本物のコンサルティングをより身近に。

「脱 下請」経営者が構築すべき営業の仕組み

SPECIAL

銀行活用で新規開拓コンサルタント

株式会社結コンサルティング

代表取締役 

銀行活用で新規開拓の仕組みづくりを行うスペシャリスト。31年間の銀行員経験で、法人4,000社以上を担当、審査部担当者としての企業審査は1,000社超の実績を誇る金融のプロフェショナル。
売上が倍増した雑貨メーカー、バックメーカー、新事業を立ち上げた化粧品メーカー、更には海外進出に成功した事例など、累計で100社以上のビジネスマッチングを成功に導いた実績を持つ。

「下請から脱却するために、経営者として思うところを実現させようと考えているのですが、いままで下請オンリーでしたので営業担当がいません・・・。営業担当者がいなくても「脱 下請」は可能でしょうか?」──とある経営者の方からのご相談です。

この経営者の方のように、「〇〇がないのですが・・・□□することは可能でしょうか?」というご質問は、私が銀行員であったときにもたくさんいただきました。

私からの回答は、もちろん「営業担当者がいなくても、現在の人員で営業することは可能。もちろん、「脱 下請」も可能です。」

このようなご質問をされる場合、経営者の頭の中は次の2つのパターンに分かれていると私は考えています。

  1. 〇〇がないので・・・□□することはできない。それでも何かできる方法があれば教えて欲しい。
  2. 〇〇がなくても、▽▽することで、□□することはできると思うが、その内容について銀行員としての知見・考えを教えて欲しい。

先ず、1のパターンを考えるのは、2代目・3代目の経営者や親会社や大口受注先から出向してきた経営者。
学校での成績は優秀で、これまで特に困ることもなく順調に生きてこられた経営者の方に多いように思います。
何事も論理的に考えておられるのですが、常に1+1=2というように、既に答えは決まっているという思考です。

次に、2のパターンを考えるのは、自ら起業したオーナー経営者やプロ経営者として他社などから請われた経営者。
これまでの人生で大変な困難に何度も遭遇し、もがき苦しみながらも自ら工夫して乗り越えてこられた経営者の方に多いと思います。
論理的な思考はもちろんお持ちなのですが、それだけではなく何もないところから新しいものを作り出す、所謂「ゼロイチ」が得意という方です。

銀行員時代から、経営者の方々からご質問・ご依頼をいただいた際は、いずれのパターンの方であっても、できるだけ「〇〇がなくても、▽▽することで、□□することは可能です。」という「ゼロイチ」を意識して対応してきました。

というのも、わざわざ多忙な経営者の方からいろいろなご質問・ご依頼をいただくことにどういう意味があるかを考えると・・・
当然ながら「〇〇がなくても、▽▽することで、□□することは可能です。」という回答なのは当然であり、決して「〇〇がないので、□□することはできません。」はないのです。

銀行員時代に、メインバンクでない経営者の方々からもご質問・ご依頼でファーストコールをいただくことが多かったのは、このような対応を気に入っていただけたからかも知れません。

これから「脱 下請」を目指される経営者の方には、是非、2のパターンの思考を意識していただきたいと思います。
コロナ禍でいままで当たり前であった日常のルールが変わり到来した、ニューノーマル時代を乗り越えていくには、論理的な思考はもちろんのこと、何もないところから新しいものを作り出す「ゼロイチ」思考が必須です。

ニューノーマル時代は、第5次産業革命ともいうべき大転換点です。
日本経済団体連合会の「Digital Transformation (DX)~価値の協創で未来をひらく~【概要】」
では、次のように定義しています。

『Society 1.0 (狩猟社会)→Society 2.0 (農耕社会)→Society 3.0 (工業社会)→Society 4.0 (情報社会)→Society 5.0 (創造社会)「デジタル革新(DX)と多様な人々の想像力・創造力の融合によって価値創造と課題解決を図り、自ら創造していく社会

これまでの産業は業種・製品起点で区分されてきたが、今後は生活者の体験価値・解決される課題別の産業へと置き換わる。
産業構造は、大企業を頂点とするピラミッド型の構造から、協創型のフラットな構造へと転換する

つまり、これまでのように親会社や大口受注先に依存するのではなく、「脱 下請」へと産業構造自体が転換される、と、大企業の集合体である日本経済団体連合会が認識・表明しているのです。
経営者として、このような状況であることをきちんと理解する必要があります。

このような社会情勢を踏まえると、「脱 下請」への転換は必然・必至なのです。
もう躊躇している時間はありません。
第5次産業革命の真只中に経営者として事業を営んでいる以上、「〇〇がないので・・・□□することはできない。」などと悠長なことは言っていられないのです。

営業担当者がいなくても、弊社の「銀行のネットワークを最大限に活用する営業紹介の仕組みづくり」に特化しコンサルティングを活用することで、現在の人員で営業活動をしていくことは可能です。
もちろん、「脱 下請」も実現することができます。

経営者であるあなたが先頭に立って対応することで、一見不可能と思えることを可能にしていくことでしか生き残る道はありません。
社会と経済の歴史的な大転換となるニューノーマル時代を乗り越えて、更なる発展をしていくために、あなたも「脱 下請」のための営業活動からはじめてみませんか?

弊社では、「銀行のネットワークを最大限に活用する営業紹介の仕組みづくり」に特化しコンサルティングさせていただいています。
社会インフラでもある銀行のネットワークを活用したビジネスマッチングで、営業担当者がいなくても新規取引先が自動的に増やせる仕組みづくりを一緒にしませんか?

「売り手よし」、「買い手よし」、「世間よし」という、「三方よし」の経営をご一緒に実現させましょう!

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。