専門性

SPECIAL
地方メディアの高度有効活用コンサルティング

アウトプットの必要性とその価値について考える  

これまで私は「情報発信」という言葉を度々使いながら、会社が培ってきた事業の歴史や現在行なっている事業内容を外に向かってアピールすることをお勧めしてきました。 この「情報発信」という言葉、別の言い方をすれば「アウトプット」と言い換える…

詳細はこちら

SPECIAL
地方メディアの高度有効活用コンサルティング

情報発信、永く続けるためのコツ―「慣れ」と「感性」両方磨き続けるには―  

私は、地元のメディアであるFM放送や新聞にコメントやコラムの原稿を寄せることによって、事業の販売促進に役立てています。広告と違って全くお金はかけていません。それどころか、逆に原稿料をいただくこともあるくらいです。 こういった場を利用…

詳細はこちら

SPECIAL
地方メディアの高度有効活用コンサルティング

伝えなければ伝わらないこちらの世界―「当たり前」の盲点をあえて切り拓く―  

私は、地元FM放送にビジネス番組のコーナーを担当してもう5年になります。月に1回30分ほど、番組担当のパーソナリティーの女性と、その日私が考えてきたテーマについてお話をします。 5年ということは、かれこれもう50回以上出演したことに…

詳細はこちら

SPECIAL
地方メディアの高度有効活用コンサルティング

社長の情報発信、そんなに続くものなのか?―ネタ切れの恐怖と戦う―

私が、FMラジオのビジネス番組を5年間、一般紙や専門誌へのシリーズ投稿や連載をもう何回も経験しているという話をすると、それを聞いた人が 「よくそんなにしゃべったり書いたりするネタが続きますね。」 と、驚かれます。情報発信はいいけれど…

詳細はこちら

SPECIAL
下請工事業脱却コンサルティング

あれもこれも手を出すほど直販受注率は下がる

今週は、自社工事安全大会、コンサル訪問、100回記念セミナー、それに出張と、忙しく、充実した一週間でした。まだ寒の戻りもありますが、確実に季節は春になってきました。思い立ったが吉日、リフォーム、修理をお考えのお客様もこれからますます…

詳細はこちら

SPECIAL
年商10億事業構築コンサルティング

「年商3億の事業が3つ」は、リスクヘッジどころか自滅の道。ランチェスター戦略でその本質を考える、、、

「年商10億の事業を1つという考え方もありますが、年商3億の事業を3つという形もいいのではないでしょうか。」 よくご相談の場で出されるご質問です。 年商10億の事業が1本、年商3億超の事業が3本 これは、同じ年商10億でも、その内容…

詳細はこちら

2017年05月26日(金)開催 得意分野で元請化を実現し儲かる直販化セミナー

seminar_h3_01

専門性を活かした直販受注で、下請け体質を脱却する!    建築工事の中でなくてはならない専門工事業。しかし専門工事であるが故、元請建築業者の下請として生きるしかない。そんな小規模の工事会社にも実は眠れる技術、ノウハウはあるもの。本セ…

詳細はこちら

SPECIAL
下請工事業脱却コンサルティング

「他に合わせて、自社の特徴を消すと存在価値なし」

5R1A0361-437x6561

1月は稼働日数が少ないので、他の月より工事を急がないと売上減少してしまいます。毎年毎年、繰り返しなわけですから、事前の工事受注予約や、予めの入金対策を行う必要がありますよね。あなたの会社ではどんな策がありますか?それとも、年がら年中…

詳細はこちら

2017年03月10日(金)開催 社運を賭けた商品の横展開を成功させる 【波及営業戦略】のたて方セミナー

藤冨雅則

経営陣が営業現場に「売れる道筋」を照らせば、 必ず組織は活性化する! 「インターネットの影響で“価格競争”に陥り、利益の出ない営業を強いられている」 「新商品が思うように売れずに、会社の未来に頭を悩ましている」 「若手営業マンの意識…

詳細はこちら

月刊誌(無料)登録フォーム

×