トップ > コラム > 採用した人材が育たない・・・の本当の原因と対策

採用した人材が育たない・・・の本当の原因と対策

  年商10億事業構築 矢田祐二 SPECIAL
矢田祐二 SPECIAL

年商10億事業構築コンサルタント

株式会社ワイズサービス・コンサルティング 代表取締役 矢田祐二

指導暦18年、これまでに200社以上の実務コンサルティング実績を持つ経営コンサルタント。「10億円事業構築」に強みを持ち、直近5年では、導入後数年で年商数億が10億越えをした企業は20社以上と驚くべき成果を出している。

当コンサルタント開催セミナーがあります。

矢田祐二3

『矢田先生、中途採用した彼を何とかしたいのですが』とセミナー終了後に質問がありました。

20代後半の業界未経験者を採用したとのこと、
社長、「もう半年前も経とうとするのに、成果も出ていません。そして、最近では、やる気も感じられません。」と

矢田は、質問をさせて頂きました。

「その社員の何が問題なのですか?」


 

採用した社員が思うように戦力化できない会社では、よくこのようなご質問を受けます。

こういうケースでは、まずは、その社員の課題をしっかり観る必要があります。観てみると、大きくは下記の2つに弁別できるはずです。

1.やる気がない:やる気を持った人材になってほしい  

または、

2.常識がない:望ましい行動をとってほしい  

かです。

後者の望ましい行動をとってほしい、この行動をさらに分解すると、「スキル」と「態度」のどちらかを指すことになります。

  • その業務をこなすだけのスキルすなわち技量や知識が足りない、という場合と 
  • 仕事に対する態度が良くない、という場合です。

このような場合には、当たり前ですが、まずは本人に望ましいコトをしっかり伝える必要があります。

スキルが不足するのであれば、その業務で必要となるスキル(技術・知識)を身に付けるためのトレーニングを行います。そのために、マニュアルで説明する、や、反復で練習をさせ、チェックし再度指導するということが必要です。その上で、やらせてみ、最低限の知識と技能が身に付いているかどうかをチェックします。

て、態度についても期待することをしっかり伝えます。
「朝の挨拶は元気な声で、相手の目を見てすること」
「メールで上司や顧客に重要なことを送ったら、見たかどうか、を確認してください」
「顧客からの要望やクレームなどは、すぐに報告してください」など、ビジネスマンとして、そして、自社の社員として、守ってほしい態度を伝えます。

これらのスキルと態度については、『伝えること』が重要になります。この2つは、しっかり伝えて初めて出来る様になります。正確に表現をすると、伝えることで「出来る様になる可能性」をその社員は初めて得ることができるのです。

伝えなければ、その社員は当然できません。その機会を与えることなく、「常識がない」と評価を受けることになります。

自社として期待すること、自社の常識は伝えなければ絶対にできません。しかし、この当たり前のことをやっている会社は、少ないというのが実状です。

  • 採用面接の時に、雇用条件だけを伝える。
    ・・・・事業理念や基本的な職場のルールなど伝えていません。
  • 入社当日に、いきなり、作業を与えます。
    ・・・・会社としての基本的な考え、事業の方針、就業のルール、職場のルールも説明していません。

いと休暇の申請の仕方や交通費の申請の仕方さえも教えていません。そして、その後の訓練もありません。面談でフィードバックを受けることもありません。

何にも無いのです、これで、まともに「社長の期待」どおりの態度をとることが出来るのでしょうか。そして、その社員の人間性や社員の人生に対し、誠実に向き合っているといえるのでしょうか。

伝えていないのです。


 

そして、この基本の徹底の先に、仕事の成果があります。基本が無いところに成果は絶対に出ません。

誰も、挨拶や基本的なマナーが出来ていない人から何かモノを買おうとは考えません。基本的な知識もない素人と一緒に仕事をやりたいとは思いません。

当然、成果は出ません。そして、当然、仕事は面白くありません。仕事の楽しさとは、「自分が人の役に立っている」という喜びがあってこそです。でも、基本的な態度もスキルも出来ていないので成果もません。そして、入社当時の新たな道で頑張ろうと言う初心は、いつしか失ってしまうのです。

それが、1のやる気の無い、やる気のある人材になってほしい、という状態をさします。

会社から、必要とするスキル、態度を伝えること。

高校入学時には、子供と保護者へのオリエンテーションがあります。中学校の修学旅行では、その目的とルール、スケジュール、非常時の対応などをまとめたしおりがあり、説明を受けます。小学校の遠足でもしおりはあります。

基本は「事前に説明」なのです。小学校の遠足以下の会社が多すぎるのです。経営理念はあっても、入社時のオリエンテーションやその資料がない、は異常事態です。その社員に何かを望む前に、人の人生を預かる、人を使って成果を得る、経営者としての責任を果たすことです。


 

人は、規律ある生活、基本的なマナーという当たり前の毎日を過ごすことで、『人』として育つことができます。日々の挨拶や整理整頓を真面目に繰り返すことでしか「人格」は高まらないのです。

また、実務の向上や顧客の課題の解決を目指し、日々繰り返すこと、工夫をすることで、『プロ』として育っていきます。

この基盤なくして、人の成長も、人の幸福もないのです。

彼らにチャンスを与えてください。

 

当コンサルタント開催セミナーがあります。

年商10億円への経営視点
矢田祐二

年商10億事業構築コンサルタント

株式会社ワイズサービス・コンサルティング代表取締役

矢田祐二

執筆者のWebサイトはこちら http://www.yssc.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×