社長向け人気の経営コラム | 日本コンサルティング推進機構

本物のコンサルティングをより身近に。

社長向け人気の経営コラム

表示期間:

自宅案内で見えたこと

2021年4月19日 吉岡孝樹

自宅見学ご案内あれこれ 鹿児島で家を建ててもらってから10年ぐらい経ったころ、大人数の方々がご見学にお見えになる機会が多くありました。工務店さんの場合、視察ツアーなどで大型バス2台分、1台ずつ2回に分けて総勢100名規模。見込のお客様...

詳細はこちら

お金と幸せを生み出す事業プランの立て方

2021年4月30日 村木則予

仕事柄、創業者のビジネスプランを聞くことが多いのですが、ときどき「出来はいいけど、インパクトゼロ」というプランに出会うことがあります。先日、聞いたプランもその一つ。現状分析やマーケティングのフレームワークも踏まえていて、よくできているの...

詳細はこちら

欠点を指摘されて伸びる人腐る人

2021年4月23日 矢場田勲

今、内向型が才能開花する方法を教える「インナーフォース」という講座を開催しています。 こんにちは、超絶内向型人間の矢場田です(^^) 先日、この講座内で「ナチュラルインパクト」というワークをしました。 ナチュラルインパクトとは、簡...

詳細はこちら

変わりゆく「知」と、変わらない「智」

2021年4月26日 吉岡孝樹

コロナ禍のレガシー コロナ禍が続き、不自由になった事が何かと増えました。一方で便利になった事もあります。そのひとつがオンライン化です。 地方に住んでいますと見たいアーティストのライブや展覧会などは開催都市が限られていて、まず巡回して...

詳細はこちら

コンサルタントなんて役に立たない!?

2021年4月16日 細井透

ある年の暑い夏の日、流れる汗を拭きながらその社長は当社にやってきました。 「こんにちは、ようこそ暑い中を」 そう型通りのあいさつをし、席を勧めて冷たいお茶を差し上げ、一息ついたところで 「大体のご用件はうかがっていますが、もう少し...

詳細はこちら

収益計画の数字をどうやって決める?

2021年4月20日 後藤昌彦

突然ですが、皆様は事業計画等で将来の収益計画を策定されたことがあるでしょうか? 銀行への融資の相談、補助金の獲得、連携先企業に対するアピール等々、目的はいろいろあると思いますが、企業の経営者なら間違いなく将来の収益計画は考えたことがあ...

詳細はこちら

間違った資金繰り思考の弊害

2021年4月22日 舘野愛

今は、いわゆる「コロナ融資」が活況ということもあって、金融機関も、それから企業側も、「まずは、取り急ぎコロナ融資で資金を注入して…」という会話が当たり前になってきつつあります。 経営の中身はともあれ、とりあえず要件に当てはまれば、だれ...

詳細はこちら

経営者が結果責任を負うのは当然のこと

2021年4月20日 大石吉成

今日は久しぶりに地方の顧客へ会いに出かけている。非常事態宣言が解かれたとはいえ、顧客の中には当面の訪問はご遠慮願いたいという企業もある。コロナ禍にあって私のような直接の対面、面談を想定したビジネスモデルを持つ業種の企業は対応に苦慮してい...

詳細はこちら

父と子の関係性が厄介なのには理由がある

2021年4月27日 大石吉成

親子経営コンサルタントの看板を掲げた7年ほど前、今思えばしばしば相談の電話がよく掛かっていた。父親が息子の面倒を見て欲しいという電話より、どちらかと言えば息子さんが父親と上手くいっていないという電話の方がとても多かったのを覚えている。な...

詳細はこちら

『家電』の後を追う『住宅産業』

2021年5月6日 吉岡孝樹

家電の選択に悩むお施主様たち これから新築をというお客様から「新しい家に置きたい家電製品ってないですよねー」というお言葉はよくいただきました。 確かに最近買える国産の製品はデザイン的に妙な主張があったり、多機能感を醸し出すピカピカ発...

詳細はこちら

見積作成時間と期限

2021年5月6日 村松利孝

さて今回は、「見積作成時間と期日」です。 現場が忙しい時に限って、たくさん依頼が来る工事見積。 元請からの見積りは、きっと提出期限が決まっているので、何が何でもその期日までに間に合わせますよね。 でも、例えば知り合いの人に頼まれた...

詳細はこちら

『ブランディング』考

2021年5月10日 吉岡孝樹

ブランドとは何か?   「ブランド」は元々、牧場の所有者が自分の家畜などに焼印を施し、他者の家畜と区別するために行われた行為を表す北欧の言葉に由来していると言われている。商標法で保護されている「ブランド」も、同じような商品...

詳細はこちら

職人社長が変わった!

2021年4月23日 細井透

中小企業では社長が現場に張り付いてしまい、経営がまともにできていない会社があります。社長が職人肌で現場が好き。細かい数字や煩わしい取引先との関係は嫌いという会社です。社長が現場に張り付いてしまっているので日々の数字の変化は分からず、経理...

詳細はこちら

コロナ禍でも成功する経営者の考え方

2021年4月30日 高窪祥文

「今夏プレミアムバージョンの新商品を発売するのに、これまでの商品をご利用いただいているお客様向けのアンケートをしているのですが、ご協力いただけませんか?」── いつもエネルギッシュで笑顔が印象的な、とある飲食関連の経営者の方からの協力依頼で...

詳細はこちら

象を食べるなら

2021年5月6日 西田純

昨年から今年にかけて、コロナ禍による商環境の急激な変化は世界経済を大きく変質させました。他方でカーボンニュートラル2050に代表される脱炭素化の動きもまた、経済の仕組みを大きく変えるものになると見られています。 いずれも古いものと新し...

詳細はこちら

生き残る会社が重視すること

2021年5月6日 舘野愛

ウィズコロナ時代が2年目に突入し、どんな業種業態であっても少なからず今までの経営のやり方を見直さざるを得ない局面になってきました。 ここ最近、強く感じるのは、どの業種業態であっても、全てが軒並み「良い」とか「悪い」というわけではない…...

詳細はこちら

優れた営業パーソンの聴き方

2021年5月12日 村木則予

仕事の打ち合わせやコンサルティングの現場で、「この聴き方はすごいな」と思う方に時々出会います。一言で言うと、すごく自然。コーチングやカウンセリングの世界では、傾聴のテクニックがありますが、優れた営業パーソンの聴き方はテクニックを感じさせ...

詳細はこちら