専門性

SPECIAL
年商10億事業構築コンサルティング

職人社長のリスクは、経営に関する「客観性」を失うこと。成功する経営者が「客観性」を得るために取り入れている最大の手とは!?

A社では、コンサルティングを社長と幹部のお二人で受けられています。 同じレベルで経営についての話ができる社員が自社にいることは、社長にとって大変幸せなことです。 矢田は、次回までの課題を説明させていただきました。 それを聞いて、社長…

詳細はこちら

SPECIAL
地方メディアの高度有効活用コンサルティング

前例がないからやる・・は勲章!―硬直化した現状を打破するのは社長の役目―  

硬直化した官僚制度や大企業病に陥った組織に対する批判として、よく 「彼らは『前例がないから・・・』という言い訳によって、新しいことを受け入れようとしないし、チャレンジしようともしない。」 といったことが言われます。 ただ、この言い訳…

詳細はこちら

SPECIAL
地方メディアの高度有効活用コンサルティング

ビジネスは常に根強い「保守性」との戦い―アイディアを成長の原動力に変える―  

会社を経営していると様々な新しいアイデアに思い当たります。 「アイデアに思い当たる」・・・ちょっと変な表現ですね。普通「アイデアを思いつく」とか「アイデアが湧いてくる」といった表現をします。 しかし、経営上のアイデアの場合まさに「ア…

詳細はこちら

SPECIAL
年商10億事業構築コンサルティング

社員が10名、20名と増える過程で、固定費が倍増する。その時、〇〇が無いと成長の停滞に陥ることになる。

「矢田先生、先月は過去最高の売上げでした」 地方都市の創業四十年の工務店、 前期の年商は3億。先月の月商は4千万円。 2代目の若い社長は笑顔で話を続けられます。 「いままで良い時でも、3千5百万円を超えることはありませんでした。いま…

詳細はこちら

SPECIAL
地方メディアの高度有効活用コンサルティング

専門性を伝えることの大切さ―テレビ番組で初めて知った伝統職人の世界―

近年、日本の職人技や伝統技術を紹介するテレビ番組が増えています。それは宮大工の世界であったり、伝統工芸の世界であったり、美術品であったり、食べ物であったりと様々です。 これらの職人さんの世界は、なかなか後継者がいないために、伝統工芸…

詳細はこちら

2017年09月30日(土)開催 得意分野で元請化を実現し儲かる直販化セミナー

seminar_h3_01

専門性を活かした直販受注で、下請け体質を脱却する!    建築工事の中でなくてはならない専門工事業。しかし専門工事であるが故、元請建築業者の下請として生きるしかない。そんな小規模の工事会社にも実は眠れる技術、ノウハウはあるもの。本セ…

詳細はこちら

SPECIAL
移動空間コンサルティング

あなたの会社はお客が集まる仕掛けが出来てますか?

あなたの会社はお客から選ばれてますか? 商売は年数を積み重ねる毎に、お客も増やしていかなければなりません。 ファンのお客を増やすという事です。 それが何年も商売をしていて、お客から支持されない。 ファンのお客が一向に増えて行かないと…

詳細はこちら

2017年09月06日(水)開催 社運を賭けた商品の横展開を成功させる 【波及営業戦略】のたて方セミナー

藤冨雅則

経営陣が営業現場に「売れる道筋」を照らせば、 必ず組織は活性化する! 「インターネットの影響で“価格競争”に陥り、利益の出ない営業を強いられている」 「新商品が思うように売れずに、会社の未来に頭を悩ましている」 「若手営業マンの意識…

詳細はこちら

SPECIAL
地方メディアの高度有効活用コンサルティング

二代目の視点によって独自性を際立たせる  

タイトルの「二代目」というのは、別に二代目だけでなく三代目でも四代目でもいいのです。広く後継者のことを指しており、時代性に敏感な若い経営者ということです。更に言えば、年はあまり関係なく対応力に富んだ柔軟な感性を持っていれば、むしろ誰…

詳細はこちら

SPECIAL
地方メディアの高度有効活用コンサルティング

自らに対して客観的視点を持ちうるのか?―素人の目線に立てるか?が、経営者の力量―  

私はこれまで、 「自分の行なってきた事業をいろいろな形(文章、言葉、映像など)で表現し、それを外に向かって情報発信すれば、そのまま販売促進として機能しますよ。」 といった意味のことを繰り返し述べてきました。 それでは、自分で行なって…

詳細はこちら

月刊誌(無料)登録フォーム

×