トップ > 社長向け人気の経営コラム

表示期間:

「社長のトリセツ」がベストセラーになる前に

2020年1月22日 村木則予

「社長のトリセツ」がベストセラーになる前に

先日、ある会社で中堅クラスの女性と話をする機会があり、上司との関係に悩む女性が少なくないことに改めて気づきました。一言でくくってしまえば、人間関係の悩みなわけですが、どうもそこには、理想の上司イメージと現実との典型的なギャップが存在して...

詳細はこちら

集団と組織の違いがわからないリーダーは必ず組織を壊す、その理由とは?

2020年1月16日 木村英一

集団と組織の違いがわからないリーダーは必ず組織を壊す、その理由とは?

私が最初にM課長と話した時、M課長は残業時間ランキングの常連でした。社内でもダントツに長い残業の理由を聞くと「いやぁ、人が足りないので、ついつい手伝いにいっちゃうんですよ。」とM課長は、人懐っこい笑顔をしながら、左手で、頭をかきかき答え...

詳細はこちら

視点を変えると宝に気づくという話

2020年1月9日 村木則予

視点を変えると宝に気づくという話

あけましておめでとうございます。どんなお正月を迎えられたでしょうか。 毎年恒例の初参りに神社へと行ってまいりました。この神社、結構な山の中にあり、駐車場に車を停めてから本社まで延々と階段を上っていったところにあります。その上り階段は多...

詳細はこちら

朝20分の環境整備

2020年1月15日 村松利孝

朝20分の環境整備

さて今回は、「朝20分の環境整備」です。 あなたの会社では、掃除や、道具の片づけ、メンテナンスは誰がやっていますか? 社長のあなたでしょうか? それとも職人社員に任せているのでしょうか? それらは、どれぐらいの間隔でやっているの...

詳細はこちら

新年に針を探す。

2020年1月9日 古崎千穂

新年に針を探す。

あらためまして、新年明けましておめでとうございます。2020年東京オリンピックイヤーの幕開け、心の高まりをお感じになっておられるのではないでしょうか。先日、わたくしどもでは、お客様と新年の打合せをいたし、終了後に社長行きつけの老舗蕎麦店...

詳細はこちら

お客さんと出会う費用

2020年1月8日 村松利孝

お客さんと出会う費用

さて今回は、「お客さんと出会う費用」です。 先日、ある下請の専門工事店の方とのお話の中で、 「直接工事をするって、それって営業がいないとだめではないですか?」 さらに、 「やったことないけど、ネットとか、折込広告とか宣伝出さない...

詳細はこちら

他社と差別化できる唯一無二の方法

2020年1月10日 四谷剛毅

他社と差別化できる唯一無二の方法

「他社と差別化できる確実な方法はありませんか?」 しばらく前にお会いしたある経営者の方からのご質問です。 他社との差別化は、多くの企業が悩んでいることです。そういった企業では、他社との違いが出せずに、コストだけを比較されて過当競争に...

詳細はこちら

会社の将来を約束するキーワード

2020年1月16日 村木則予

会社の将来を約束するキーワード

先日、新聞を読んでいたら、今後の社会の発展を促進する要素をAIに診断させたら、道徳心と利他性という2つのキーワードが出てきた、という主旨の記事が掲載されていました。 ITやマーケティングといったテクノロジーや方法論ではなく、人のあり様...

詳細はこちら

値決めこそ経営。あなたの会社の商品価格は、あなたの会社の真の価値を表しているか?

2020年1月16日 園和弘

値決めこそ経営。あなたの会社の商品価格は、あなたの会社の真の価値を表しているか?

当社は今年3月に5期目の決算を迎えますが、 おかげさまで過去最高の増収増益となりました。 思い返せば、創業当初は1件のクライアントしかなく(ゼロよりは大変ありがたかったです) コンサルティング料も今の半分以下の良心的すぎる? 設定で...

詳細はこちら

SNSが苦手なんです

2020年1月16日 矢場田勲

SNSが苦手なんです

「Facebookで本名を公開したくないから、やりません」 「顔出しはNGだから、やりません」 「SNSは悪用されるからやりたくない」 「知らない人からメッセージがしつこく来るからイヤ」  はい、こういう方、結構多いですね。  ...

詳細はこちら

守破離

2020年1月22日 村松利孝

守破離

さて今回は、「守破離」です。 先週個別のご相談をいただいた専門工事の社長さん。 現状下請8割だか、今後自分で仕事を取っていく体制も作りたいとのこと。 ただ、現状毎日、多忙な日々を送っており、自分の代わりもいないのでとても難儀をされ...

詳細はこちら

社長の「情報発信」が「商圏」を変える―「届く範囲の親近感」を戦略的に実現していくには―

2020年1月14日 海江田 博士

社長の「情報発信」が「商圏」を変える―「届く範囲の親近感」を戦略的に実現していくには―

どんな商売にも「商圏」というものはあります。 特に地方の中小企業の場合、今後その「範囲」が大きな課題として検討を迫られてきます。 「商圏」の見直しは、商売を継続していく上での必須事項になっていくでしょう。 何故でしょうか? それ...

詳細はこちら

考える、と行動を区別する

2020年1月6日 村松利孝

考える、と行動を区別する

さて今回は、「考える、と行動を区別する」です。 年末は、気ぜわしく、やろうと思っていたことは完全には終わりませんでした。 ただ、休みに入り、2019年に出来たこと、出来なかったこと、手帳で振り返ると、 結構、去年も色んなことやった...

詳細はこちら

改革は「N」から始めなさい

2020年1月24日 古崎千穂

定期的に開催しておりますセミナーでは、メーカーの経営者様や幹部の方が多く参加されます。中には質疑応答の時間に、自社商品を大きなキャリーバッグから出され、アドバイスを求められる経営者の方もいらっしゃいます。 初めてお会いした「場」でこの...

詳細はこちら

社長、異端児になれますか?―先駆者は常に異端児であったことを忘れない―

2020年1月6日 海江田 博士

社長、異端児になれますか?―先駆者は常に異端児であったことを忘れない―

私は異端児? 「異端児」という言葉があります。 よく使われるのは「業界の異端児」とか「地域では異端児扱い」とか「学校では異端児だった」といったような表現でしょうか。世の中の、ある種のコミュニティであるとか組織であるとかでは、その内部...

詳細はこちら

「遅延と優柔不断は仲が良い。これが一緒に起ると最悪です。これを仕組みで変えていくには…」

2020年1月6日 伊藤稔

「遅延と優柔不断は仲が良い。これが一緒に起ると最悪です。これを仕組みで変えていくには…」

「先生 今まで、全ての売場がギリギリでどこもやってくれてると思っていたのですが、意外にも、必要ないところに結構時間をかけていたり、まだまだ、配分をかえていけば、十分できることがあることが解りました」とある店長は取り組み内容を報告してくれ...

詳細はこちら

劇的コンセプトリニューアルの具体策

2020年1月16日 古崎千穂

劇的コンセプトリニューアルの具体策

年が明けて2週間が過ぎました。一般的に、正月シーズンはお餅を焼く機会が増えるものです。わが家の子供も食べ盛り。あまたの餅を焼きながら、指先である異変に気がつきました。焼き餅に欠かせない海苔、その海苔が、薄い、、、。 いつも使っているあ...

詳細はこちら

月刊誌(無料)登録フォーム

×