本物のコンサルティングをより身近に。

変化に対応したものだけが

SPECIAL

環境戦略コンサルタント

合同会社オフィス西田

チーフコンサルタント 

環境戦略アドバイザー。数々の多国間環境条約や、国連が提唱する2030年のための持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)を参照しながら、サーキュラーエコノミーなど企業として取るべき環境戦略や、環境対策を通じた長期収益構造の改善などをアドバイスしている。

「強いものが勝つのではない、変化に対応したものだけが生き残るのだ。」あまりにもよく知られたこのフレーズは、このコラムでも度々参照しています。もしもこの言葉がだとするなら、生き残ったものは変化に対応できたということになります。それまでとは違う環境や顧客ニーズに素早く対応して生き残る。そのためには自分も変化しなくてはなりません。

飲食がデリバリーに対応して進化したゴーストレストランや、各種のオンラインサービスは、コロナ禍が収束した後もなくなることはないのではないかと言われていますが、パンデミックの収束はそれ自体がひとつの「変化」ですから、ゴーストレストランの方もそれに合わせて変わらないと生き残れない、ということになります。

この場合、難しいのは対応すべき変化がどのようなものなのかを見極めることが必要になる、すなわち受け身の姿勢からスタートしなくてはいけないことに対して、取り組み自体にはそれまでなかった新しい発想や攻めの姿勢が不可欠だということがあります。つまり受け身の姿勢から攻撃する、みたいなイメージなのですが、素早い切り替えは言うほど簡単なことではないのです。

むしろ、守りながら攻める、あるいは見極めながら提案するというような並行作業を想像頂いた方が実態に近いのかもしれません。変化を知るためには、各種メディアの記事を読んだり各種セミナーや講演会に出たりするわけですが、それを続けながらも常に対応策について頭を巡らせている。経営者の多くはそうやって日常を過ごしています。

予感することができた未来への対応策を考えて、それを提案してみる。ちょっと早すぎたり、ちょっと距離感が残っていると全然売れなかったりすることも珍しくはありません。しかし何度か失敗しているうちにコツがわかってきます。そしてある時、熟した柿が落ちるように手ごたえが感じられるようになるのです。

変化に対応するための並行作業を厭わない経営者の皆さんを、当社はいつも全力で応援しています。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。