トップ > 林祐の記事

「経営者のためのクライシスマネジメント」~元海上自衛官が教えるクライシスマネジメントとは~

林祐 SPECIAL

クライシスマネジメント(想定外の危機への対応)コンサルタント

株式会社イージスクライシスマネジメント 代表取締役 林祐

経営陣、指導者向けに、クライシスマネジメント(想定外の危機への対応)を指導する専門家。海上自衛隊において防衛政策の立案や司令部幕僚、部隊指揮官として部隊運用の実務に携わる。2011年海将補で退職。直後より、海上自衛隊が持つ「図上演習」などのノウハウの指導依頼を受け、民間企業における危機管理手法の研究に着手、イージスクライシスマネジメントシステムの体系化を行い、多くの企業に指導、提供している。

林祐 最新コラム

SPECIAL
クライシスマネジメント(想定外の危機への対応)コンサルタント

No.065 指先が何を語るか

言葉というものは、人と人をつなぎ、あるいは人の心を捉え、または重要な情報を伝えるために極めて大きな役割を果たしています。  このため、当コラムにおいても、言葉の問題に何度か触れてきました。(No.012 「たかが言葉、されど言葉」 …

詳細はこちら

林祐 コラム バックナンバー

筆者プロフィール

株式会社イージスクライシスマネジメント代表取締役
 クライシスマネジメント(想定外の危機への対応)専門のコンサルタントとして、企業をはじめ、病院、自治体などあらゆる組織の体質強化に取り組んでいる。

大学及び大学院で組織論を専攻した後、海上自衛隊に幹部候補生として入隊。任官後は艦隊勤務のほか海上幕僚監部、防衛省内部部局で防衛政策の立案、在米連絡官として米海軍との連絡調整、第一線部隊の司令部幕僚として部隊運用の実務等を経験するとともにロジスティクス担当部隊や教育部隊の指揮官等を歴任。
 2011年8月海将補で退職、海上自衛隊での指揮官としての経験及び米国駐在勤務の経験を買われて専門技術商社に入社、企画本部員、新編営業部の部長を経て関連会社である米国法人の再建のため取締役としてカリフォルニアに赴任。
 この間、民間企業における危機管理の必要性を痛感し、民間向けの危機管理手法の研究に着手、イージスクライシスマネジメントシステムの体系化を行う。

2016年5月、海上自衛隊で培ったノウハウと企業で得た経験をもとに、企業や病院、自治体、政府機関などに適用できる危機管理の手法を早急に社会に普及させるため、株式会社イージスクライシスマネジメントを設立し現在に至る。

組織論の研究に基礎を置き、海上自衛隊で培ったノウハウと民間企業の実態への理解に基づく危機管理手法を開発し、その普及を自らに課された社会的使命と受け止めて日々活動している。

上智大学大学院経済学研究科博士前期課程修了
 組織学会会員
 日本危機管理学会会員

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×