トップ > コラム > 9割は間違える学びを実践する手順

9割は間違える学びを実践する手順

  ミッションマーケティング 佐治邦彦 SPECIAL
佐治邦彦 SPECIAL

ミッションマーケティングコンサルタント

株式会社サンアスト 代表取締役 佐治邦彦

これまで500社以上の支援から編み出した、顧客満足と収益の最大化を、同時に実現していく独自の手法「ミッションマーケティング」の創始者。飲食店、ホテル、住宅関連、サービス業、学習教育企業…など、お客様思考がなかなか利益につながらずに悩む経営者に、収益をもたらし大きな成長を実現させるコンサルタントとして評価が高い。

コチラより動画をご覧いただけます。

学んでもうまく落とし込めない方は、学びの手順を知らないということが最も大きな原因になります。ではその手順とはどんな手順かについてお話していきます。

学びを実践する手順「単純化」「標準化」「仕組み化」「標準化」

これはですね「単純化」「標準化」「仕組み化」「システム化」の四つの手順なんですね。

まずは「単純化」ということなんですけど、まず落とし込む時には単純化から行う必要があります。何かに絞り込んで行うことによって現場の負担が減少します。これによって現場も前向きに取り組むことができるようになるのです。

2番目が「標準化」です。これは「誰が」「いつまでに」「何をするのか」これを明確にすることです。これによってできたのかできなかったのかということも明確になってきます。

3番目は「仕組み化」。これは活動の評価と改善です。実際に行ったことが良かったこと悪かったことを評価しそして改善する。

そして最後が「システム化」です。人がやらなくてもいいことに関しては機械やテクノロジーに置き換えていく。この手順でですね、学んだことを落とし込んでいくことによって現場がどんどん改善されていきます。

学びに失敗する人は「複雑化」から入っていく!

学んでも落とし込むことができない人は、多くの会社はまず最初から「複雑化」から入っているということが問題です。実際に今の業務はそのままにして新しく何かを付け足していく。
学んだことをさらに追加していくというそういう習慣を持つことによって、最初から経営者が学んでくると現場はまた大変になるというところで、そのような状況に陥ってしまいます。
まずは自社の落とし込みの手順について振り返ってみてください。

 

お客様思考と収益力を高める経営視点
佐治邦彦

ミッションマーケティングコンサルタント

株式会社サンアスト代表取締役

佐治邦彦

執筆者のWebサイトはこちら https://www.sunast.co.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×