トップ > コラム > 第52号:ビジョンがイメージできない人のためのビジョンの描き方

第52号:ビジョンがイメージできない人のためのビジョンの描き方

  ミッションマーケティング 佐治邦彦 SPECIAL
佐治邦彦 SPECIAL

ミッションマーケティングコンサルタント

株式会社サンアスト 代表取締役 佐治邦彦

これまで500社以上の支援から編み出した、顧客満足と収益の最大化を、同時に実現していく独自の手法「ミッションマーケティング」の創始者。飲食店、ホテル、住宅関連、サービス業、学習教育企業…など、お客様思考がなかなか利益につながらずに悩む経営者に、収益をもたらし大きな成長を実現させるコンサルタントとして評価が高い。

先行きが見えない時代でビジョンが描けないと悩む経営者の方がたくさんおられます。社員さんから共感を得るために大きな目的や目標を掲げなければならないと思うものの、そんな時代に会社を拡大していくことを心から願うことができず、明確なビジョンが打ち出せないと悩んでおられます。

そんな経営者に私がいつもお伝えするのは、社員さんに評価されるビジョンを考えるのではなく、まずは自分が最もワクワク感を感じるビジョンを考えてみてはどうかということです。先行きが見えず不安でいっぱいになるような時代だからこそ、大きな目標を掲げるよりも、最も自分が幸福感を感じるビジョンを作るべきです。

市場競争が激しくて先行きの見えない時代に経営者が最も恐れる不安は、顧客や社員さんが離れていくことではないでしょうか。その不安が解消できるビジョンを持つことです。

会社が安定して経営できれば不安は減ります。会社の安定経営のためには顧客離れを防ぐことです。顧客に選ばれ続けることができれば不安はなくなり、仕事に充実感が生まれ、永続経営への自信も生まれてくるのではないでしょうか。

そこで考えていただきたいのが、自分たちが今後、最も大切にしていきたい良質のお客様とはどんな人たちかということです。そして、そのお客様の問題を解決するために、自分たちが得意とすることは何なのか、そこをしっかり考えることが大切です。
お客様の笑顔がイメージできること、そのために自分たちができることが明確なこと。そしてそこには自身の幸福感がある。それをビジョンにすることがこれからの時代には求められます。

お客様の信頼や尊敬なくして会社の永続はできません。
お客様の信頼や尊敬を集めるために自社の今後の最重要客はどんなお客様とするのか。そしてそのお客様に対してどんな商品やサービスをどのように提供して貢献するのか。そこには自分たちの幸福感があるか。
ビジョンが描けないと思ったら、まずそこから考えみてください。
お客様思考と収益力を高める経営視点
佐治邦彦

ミッションマーケティングコンサルタント

株式会社サンアスト代表取締役

佐治邦彦

執筆者のWebサイトはこちら https://www.sunast.co.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×