単価を上げて成功するカウンセラーと上げられないカウンセラーの違いとは?

  開業カウンセラー 矢場田勲 SPECIAL
矢場田勲 SPECIAL

開業カウンセラーコンサルティング

有限会社ライフビジョン 代表 矢場田勲

開業カウンセラーに特化して指導する、専門コンサルタント。自らカウンセラービジネスを立ち上げ、軌道に乗せた経緯から、カウンセラーとして独立、活躍していくために最も重要なビジネス的視点と実務アドバイスを惜しみなく提供。稼げないカウンセラーが多い中、救世主的存在。


666123003ec24439542caa4b97547a86_s

「どうしてもカウンセリングの単価が上げられないんです」

このような悩みを抱えている方がおられます。

お金のメンタルブロックが問題だ、という見方もできますが、ここではちょっと違う角度から見ていきましょう。

一般的にカウンセリングは、マイナスの状態のクライアントを0(ゼロ)にするためにサポートするというイメージがあります。

一方、コーチングやコンサルティングは、0から(あるいは1)から100にしたり、1000にするというプラスの方向に成長させるためにサポートするものです。

マイナスから0にするサービスを一般の人の視点で見ると、カウンセリングと同じ扱いになるのが精神科や心療内科といった病院です。

見込み客は、カウンセラーが思っているよりも、精神科とカウンセリングの違いがわかっていません。つまり、精神科とカウンセリングが比べられることが多々あります。

精神科と比較されると絶対勝てないのが金額です。

精神科であれば、初診は6,000円くらいかかることはありますが、2回目以降は3,000円以内でおさまることが大半でしょう。それに比べると、カウンセリングは1回10,000円以上はかかります。仮にもっと単価を下げて5,000円という低めの設定にしても、それでも精神科よりも高くなってしまうのです。

「カウンセリングの方が高い」と見込み客に判断されてしまいます。単純に金額で比較されてしまうと、見込み客はカウンセリングを選ばないということになるのです。

あるいは、カウンセラー自身が精神科と比較していたら、なかなか単価を上げることができないということになります。

どうすれば、精神科と比較されないようになるのか?

どうすれば、単価を上げられるのか?

そのためには、比較される対象を別のものに変えていく必要があるのです。

マイナスを0にするのはもちろんですが、その一直線上にあるプラスの方までサポートできるサービスを作っていけばいいのです。

今まで「クライアントがポジティブな方向へ一歩踏み出す」というサポートをしていたのであれば、一歩踏み出した後、その先の未来がどうなるかを想像してみるのです。その先の結果が見えたら、さらにその先の未来はどうなるかを次々にイメージします。

先に進むと、クライアントが新たな困難にぶつかることがわかります。今後クライアントが通るであろう困難を想定して、それを乗り越えられるサービスを作っておくと、単価アップが容易になります。クライアントから見ると、非常に魅力的なサービスだと感じられるからです。

たとえ精神科と比べられたとしても、単純に金額だけでは判断できなくなります。

マイナスから0、プラスまでのギャップが大きければ大きいほど、クライアントはあなたのカウンセリングに魅力を感じるようになるのです。そして、その魅力の分だけ単価を上げられるということです。

ぜひ、チャレンジしてみてください。


【開業カウンセラー】
矢場田勲

開業カウンセラーコンサルティング

有限会社ライフビジョン代表

矢場田勲

執筆者のWebサイトはこちら http://www.no1-support.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×