本物のコンサルティングをより身近に。

社長向け人気の経営コラム

表示期間:

自慢話ばかりするコンサルタント

2022年5月13日 浅野泰生

バトン承継コンサルタントの浅野泰生です。 ゴールデンウィークは、約2年ぶりのゴルフ以外は近場で過ごしました。 一緒にまわる人が良い人だと楽しいですね。 これも何をやるかより誰とやるか、なんでしょうね。 ...

詳細はこちら

変化を先取りする

2022年5月6日 西田純

「世の中はいつも変わってゆくから、頑固者だけが悲しい思いをする」とは、シンガーソングライター・中島みゆきの名曲「世情」の歌い出しの部分ですが、私は経営環境についても同様のことが言えるのではないかと思っています。 たとえば消費税の税率が変わ...

詳細はこちら

チャンスをモノにできるたった一つのコツ

2022年5月10日 西田純

ビジネスに携わる者にとって、チャンスをつかむことこそが必勝の近道であることに疑いの余地はありません。このコラムでも、チャンスについて何度となくお話ししてきました。では、そのチャンスをかならずモノにするために何をすればよいのでしょうか。もしく...

詳細はこちら

見込客とスタッフの『脳科学』3

2022年5月23日 吉岡孝樹

見込客とスタッフの『脳科学』2 からつづく   「同調圧力」を生む土壌   同調圧力とは少数意見を有する者に対して、暗黙のうちに多数意見に合わせるように誘導することを指します。昨今、この意味を考えさせられる事象が...

詳細はこちら

強い組織の要件とは?

2022年4月28日 浅野泰生

バトン承継コンサルタントの浅野泰生です。 明日からゴールデンウィークですね。 4月もあっという間に過ぎました。 以前のこのブログで報告したように、3月中旬の東北地方で大きな地震が起こった際に防災グッズの点検日を...

詳細はこちら

社長は現場に直接口を出してはいけない、を信じて大崩壊したK社。その根本原因とは?

2022年5月18日 矢田祐二

特殊設備メーカーK社長から、この日は、対面でのコンサルティングの申し出がありました。席に座ったK社長に、いつもの明るさはありません。 「先生、当社は崩壊をしました。」 この時までのK社の月商は、4千万円ほどありました。それが、直近3か月...

詳細はこちら

経営者なら経営計画書に自らの魂を込めよ!

2022年5月6日 高窪祥文

「ゴールデンウイーク前までにIT補助金申請を終わらせようと頑張っていたのですが、経営計画書がネックとなり、いまだに申請が出来ておりません。一時は補助金申請を諦めようかとも考えたのですが、髙窪先生のコラムに励まされてこのGW中に私なりの言葉で...

詳細はこちら

『ぜいたくソーラー』の季節

2022年5月9日 吉岡孝樹

太陽と風のぜいたく   4月になると、すっかり暖かく春です。薪ストーブも完全に出番がなくなりますが、例年4月頃まではソーラーシステムの太陽熱取り込みは続けています。 鹿児島の4月の太陽はかなり強くて集熱は強力です。よく晴れた...

詳細はこちら

考えられる社員が全くいない会社が、まずはやるべきこととは!?建設業S社の事例

2022年5月11日 矢田祐二

この日は、ホテルのロビーでの面談です。 地域で一番のホテルのはずですが、その雰囲気からも過疎化が進む都市であることが解ります。 建設業S社長は、大学から東京に出て、出版業界で働きました。 そして、20代後半で父の会社を継ぐために戻り、...

詳細はこちら

見込客とスタッフの『脳科学』2

2022年5月2日 吉岡孝樹

見込客とスタッフの『脳科学』1 からつづく   「生産性」と「生存確率」の関係   ヒトの脳には、その個体に「合理的ではない選択」をさせる「仕組み」が備わっているのだそうです。ヒトは、その「仕組み」により時として...

詳細はこちら

同族会社こそ美しい決算書が必要な理由

2022年5月9日 舘野愛

「金融機関の態度が変化した」というのは、「今まで塩対応だったのが、急に積極的に営業してくるようになった」というプラスのケースと、「今まで好意的だったのが、急に消極的になった」という2つの局面があります。 銀行側の経営も、自社の経営も、お互...

詳細はこちら

プロジェクトが進まない本当の理由

2022年5月10日 鈴木純二

鈴木純二

企業のシステム導入は、システムを入れる決定をした瞬間から導入・運用定着までのプロジェクトとして捉える必要があります。この「プロジェクト」というものは、社長が単に「がんばれ!」と激励するだけでは全く進まない状況に陥ることがしばしば発生するもの...

詳細はこちら

日本の経済が伸び悩む組織的要因とは?

2022年5月23日 船坂光弘

戦後の高度成長期を終え、リーマンショックが起こって以来、日本は経済的な低迷を続けております。 その理由としては、様々な理由があると思うのですが、その中でも「組織運営」の方向転換において日本は失敗をしたという要因が、私は大きいと思っています...

詳細はこちら

やっぱり人は見た目

2022年5月2日 西江力

「人は見た目が9割」という本があります。しかし、個人的には「人は見た目が12割」くらいかな…と思っています。つまり、人間には「見た目」だけでその人を過大評価、あるいは過小評価してしまう傾向があるということです。 余談ですが、「人は見た目が...

詳細はこちら

ギャップを埋める

2022年5月6日 村松利孝

さて今回は、「ギャップを埋める」です。 GWオンライン相談でお会いした方のお話です。 現状の仕事が減っている。 工事単価が厳しくなって、全然儲からない。 仕事が切れた時の同業応援金額も、昔よりずいぶん安くなった。 毎回、無理な工期...

詳細はこちら

20年後に感じる名人の「庭」

2022年5月16日 吉岡孝樹

忙しい「春の庭」   例年、自宅の庭には春になるとタケノコが生えてきます。50坪少しの敷地ですが、隣に攻めていかない条件なので新築事に竹を植えたからです。最初に植えたのはもうとっくに枯れてしまっていますが、その「子孫?」がその...

詳細はこちら

若者の知恵を借りるには

2022年5月17日 西田純

いつの世も、新しい知恵をもたらしてくれるのは若者たちです。多くのB to C企業にとっては「何をいまさら」という話かもしれませんが、それがB to B企業、なかんずく技術の比重が高い製造業においても、頭から否定されるような話ではないことは多...

詳細はこちら

資金繰りを悪化させる社長の共通点

2022年5月19日 舘野愛

資金繰りに関する悩みは、会社経営をする社長であれば、一度や二度、人によってはそれ以上に経験する悩みごとのひとつです。 もし、資金繰りで悩んだことがない・・・という場合は、自分が社長に就任する前の段階で、「潤沢な資金」と「盤石な財務体質」が...

詳細はこちら