トップ > コンサルタント名鑑・エッセンスブック > 人時生産性でチェーン店の儲ける力を引き上げる「個店力最大化」の3大ポイント

人時生産性でチェーン店の儲ける力を引き上げる「個店力最大化」の3大ポイント

人時生産性でチェーン店の儲ける力を引き上げる「個店力最大化」の3大ポイント

著  者:
伊藤稔(いとうみのる)
ページ数:
66ページ
サ イ ズ :
A5判
販売価格:
2,200円(税込)
出 版 社:
日本コンサルティング推進機構
I S B N :
978-4-908617-67-6

忙しい社長が30分で要点をつかめる、JCPO社長のためのエッセンスブックシリーズ。人時生産性でチェーン店の儲ける力を引き上げる「個店力最大化」を実現する具体ポイントを、分かりやすく提示。

「チェーン経営で収益を上げ続けるようになりたい」「人時生産性をあげられるようになんとかしたい」「顧客満足度を引き上げ他から抜きんでたい」…と望む経営者、待望のエッセンスブック。
 日頃、忙しすぎて考える時間をつくることが難しい社長のために、出来るだけ短時間で理解し、打ち手をイメージできるよう、重要なポイントに絞ってわかりやすく解説しています。
Ⅰ 儲かるチェーンになるための道
Ⅱ 儲けを増やす個店力最大化3つのポイント(1)
     「経営指標を変える」~日常活動で標準体で利益がでるようにする
Ⅲ 儲けを増やす個店力最大化3つのポイント(2)
     「ムダと儲かることを仕分ける」~見えるカタチにしなくては活用できない
Ⅳ 儲けを増やす個店力最大化3つのポイント(3)
     「新たな余力を、成長戦略に投資する」
Ⅴ チェーン店の儲ける力を引き上げる個店力最大化で
     社長が手にするものとは

 

 

著者 伊藤稔 について

これまで、チェーン店経営において数百のプロジェクト、不振部署、店舗の強みと特長を最大限に見出し、再生させてきた第一級の総合プロデューサー。

外資系総合スーパーの中で、社長室、店長や店舗運営統括の現場実務から本部の意思決定を行う部門で、30年以上携わる。

「部署のムリムダムラを見つけだしそのコストと時間をかき集め、それを塊にして、強みに、販売力に、転換する天才」と称され、独立後も各方面から依頼が絶えない。

氏が関わった企業からは「曖昧であった販売力のノウハウが体系化できた」、「付加価値に目を向けることにより 新たな自店の魅力を作り出せた」、「競合のチラシ価格に翻弄されることなく客数が回復してきた」「部署を越えたコスト改善のアプローチが認識できた」…など絶大な信頼を獲得している。

販売の実務にも強く、郵送DMや宅訪など、販売の仕組みの構築・運営を実務ベースで遂行。総合スーパーでは珍しい店内コンシェルジュを設置活用し、顧客満足度+収益増大を実現させるなど、購買心理を掴んだ理論と実務力を併せ持つ。

 「本当に強い本物のチェーンストア・チェーン店舗を育成したい」という強い信念の基、儲かるチェーン店舗・店長育成機関として 株式会社レイブンコンサルティングを設立。現在 同社代表取締役社長。

1959年 東京生まれ、 明星大学人文学部心理教育卒。

著者のコラム、セミナー情報はこちら

月刊誌(無料)登録フォーム

×