トップ > コラム > 『達成したい目標』と『やらされている目標』の違い

『達成したい目標』と『やらされている目標』の違い

  ホスピタリティビジネス 船坂光弘 SPECIAL
船坂光弘 SPECIAL

ホスピタリティビジネスコンサルティング

ザ・ホスピタリティチーム株式会社 代表取締役 船坂光弘

「お金になるホスピタリティビジネス」構築の専門コンサルタント。ホテルやウェディングビジネスのみならず、異業種のホスピタリティを軸とした新ビジネス立ち上げも指導。


組織である以上、何かしらの目標を持ってその達成に向かって邁進することは、我々が仕事をする以上、重要なミッションです。

私が各企業において、経営者に課題をヒアリングすると必ず出てくる課題が、この目標達成に対する社員の意識の低さという課題です。

話しをお聞きすると『数字の意識が低い』『達成しても達成しなくて給料が変わらないのでやらない』『やらされ感になっている』など、各スタッフが目をキラキラさせて目標に邁進する姿とはほど遠いのが現実のようです。

では、経営者に『目標設定のプロセスを教えてください』と聞くと、目標は年度末に、各所属長に提出してもらい、会社全体とのバランスを鑑みて決定している。

そして、それを達成する為に何をするといった行動計画を提出してもらっているという回答が殆どです。

それでは、各所属長はどうやって目標設定をしているかというと、今年度の数字を見ながら、その数字にプラスアルファをして、会社に提出しているという感じです。

さて、この目標設定のプロセスで、スタッフ全員が目標達成の為にひとつなって行動するでしょうか?

少なくとも、会社である以上、稼がないと給料がもらえないという視点で、義務感で目標を追いかけることはあっても、スタッフたちが自分が達成したい目標にはなっていないことは確かです。

従って、目標設定の時点で大きな欠陥があります。

それは『その目標に想いがないこと』です。

その想いとは何でしょうか?

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

それは『この組織がこの1年でどうなりたいか?』という組織全員が目指したい『1年後のなりたい組織の姿』が無い為、ただの数字の目標設定だけでは、人は自発的には動きません。

私が組織力向上のサポートをする時にまず最初にするのは、この『なりたい組織の姿』の設定です。

組織の大きさにもよるのですが、まず、できるだけ全メンバーを集めて、『組織の課題』『自分達のなりたい姿』『この組織に足りないもの』等を共有、議論する会議を開催します。

そこらから出た意見やアイデアを参考にして『なりたい組織』の姿を設定します。

あるホテルは、

『快適な職場環境の中、未来志向とプライドを持つことで、お客様の期待を満足に変えるホテルとなる。』

あるレストランは、

『スタッフ全員が何よりお店を愛し、地域や地元の方に信頼され、
心が喜ぶおもてなしで、「やっぱりここが一番だね」が毎日こだまする店になる。』

お分かりいただけますでしょうか?

組織により課題は様々で、

前者は、『快適な職場環境』『未来志向』『プライド』が今の組織には足りない、

後者は、『スタッフが店を愛する』『地元の信頼』『おもてなし』が足りない、

といった各スタッフが思っていた組織の課題が共有され、それを明文化することでそれを解決することが組織の共通テーマとなり、そこに対する具体的なアクションも出やすくなります。

これらを課題解決をし、『なりたい組織の姿』になることが、結果的に売上などの目標数字をクリアすることに繋がっているのです。

そもそも、この事例を見て分かるように、『組織環境が悪い』『スタッフが店を愛せていない』という状況で、幾ら素晴らしい目標数値の設定があっても、スタッフが心から達成しようとなることはありませんよね。

それよりも『お客様に喜んでいただく』『この職場を良くする』ことを明文化し、それに対する達成基準が目標数値であるほうが、よほどやりたい目標設定になるのです。

私は、このような目標設定でスタッフがイキイキと目標に向かって甦ってきた組織を沢山見てきました。

そして、このような目標設定の仕方を変えるだけで数字という結果も必ずついてきます。

皆さんの会社は『やりたい目標設定』できていますか?

 


【経営コラム】ホスピタリティで新ビジネスを生み出す視点
船坂光弘

ホスピタリティビジネスコンサルティング

ザ・ホスピタリティチーム株式会社代表取締役

船坂光弘

執筆者のWebサイトはこちら http://www.thehospitalityteam.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
当コンサルタントの執筆書籍をご案内
月刊誌(無料)登録フォーム

×