コンビニ

SPECIAL
商品リニューアルコンサルティング

商品リニューアルのポイントは「何を」ではなく「〇〇〇」を再定義すること

ほぼ毎朝、軽いジョギングをしています。リフレッシュ、それからコンビニエンスストアでのちょっとした買い物を楽しみに走っています。 小さな街をスロージョギングするのですが、途中にファミリーマート、セブンイレブン、そしてローソンがあります…

詳細はこちら

SPECIAL
海外商談コンサルティング

先入観:イメージを壊し新たに得るか、偏見で機会を失うか

“あの国の人達は○○な感じだよね”   このようにその国や人々のイメージを語ることがよく有ります。例えば、ドイツ人は真面目、イタリア人は明るく大雑把、中国人はマナーが悪く、謝らない、等々。  海外ビジネスにおいては、こうした一般的な…

詳細はこちら

SPECIAL
個店力最大化コンサルティング

「チェーン経営で稼ぐ力を研ぎ澄ます」

先生、うちは 店型がたくさんありまして標準化できないんです。と先日お見えになったある経営者からのご相談です。 ――――店型の数と標準化は関係ありませんから大丈夫です。とキッパリ申し上げました。 社長として新しいことに取り組みたくても…

詳細はこちら

SPECIAL
ホスピタリティビジネスコンサルティング

ホスピタリティのマーケティング活用方法

成熟した社会の中で、なかなかライバル企業との差別化が困難な時代が到来しています。 この商品やサービスの違いが不明瞭化することをコモディティ化といい、コモディティ化すると消費者は単に安いという理由で選択、消費をして価格競争に陥ります。…

詳細はこちら

SPECIAL
営業部再設計コンサルティング

営業マンが商談において絶対に大切にすべき認識

ある営業マンとの会話です。 「営業という仕事はいやですね。大森さんも1冊目の本の「はじめに」で書かれて いましたが、営業は常に売り込まないといけないし、顧客からは安くしろとか、納期を守れとか言われるし」 「そうですね、確かに。私も現…

詳細はこちら

SPECIAL
社内独立店開コンサルティング

機会ロスと廃棄ロスを防ぐ方法

店舗ビジネスでは基本的に“在庫”が発生します。 業種業態によってその適正量や額は当然変わってきます。 その適正量や額はどう決まるのかと言えば、 必要な時に在庫がなく売る機会を逃すこと(機会ロス) 必要以上に在庫があり廃棄せざるを得な…

詳細はこちら

SPECIAL
ミッションマーケティングコンサルティング

第61号:ブランドを確立する上で最も大切なこと

今年に入り、どの業界もますます成熟してきております。 先日もある喫茶業界の企業様から「コーヒー市場は完全に成熟しています。コーヒー市場で事業をおこなっていくことが本当に良いのかと悩んでいます」と相談を受けました。 確かに、コーヒー市…

詳細はこちら

SPECIAL
営業部再設計コンサルティング

営業マンが競合になった時に意識すべき視点

先日、同行営業支援をしていた時、ある営業マンからの意見です。 「某社は長年のユーザーです。しかし、担当課長から今回の商談は3社の競合と言われました。過去ず~っと、お仕事を頂いていたのに残念です。それにどこが競合先なのか?聞いても教え…

詳細はこちら

SPECIAL
波及営業コンサルティング

売れない商品を売れる商品に変える営業アプローチの再考法

「世の中にはない、日本初の商品を開発したのですが… 蓋を開けてみると全く売れなくて。何がいけないのでしょうかね?」 先日、当社に寄せられたご相談。 お話を聞いてみると、確かに目新しい商品です。 しかも、顧客の購入メリットも明確で明ら…

詳細はこちら

SPECIAL
個店力最大化コンサルティング

「チェーン経営で利益を更新しつづける」

「地方は人口減で売上が少しずつ落ちてるのです。販促強化で何とか維持してるのですが、経費は上がってますし先が見えないのです」 先日、セミナーにご参加された、スーパーマーケットの社長からのご相談です。 —-すべての競合が販促…

詳細はこちら

月刊誌(無料)登録フォーム

×