葉がよく聞かれます。なぜ、そう思うのか?誰に聞いてそう思っているのか?改めて尋ねてみると、「なんででしょう?」「みんなそう言ってるけど違うんですか?」と逆に尋ねられてしまったり。

それほどに不動産・工務店業界の人たちも、お客様に正しい情報提供はできていないのです。 これまた私も最近までは確信が持てなかった訳で、「見た事ない」「やった事ない」では無理もない事のようにも思います。

そこで、言葉だけではなくビジュアルで直感的に「何を改善すると何がどうなるのか?」を感じてもらえるようにあるアイデアを盛り込んだ模型を作ってみました。自分がお客様に説明するときに「こんなのがあったら分かりやすいのになあ」と思った事を形にしてもらったのです。

見ていただいたお客様には「おー!なるほど。分かりやすい!」と好評をいただいています。 皆さんはどのように感じられますでしょうか?どうぞご覧になってみてください。

 

↑マンションリノベのBEFORE & AFTERの光の様子を横から見て比べます

 

↑マンションリノベのBEFORE & AFTERの光の様子を上から見て比べます

 

今度はBEFOREとAFTERの様子をそれぞれ角度を変えながら見てもらえるヴァージョンです。 こうした肉眼で見る感覚に近づけることができるのは動画ならではです。

 

↑BEFOREの様子を色々な角度で見てみます

 

↑AFTERの様子を色々な角度で見てみます

 

今後は、マンションにも住まい本来の居心地や生活利便性が求められる時代になると思いますが、販売リスク低減が優先される現状では当面リノベーションによってしかその要望を満たすことが出来ないと思われます。

あなたの会社では現在のマンションリノベーション市場をどのように思われますか?また、マンションに住まう方々の切実なる不満と望みに耳を傾けたことがありますか?

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。