トップ > コラム > なぜ、勝ち残る会社は「財務」が強いのか?

なぜ、勝ち残る会社は「財務」が強いのか?

  ダイヤモンド財務 舘野愛 SPECIAL
舘野愛 SPECIAL

ダイヤモンド財務コンサルタント

ユメリアコンサルティング株式会社 代表取締役 舘野愛

次世代経営者専門の財務コンサルティング機関。同族会社のオーナー社長・二代目社長に対して、経営基盤を頑強なものにする、「ダイヤモンド財務」の築き方を指導。

当コンサルタント開催セミナーがあります。

創業30年以上の会社の中には、創業社長が「財務」の重要性を痛感し、財務中心の会社づくりに取り組むことで強い財務体質の会社に生まれ変わったという会社もたくさんあります。しかし、その一方で、「財務」の重要性に気が付かず、いつまでも「借入依存」「資金不足」の経営から脱却することができないまま、後継社長へ経営のバトンを渡す時期がやってきた・・・という会社も存在します。当社では、そのような会社のご支援を数多くしてまいりました。

そもそも財務中心の会社づくりが出来ている会社であれば、資金繰りで四苦八苦したり、あるいは、月末になると預金残高が気になってしまってハラハラする・・・といった事態に陥ることはありません。しかし、財務中心の会社づくりが出来ていない会社の場合は、常に「借入依存」「資金不足」の状態にあり、いつまでたっても抜け出すことができません。

本来、真に社長がやるべきことは、常に潤沢な資金を備え、どんな事態が起きても絶対に資金ショートしないような強い財務体質の会社づくりをすることにあります。特に、財務中心の会社づくりの中でも、「資金管理」は、最も重要な社長のための実務なのです。なぜなら、会社が本当に潰れるのは、会社にお金が無くなった時だからです。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

多くの社長は、「売上が増えれば、潰れない会社になる」と考えます。
しかし、それは間違いです。

あくまでも、「売上が増えれば、潰れない会社になる」のではありません。
財務が岩盤だからこそ、事業を自由自在に操れるから、結果として潰れない会社になるのです。つまり、財務こそが、事業永続のキーポイントなのです。真に潰れない会社づくりを目指すのであれば、社長は「財務」の実務を知らなければならないのです。

しつこいようですが、赤字決算でも、会社は潰れません。
あくまでも、会社は、「お金が無くなった時」に潰れるのです。

財務中心の会社づくりは、一朝一夕に出来るようなものではありません。当然、手間も時間もかかります。しかし、強く永く続く会社づくりがしたいと願うのであれば、社長自らが財務中心の会社づくりを目指すべきなのです。

強く永く勝ち残っている会社ほど、時間をかけてじっくりと財務中心の会社づくりを密かに行っています。そして、その結果、最短距離で「儲かって潰れない」「利益を出してお金が残る」会社づくりに成功しているのです。

ダイヤモンド財務®コンサルタント
   舘野 愛

当コンサルタント開催セミナーがあります。

【財務岩盤化】次世代経営者のためのダイヤモンド財務の築き方
舘野愛

ダイヤモンド財務コンサルタント

ユメリアコンサルティング株式会社代表取締役

舘野愛

執筆者のWebサイトはこちら http://www.yumerea.co.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×