トップ > コラム > これからの変化の時代に向けてのカイゼン[23]

これからの変化の時代に向けてのカイゼン[23]

  現場改善 柿内幸夫 SPECIAL
柿内幸夫 SPECIAL

現場改善コンサルタント

柿内幸夫技術士事務所 所長 柿内幸夫

メーカー企業の現場改善指導と、「儲かる新たなモノづくり」体制を指導する辣腕コンサルタント。全社員が一丸となって改善する「KZ法」を体系化。ライバル企業に対して圧倒的な差を生み出していく体質改善指導に、全国から指導依頼が集まる。

【急所76】 モノの流し方を疑え。(2)

先回、私たちはついつい物事を習慣的に見てしまうし、考えてしまうといったことをお話ししました。

例えばコンベアを使った自動車の組み立てラインを思い浮かべてみて下さい。頭の中の組み立てラインではコンベアに自動車のボデーが進行方向・前向きに載って動いていませんか? あるいは電気モーターで走る電気自動車とガソリンエンジンで走る普通の自動車は別々のラインで組み立てられていませんか? これまでの常識では自動車はコンベアの進行方向に向いて動くし、全く構造が違う車種は別のラインで組み立てられるものでしょう。 

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

しかし現在ではコンベアに対して横向きに置かれた組み立てラインができています。確かにこうすることでコンベア全長が短くなるので面積や設備管理や投資額や管理等で有利な面が多くあるでしょう。あるいは日産自動車追浜工場ではガソリン車と電気自動車は同じラインで同時に組み立てられています。
 
三菱自動車 横置きライン
https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/653693.html
 
セントラル自動車(トヨタ自動車子会社) 横置きライン
https://blog.still-laughin.com/archives/2011/01/post-5496.html
 
日産自動車追浜工場 電気自動車(リーフ)組み立てライン
http://www.nissan-global.com/JP/PLANT/OPPAMA/
 

これらは一回見てしまえば当たり前のように思えてしまうのです。しかしそれまでなかった新しい考えを生み出し実現するのには相当のご苦労があったことでしょう。こういうチャレンジングなアイデアとそれを実現するまで頑張るガッツはこれからの日本の製造業には極めて大切なことです。

先回お伝えしたE・C・R・Sを使って新しいモノの流し方を生み出しましょう!

 

【メーカー社長必読】日本のモノづくりの新視点
柿内幸夫

現場改善コンサルタント

柿内幸夫技術士事務所所長

柿内幸夫

執筆者のWebサイトはこちら http://www.kakiuchikaizen.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×