トップ > コラム > 人事制度の品質を上げる方法

人事制度の品質を上げる方法

  人事制度 松本順市 SPECIAL
松本順市 SPECIAL

人事制度コンサルティング

株式会社ENTOENTO 代表取締役 松本順市

会社を成長させる人事制度づくりで、700社以上の指導実績を誇る日本屈指のコンサルタント。日本の過去50年間の人事制度のつくり方とは異なり、経営者の評価と賃金の決め方を可視化してつくる画期的な人事制度は経営者から大きな支持を得ている。


日本で専門家が人事制度のコンサルティングをすると、当然のことながら構築した人事制度をそのまま運用しようと考えます。変更は認めたがりません。

そのため、その人事制度に対して社員から意見が出ても、(中には不平・不満と思えるような質問があるかもしれませんが)その声に耳を傾けることは、おおむねありません。つまり、社員の考えを参考にすることはないのです。

もともと人事制度は社員の成長のために作成します。社員の意見を聞かなければ人事制度の品質は一切向上しません。人事制度の品質が向上しなければ、社員が成長することはありません。

多くの企業では、構築した人事制度に対して2割以上の社員から不平・不満の声が出ます。しかし、社員の考え方を聞く会社はほとんどないでしょう。

いくら意見を言っても聞いてもらえないときに、社員はその会社での成長を諦め、転職を考えるようになります。わざわざ人事制度をつくって社員が辞めるのは、これが原因です。

社員のために人事制度を作った会社では、社員の意見を聞きます。もともと、社員の意見の8割は誤解です。

人事制度を作る企業は社員の成長を考えています。社員の物心両面の豊かさを考えています。さらには、社員の幸せまで考えている経営者のいる企業です。

社員が不平・不満を言ってくるような内容には決してなっていません。あくまでも、誤解しているのです。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

そのため、この意見はどんどん聞いた方が良いのです。2割程度ですが、中には経営者が「そうか!」と思えるような意見が出てくることがあります。社員の意見で「そうだ!」と思えるものがあれば、その考え方を取り入れて人事制度の見直しをする必要があります。

いつでも社員がこの人事制度について尋ねることができる、場合によっては納得できないという意見であっても、耳を傾けてくれる。そして説明もしてくれ、問題があった場合にはその解決に着手してくれる会社。誰が辞めようと考えるでしょうか。

人事制度の品質が高まれば、当然ながら定着率もその分間違いなく向上します。これからの日本は定着率の低い会社は、社員が応募してこなくなくなります。いつか、企業は定着率を求人広告に載せる必要性が出てくるでしょう。場合によっては、積極的に載せた方が応募人数は増えます。

この人事制度の品質を上げるためには、社員の意見を聞くことがとても重要です。それ以外でこの人事制度の品質を高める方法はありません。

「成長塾」では人事制度を経営者が自分で作ります。私が提供しているのは人事制度そのものではなく、経営者の考え方、価値観を、想いを形にするためのノウハウを提供しています。

そのため、社員からいろんな意見が出ても平気です。それは自分で作った人事制度を見直すためのノウハウが手に入るからです。

これから激動の時代。少子高齢化で労働力不足になることが必須の日本においては、人事制度はまた新たな課題をもって見直しをすることが必要になってくるでしょう。

人事制度の見直しを継続的に行うことによって、ますますその時代に合った「社員を成長させるための人事制度」にして頂き、常に高い品質を保ってもらいたいと思います。

 


成長する企業のための、正しい人事制度の視点
松本順市

人事制度コンサルティング

株式会社ENTOENTO代表取締役

松本順市

執筆者のWebサイトはこちら http://www.1ess.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
当コンサルタントの執筆書籍をご案内
月刊誌(無料)登録フォーム

×