トップ > お言葉

お言葉

SPECIAL
知財・ライセンスの収益化コンサルタント

目的を明確にした特許取得を

「後藤さん、後藤さんの本を読ませていただいて、知的財産に関する考え方が180度変わりました。発明者に対する報償や、活用につながる特許の取得を積極的に考えていこうと思っています。」 これは、先日訪問させていただいた会社の社長様がおっし…

詳細はこちら

SPECIAL
『業績3年 先行管理』の仕組みづくり専門コンサルタント

社員の意識改革を成功させる前提条件とは

社員に意識改革を 言い聞かせる社長は、モグラ叩きに注力し チャンスを掴み損ねる

「前期は予算達成率99.6%。あと1社受注できていたら…。最後の最後で諦める営業社員。我が社の営業社員は、まだまだ意識改革が必要です。」  御社の前期業績は、目標予算を突破しましたか? 今期の業績は、目標予算を突破しそうですか? そ…

詳細はこちら

SPECIAL
知財・ライセンスの収益化コンサルタント

ビジネス上では特許と商標に軽重なし!

「後藤さん、私は今まで商標については、自分が使えればそれでいいと思っていたので商標権を取るという考えはなかったんです。特許と実用新案は大事で真似されたくなかったんでそれなりにお金を使って取ってきたんですよね」 これは、先日知財取得と…

詳細はこちら

SPECIAL
知財・ライセンスの収益化コンサルタント

経営者が「決める」だけの仕事ができる組織体制の構築を

A:「後藤さん、いただいた案について検討しました。また、こちらの質問にもお答えいただき、案の内容についても理解できましたのでこれで進めていただければと思います。」 B:「後藤さん、やらないといけないことは多々あることも、ちゃんと優先…

詳細はこちら

SPECIAL
知財・ライセンスの収益化コンサルタント

ライバルに対抗するための知財戦略構築を

「後藤さん、今日は有難うございました。改めて、当社も知的財産について勉強し、当社なりの知財戦略を作る必要があると思います。先日は、INPITの講習会に参加してきました。まずは、私自身がもっと勉強します。」 これは、先週ある会社で特許…

詳細はこちら

SPECIAL
『業績3年 先行管理』の仕組みづくり専門コンサルタント

『働き方改革』を成功させる社長と失敗させる社長の違い

「魚は頭から腐る」という諺のように「働き方改革も 経営者から腐る」

「小島さん覚えていますか?あのCM」 ある年配の経営者が、二カッと口角を上げて問いかけました。 「『にじゅ~よ~じかんたたか~えますか♪(24時間、戦えますか)』と、かつては言ったものです。もう30年前ですよ。常識が変わりましたね。…

詳細はこちら

SPECIAL
商品開発コンサルタント

普通の社員をリーダーに変貌させた、たった一つの施策

「おかげ様で、最近どんどんリーダーらしくなってきました。勉強会をやっていた頃が嘘のようです」 先日、あるクラインの社長がかけてくれた言葉です。 講習会や研修に参加させたり、社内で勉強会を開催したりして、あの手この手で社員を変えて開発…

詳細はこちら

SPECIAL
キラーサービス(特別対応の標準化)コンサルタント

社長がセールスよりもマーケティングよりも目を向けるべきこと

「製造業だからってただモノをつくっていてもダメなんですね!」— 当社のコンサルティングの中で、目下集客からセールスまでの流れをつくっていかれているクライアント企業の社長のお言葉です。 これまでは下請け的な仕事が多く、顧客からの要望に…

詳細はこちら

SPECIAL
商品開発コンサルタント

たった一言でチャンスを逃す経営者の言葉

「あの時、信じて行動していれば・・・」 先日、久しぶりにお会いしたある企業のかたのお言葉です。 当社では、数年前から、車のEV化やサービス化の進展はもとより、空飛ぶ車の開発やキャッシュレス化の進展を予測し、セミナーなどの場で、関連す…

詳細はこちら

SPECIAL
知財・ライセンスの収益化コンサルタント

優先して解決すべき課題を定める指標

「後藤さん、今回の支援は契約に関するアドバイスだけに絞ってもらっても結構です。当社にはいろんな課題がありますが、直近で最も重要度が高いので。」 これは、知的財産活用支援で訪問した会社で、担当の経営者がおっしゃった言葉です。 この会社…

詳細はこちら

月刊誌(無料)登録フォーム

×