費用対効果の高いマーケットリサーチを | 日本コンサルティング推進機構

本物のコンサルティングをより身近に。

費用対効果の高いマーケットリサーチを

SPECIAL

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー)

代表取締役 

知的財産、マーケティング、マネジメント…を融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創るコンサルタント。「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組みづくりに定評がある。

「後藤さん、ちょっと相談があってお電話しました。知財経営ネットワークというところに後藤さんが所属されていますが、ここでマーケットリサーチをやっていただくことは可能でしょうか?」

これは、先日ある方からお電話いただいた内容を要約したものです。

その方は私が企業勤務をしていた頃から大変お世話になっている方で、お話を
聴いていると、ある企業の事業支援を行う中で市場調査を行う可能性が出てきたとのことでした。

私が所属している(一社)知財経営ネットワークはいろんな士業が集結して中小企業の経営課題を解決する支援を行っている組織です。

参考URL:https://ip-net.org/

この中で、過去にマーケットリサーチもさせていただいたこともあり、企業間のマッチングや知財を活用したビジネス評価なども行っています。

中小企業に限らず、どの企業でも事業を進めるためのステップとしてマーケットリサーチは避けて通れません。

今までに全くなかった技術であってもです。

今までになかった技術でも、市場(顧客)に受け入れられる製品やサービスになるかどうかは全く別物ですし、従来の市場や製品・サービスとの違いを受け入れてもらえるかどうかはマーケットを観ないとわからないものです。

中小企業では、経営資源が限られているためマーケットリサーチは外部に依頼する場合が多いと思いますが、その場合でも、できるだけ費用対効果を高める(リーズナブルな価格で該当市場の現状と将来性を予測する)ことが必要ですね。

(一社)知財経営ネットワークは、ベテランの中小企業診断士も在籍しています。相談にも乗らせていただきます。

ターゲット市場の調査と自社事業の関わりを把握することを忘れないで行ってください。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。