トップ > コラム > カウンセラーが開業前にやっておくべきこと

カウンセラーが開業前にやっておくべきこと

  開業カウンセラー 矢場田勲 SPECIAL
矢場田勲 SPECIAL

開業カウンセラーコンサルティング

有限会社ライフビジョン 代表 矢場田勲

開業カウンセラーに特化して指導する、専門コンサルタント。自らカウンセラービジネスを立ち上げ、軌道に乗せた経緯から、カウンセラーとして独立、活躍していくために最も重要なビジネス的視点と実務アドバイスを惜しみなく提供。稼げないカウンセラーが多い中、救世主的存在。


「開業する前に何をやっておけばいいでしょうか?」

とあるカウンセラー養成講座を受講中の方で、これから開業しようと準備中の方からのご質問です。

カウンセラーとしてのスキルは少しずつ身に付けてきたけど、スムーズにスタートできるようにしっかり準備をしておきたいということでした。このように前もって、開業準備をしておくことは重要なことです。

私自身もカウンセラーとして開業する前に、準備することを書き出して、それを1つずつクリアしていったのですが、その中でもこれはやっておいてよかったな、ということがあります。

でも、開業しているカウンセラーさんに聞いても、意外とやっていないものです。

それは、《開業カウンセラーからカウンセリングを受けてみること》です。

カウンセラーの勉強中に、カウンセリングを受ける体験はできます。

でもそれは、あくまでも練習です。

カウンセラー役として、受講生が担当することがあります。あるいは、講師がカウンセラー役をすることもあるでしょう。

カウンセリングスキルを高めるためには必要なことですが、どこまでいってもデモンストレーションの域を超えません。

ですので、ちゃんと自腹を切って、実際のカウンセリングを受けることが重要なのです。練習と本番とでは、得られる情報の次元が違うからです。

私は当時、2つの情報を得ることを目的として、複数の開業カウンセラーの元を予約して訪れました。

目的の1つは、カウンセリングスキルについて。もう1つの目的は、集客の情報を得ること。

1つ目のカウンセリングスキルは、先ほどの延長線上にあります。デモンストレーションを超えた、真剣勝負の場でのスキルを体感するため。

これも重要ですが、集客の観点でいうと、もっと重要なのが2つ目です。

2つ目の集客の情報を得ること。それが開業しようとするカウンセラーには、必ず持ってもらいたい視点です。

悩んでいる人になりきって、ネット検索します。悩んでいる人は、どんな言葉で検索するのか、そして、検索結果から、どのWEBサイトを見るのか。

WEBサイトを見始めたら、まずどこを見るのか、次にどこを見るのか。

どの部分で、見ているWEBサイトを閉じるのか。

そして、なぜ予約しようと思ったか。

実際に見込み客がネット検索して、あなたのWEBサイトを見つけ、予約してくるまでを再現しているわけです。

そして、予約してから、当日を迎えるまでの心境を体験。当日のカウンセリングから、次の予約へ結びつけるまでを実際に経験してみるのです。

《顧客目線を持つことが大事》ということがわかっていても、実際に顧客目線で行動を起こす人は、あまりいません。

「こんなことをしなきゃいけないんですか?」

と訊かれたことがあるのですが、私としては、逆になぜそれをしないのだろう驚いたのです。

例えば、ラーメン屋を開業しようとするとき、必ず実際のお店に食べに行きますよね。真っ当な経営者であれば、味のチェックは当然、それ以外の集客やリピートといった観点からもチェックすることを怠りません。

こういった観点で準備をすると、WEBサイトにどんな情報を載せて、どんな記事を書いたらいいかがわかってくるのです。

 


【開業カウンセラー】
矢場田勲

開業カウンセラーコンサルティング

有限会社ライフビジョン代表

矢場田勲

執筆者のWebサイトはこちら https://no1-support.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×