トップ > お言葉

お言葉

SPECIAL
会員制・ロイヤル顧客づくりコンサルタント

ワークショップで売上2億円増

社内ワークショップが社運を賭けた本社移転に寄与 都内住宅街に40年前から本社を構えていたBtoBビジネスの某中小企業A社。 工場が郊外にあるため、工場と都心への交通の便を考慮してのことでした。 しかし、市場の成熟により、営業力強化が…

詳細はこちら

SPECIAL
10億ビジネスの経営数値成長戦略コンサルタント

なぜ、儲かる社長は、試算表より来月入金予定額を大事にするのか。

「ウン、助かるよ、ウチの経理は、ちゃんと残を教えてくれる!来月の予定も分かるし、2ヶ月後の予定だってほぼ立つ。試算表?確かに試算表がないと原価率がぶれてないかとか、昨年対比とか、労務費の事とか分からないよね。でも、目先安心をくれるの…

詳細はこちら

SPECIAL
商品開発コンサルタント

開発提案型企業に訪れる孤独との向き合い方

「迷いが取れました」 あるクライアント企業の社長のお言葉です。 当社では、提案型の開発を支援しています。新しい製品や商品を自ら提案して実現する開発です。依頼された仕事ばかりをやっていては、会社の運命を相手先に握られてしまうため、自ら…

詳細はこちら

SPECIAL
海外商談コンサルタント

自社の価値:情報価値が下がる時代、どこに価値を生むか

情報取得が簡単になった現代。取得が簡単になれば当然価値は下がります。ある意味情報を盾に商売をしてきたようなところがある貿易商社。今の時代に自社の持つ価値・強味とは一体何なのだろうと改めて考える機会がありました。 私自身の商売を通じて…

詳細はこちら

SPECIAL
営業部再設計コンサルタント

営業マンがセミナーや研修を受ける時、大切にすべきポイント

「大森さん、先日のセミナーは営業マンにとって非常に勉強になったとの報告を受けました。ありがとうございました」 10月のセミナー後、お邪魔をさせて頂きました社長さんからのお言葉です。 「多少なりともお役にたてたようで安堵しています。と…

詳細はこちら

SPECIAL
現場改善コンサルタント

これからの変化の時代に向けてのカイゼン[15]

いつもは『儲かるメーカー改善の急所101項』を使って今の時代に必要な改善のお話をしていますが、今回はちょっと趣向を変えて改善に必要な元気についてです。 私たちが実行している「改善」ですが、これを英語で何というかご存知ですか? 答えは…

詳細はこちら

SPECIAL
キラーサービス(特別対応の標準化)コンサルタント

社長が気をつけるべき、「何かを学ぶ」ときの注意点

「これからしっかり経営に向き合います。経営者として自分でも何か勉強すべきことはありますでしょうか。」 ―――コンサルティング開始後、いまのままではまずいと感じられた、ある社長から出たお言葉です。 私は、「特に勉強というのは何もしなく…

詳細はこちら

SPECIAL
キラーサービス(特別対応の標準化)コンサルタント

企業にとっての「死」をどう回避するか

「このまま惰性で業務をこなしていくだけではまずいと感じました。」— 30代前半の若さで起業してから今年で30周年を迎えられた、あるサービス業の経営者のお言葉です。 先日、とある経営者のための朝会で5分間スピーチを突然振られ、朝からこ…

詳細はこちら

SPECIAL
キラーサービス(特別対応の標準化)コンサルタント

御社がカイゼンに着手してはいけない理由

「うちは製造業だから、やっぱりトヨタ生産方式を導入すべきでしょうか」と、とある社長から相談されたことがあります。 なんでも、同じく製造業を営むお仲間の社長が、カイゼンコンサルタントに依頼してトヨタ生産方式の導入に着手したと聞いて、「…

詳細はこちら

SPECIAL
ブランディング営業体制コンサルタント

会社の“顔”として正しく営業させるためには

「わが社のホームページにも、“顧客第一主義”と掲げていますが、実はこれまで顧客の利益を優先に…なんて殆ど考えたことがありませんでした。」  先日、ある会で「専門家としての倫理観」についてお話しをさせていただく機会があり、その時に受講…

詳細はこちら

月刊誌(無料)登録フォーム

×