決めたことが続かない・・・本当の課題は社員主体で『継続する仕組み』が無いこと

  年商10億事業構築 矢田祐二 SPECIAL
矢田祐二 SPECIAL

年商10億事業構築コンサルティング

株式会社ワイズサービス・コンサルティング 代表取締役 矢田祐二

指導暦18年、これまでに200社以上の実務コンサルティング実績を持つ経営コンサルタント。「10億円事業構築」に強みを持ち、直近5年では、導入後数年で年商数億が10億越えをした企業は20社以上と驚くべき成果を出している。

当コンサルタント開催セミナーがあります。


矢田祐二1

「矢田先生、朝礼を始めたのですが、なかなか続かないのですが・・・・」
1年前、工務店の社長、セミナーに参加されてのご相談です。

「うちの会社は、いろいろ取り入れるのですが、続かないのです。社員面談も導入しましたが、1回切りで終わってしまいました。今回も、ある勉強会で聞いて自社にも有効だと考え、朝礼を開始したのですが・・・」

それに対しての私の答えは、「根本的に、継続する仕組み、それも、社員主体で継続する仕組みがないとすべて無駄になります。朝礼に限らず、いいモノを取り入れても、同じことが繰り返されるでしょう。」

―――――――――――――――――――――――――――――――

世の中には、会社として取り入れたほうがいいコトややったほうがいいモノが、沢山あります。世の社長は、自社にとっていいモノを探すために、いろいろな勉強会やセミナーやフェアに参加します。

「いまの自社に不足するモノはなにか」
 「自社をステージアップさせるために」
 「社員が自発的に意見を言って、生き生き働くために」
 「急成長している社長は何をやっているのか」

まだ自分が知らない何かがあるのではと、探します。そして、その何かを発見すると、それをすぐに導入します。

このすぐに何かを始める、のは素晴らしいことです。成果を出す、業績のいい社長の特徴をひとつ挙げてくださいと言われれば、私は迷わず「スピード」と答えます。

他社や業界よりも先に顧客に提案をするから、高く売れるのです。スピードを持って動くから、すぐに答えが出せ、すぐに修正が利くのです。スピードが遅い社長では、絶対に業績は良くなりません。

―――――――――――――――――――――――――――――――

そして、本当の意味で差ができるのが、その後です。

何かを導入すると社長が意思決定し、それを全社展開する。そして、その目的を失わずに継続していく。そして、改善しさらに良くしていくサイクル。

この導入と継続が苦手会社は、少なくありません。

  • 朝礼を導入しようと意思決定したが、数か月すると、マンネリ化し、「雰囲気はダラダラ」「報告事項は特になし」管理者も注意せず。ひどいと「社長がいないと開催されず」。
  • 全員参加の月例会議をしようと決めたが、1か月目は、皆いろいろ意見が出る、3カ月で特に話すこともなくなり、社長も「何かないか?」5か月も経つと、月例会議の存在を誰も口に出さなくなり、自然消滅。
  • 経営計画書作成セミナーに参加し完成!経営計画書による経営を決意し、製本し社員にも配布する。そして、1年が経過、、、その経営計画書には何の書き込みも無くほぼ新品。その後も経営計画書は必要と思いながらも、、、
  • 原価ソフトの導入を決定する、そして、高額な費用を払いソフトの購入と導入の指導を受ける。そのまま順調と思っていたが、確認すると、中途半端な入力状況、分析もされず・・・もっとひどいのは、新システムも昔の作業も両方やっている。

 

これらの現象は、実は、どれも同じことを原因としています。それは、下記の仕組みが無いこと

  1. 新しいことを導入し全社に展開する仕組み
  2. 各仕組みを社員主体で運営し、定期的に見直し改善向上させるサイクル、、を回す仕組み

この仕組みが無いと、上記のような「続かない」という現象が起きます。根本的にこの仕組みを所有していないので、どんなにいいモノを自社に取り入れようとしても、すべてが続かないのです。

または、社長がいるときだけ回る、社長がいないとやない、社長が言い出さないとやらなくなる、これらも同じレベルであり、同じ課題を元にした現象です。どれも仕組みが機能していないのです。

「うちの会社は、続かない」
 「うちは、PDCAができない」
これは、社長自身や社員の意識の問題ではないのです、仕組みの問題なのです。

人間には、「忘れる」「怠けやすい」「流されやすい」という弱い面が絶対にあります。それを、支えるのが仕組みです。仕組みが有るか、無いかの問題です。その正しい認識を持ってください。

―――――――――――――――――――――――――――――――

1年経過した、冒頭の工務店の社長の感想

「私の意思決定から社内への展開が出来ていることを実感できます、そして、その仕組みとその抑えどころも解りました。そして反省もしています。会社や現場でそれを展開し継続することの大変さと重要性、それを私自身が理解していないから、次から次と新しいものを拾ってきたのです。そして、まさに丸投げしていたのです。社員には申し訳ないことをしました。朝礼を始めると伝えた時の「またか」という社員の顔を今でも覚えています。」

何かを始める時に必要なモノは、
社長の「意思決定のスピード」 + 社員主体で「展開・継続する仕組み」 です。

社長の指示の受取先として機能する、この「展開・継続する仕組み」が、今の御社にとって本当に必要なモノです。

決めたことが続かない・・・・根本の構築が必要です。

 


当コンサルタント開催セミナーがあります。

年商10億円への経営視点
矢田祐二

年商10億事業構築コンサルティング

株式会社ワイズサービス・コンサルティング代表取締役

矢田祐二

執筆者のWebサイトはこちら http://www.yssc.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
当コンサルタントの執筆書籍をご案内
月刊誌(無料)登録フォーム

×