本物のコンサルティングをより身近に。

「銀行」に頼り過ぎてしまう社長のキケン

SPECIAL

ダイヤモンド財務コンサルタント

ユメリアコンサルティング株式会社

代表取締役 

次世代経営者専門の財務コンサルティング機関。同族会社のオーナー社長・二代目社長に対して、経営基盤を頑強なものにする、「ダイヤモンド財務」の築き方を指導。

当社はには、会社経営にまつわるお金の相談ごとが寄せられます。中でも、会社のお金に密接に関連する「金融機関対応」については、ほぼ日常的にご相談を受けます。 

「お金」は事業永続のキーポイントです。「売上が増える=潰れない会社になる」のではありません。財務が岩盤だからこそ、事業を自由自在に操れ、潰れない会社になるのです。 

潰れない会社づくりをしたいのであれば、キャッシュを手元に置いておくことを最優先に考えなければなりません。実際に「お金が不足してきた…」という大切な局面において、誤った経営判断を下してしまう社長さんが多いのです。 

多くの社長が本質的な「財務」を知らないまま、場当たり的な方法で資金調達を繰り返し、下記のような一般的な間違った常識を鵜呑みにしているのです。 

「銀行が貸してくれるだけ借りておく…」 
 「金利は安ければ安い方がいいから、他の条件は銀行の言う通り…」 
 「ウチのような田舎は、連帯保証や担保は当たり前…」  

万が一、銀行対応に漠然と臨んでいたり、銀行担当者に提示されるがままの条件で資金調達をしていれば、今の瞬間は乗り切れても、5年後10年後の「未来」は不確実なものになる可能性が高くなります。 

事業存続のために、財務中心の会社づくりを行う一方で、時代の流れを感じ取りながら融資の「戦略」を常に進化させていくことなのです。 

融資というと、よく「銀行から資金をいかに引っ張るか」「金利をどれだけ下げられるか」といった表面的で小手先の戦術論を熱心に取り組む人がいます。しかし、それは自社の財務を無視した悪手に終わるケースがほとんどであると、社長は知っておくべきなのです。 

経営を改善したいと思うのであれば、社長は、自社独自の「財務戦略」をもつべきなのです。財務戦略をもたず、やみくもにお金を借りていれば、いずれ財務は悪化します。 

矛盾するような話ですが、銀行は、会社側の財務を厳しくみる一方で、会社の財務を棄損するような取引をセールストークで持ち掛けてきます。よって、社長にとって、「銀行が言ってきているから大丈夫」という思考停止が状況を悪化させるのです 

安定的に金融機関から資金供給ができている会社は、「会社」が「銀行」を選ぶという重要かつ最もシンプルな考え方を知っています。会社が銀行を選ぶということは、銀行側に、「ウチの銀行なら、御社に融資を通じて役に立てます」と感じさせなければなりません 

社長の仕事は、強く永く続く会社づくりをすることです。もっといえば、会社の未来を創ることです。 

あなたは、社長として会社の未来をつくれていますか 

ダイヤモンド財務®コンサルタント
 舘野 愛

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。