失敗しない人事制度のつくり方

  人事制度 松本順市 SPECIAL
松本順市 SPECIAL

人事制度コンサルティング

株式会社ENTOENTO 代表取締役 松本順市

会社を成長させる人事制度づくりで、700社以上の指導実績を誇る日本屈指のコンサルタント。日本の過去50年間の人事制度のつくり方とは異なり、経営者の評価と賃金の決め方を可視化してつくる画期的な人事制度は経営者から大きな支持を得ている。


513d78773ab4b5c12aaca162076ebd38-200x300

人事制度をつくった経営者から「成功した」という話を聞くことは、ごく稀だと思います。なぜなら、人事制度の成功の確率は5%以下だからです。他の経営者の方から「人事制度をつくった」という話の後に、その後の進展について詳しい話を聞けることはほとんどないでしょう。それは人事制度がうまくいっていないことを意味しています。

『人事制度はうまくいかないもの』という考えが多くの経営者にあるでしょう。しかし、人事制度は絶対に失敗できません。なぜなら、失敗をすると必ず優秀な社員から辞めていくからです。優秀な社員は中小企業には滅多に入ってきません。つまり、会社内で手塩にかけて育て上げた優秀な社員から辞めていくことになるのです。しかし、その理由は、経営者には最後まで分かりません。それは、「人事制度は専門家につくってもらうもの」という思い込みがあるか らです。

例えば、作成してもらった評価シートで社員を評価するときに、経営者はこう思うのです。「今まで私が褒めてきたことが褒められなくなることがチョット残念です。で も、有名な先生につくってもらったのだから、これが正しい評価シートで間違いない」 そのため、評価シートをつくったあとには、今まで褒めてきた優秀な社員を褒めなくなるという、とても残念な事実があります。その結果として、その優秀な社員は「今まで褒められてきたのに、もう今後は褒めてもらえない」と知り、この会社にいる意味を失い退職するのです。

人事制度で失敗しないための唯一の方法は、今まで経営者が行ってきた評価(褒めること、叱ること)を可視化し、その可視化した評価をストレートに賃金制度に反映させることです。いえ、これまでも反映させてきたのです。それらを可視化して人事制度をつくることによって、人事制度の失敗の確率はゼロになります。

専門家の評価や賃金の決め方に頼らずに、経営者として今までやってきたことに自信と誇りを持ち、毅然とした態度で可視化ください。


成長する企業のための、正しい人事制度の視点
松本順市

人事制度コンサルティング

株式会社ENTOENTO代表取締役

松本順市

執筆者のWebサイトはこちら http://www.1ess.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
当コンサルタントの執筆書籍をご案内
月刊誌(無料)登録フォーム

×