トップ > コラム > これからの変化の時代に向けてのカイゼン[20]

これからの変化の時代に向けてのカイゼン[20]

  現場改善 柿内幸夫 SPECIAL
柿内幸夫 SPECIAL

現場改善コンサルティング

柿内幸夫技術士事務所 所長 柿内幸夫

メーカー企業の現場改善指導と、「儲かる新たなモノづくり」体制を指導する辣腕コンサルタント。全社員が一丸となって改善する「KZ法」を体系化。ライバル企業に対して圧倒的な差を生み出していく体質改善指導に、全国から指導依頼が集まる。


今回は『儲かるメーカー 改善の急所101項』【急所39】の解説です。

【急所39】 問題は、見えるようにした時点で八割解決する。(2)

先回の文章は、「すぐに現場に行って見えていないモノを探して見えるようにしてください。」で終わりました。いかがでしたか、見えていないモノが見つかりましたか?

先回のマンガで社長が「とんちじゃないわ!!」と言っていましたが、まるでとんち問答のようだと思った方もおられたかもしれませんね。そうなんです、「見えていないモノが何か?」はかなり高度な問いかけです。

でも実は見えていないモノは驚くほどたくさんあります。例えばトヨタ生産方式の「7つのムダ」。は見えますか?

つくり過ぎのムダ、手待ちのムダ、運搬のムダ、加工そのもののムダ、在庫のムダ、動作のムダ、不良を作るムダ、この7つのムダのない工場はないでしょう。どこにいってもたくさんあります。しかしそれらの多くが見えない状態で存在しているからたちが悪いのです。もしこれが全部見えるようになって、すべてをみんなで改善していったら不良はゼロになりコストは半減するのではないでしょうか!

そこでこれからこの7つのムダの改善を始めたいと思います。今日はその初日です。早速宿題を出しますね。

この7つを暗記してください。手帳に書いておいてその都度見るでは遅すぎます。頭の中にこの7つのムダをがっちり彫り込んで、現場に立って周りを見ると、次から次へとこのムダが見えてしまい気になってしょうがないという状態を作るのです。そのためにはまず暗記すること、そうするとこれまで見えなかったムダが次々と目の前に現れます。ムダが発生したのではありません。元々あったのに見えなかったので放置されていたのが見えるようになったのです。

とはいえ、この頃はコンピュータやスマホなど便利なツールの発達のお蔭で、私たちは日常生活でモノを暗記する必要がほぼありません。ですからたかが7つといえけっこう苦労する可能性があります。私がそうでした。26年前にコンサルタントになった時に、この暗記がなかなかできなかったという情けないスタートを切ったのです。

そこで私はつくり過ぎの「つ」、手待ちの「て」、運搬の「う」と頭文字(?)を並べて「つてうかざどふ」といって覚えました。これはトヨタ生産方式の順番ですが、順番を気にしないなら「かざってとうふ」でもOKです。

リーダーには武器が必要です。7つのムダの暗記はその一つです。次回までに頑張って武器を一つ増やしてください!

 


【メーカー社長必読】日本のモノづくりの新視点
柿内幸夫

現場改善コンサルティング

柿内幸夫技術士事務所所長

柿内幸夫

執筆者のWebサイトはこちら http://www.kakiuchikaizen.com/

当社の関連商品を販売しています。
当コンサルタントの執筆書籍をご案内
月刊誌(無料)登録フォーム

×