社長の右腕が育つ環境

  成長支援部づくり 岩井徹朗 SPECIAL
岩井徹朗 SPECIAL

成長支援部づくりコンサルティング

ヒーズ株式会社 代表取締役 岩井徹朗

会社の大元となる「総務」を革新すれば、すべての事業部に影響を与え、顧客志向になり、驚くほど業績が伸びる。経営者が着手すべき、「成長支援部づくり」を指導。


社長の右腕を育てる「社長の右腕」と聞くとどのようなイメージを思い浮かぶでしょうか。

大企業であれば、社長秘書がいて、社長のスケジュール管理から接待の手配や名刺の整理までそつなくこなしている印象があります。

一方、中小企業の場合。社員も少ないので、秘書の仕事だけやっていることはまれでいくつかの仕事をこなしながら、社長から指示された仕事にも対応するというケースが多いのではないでしょうか。

私が日頃からお世話になっているある会社でも、社長のスケジュール管理、請求書の発行やお客様への連絡、ウェブサイトのデザインなど多くの仕事を一人でこなしている若手社員がおられます。先日も補助金を使ったサービスの進捗状況について彼からフォローアップのメールが来ていました。

社長とその社員とのやり取りを横で見ていると、社長は部下のレベルにはまだまだ満足していないものの、着実に成長している手ごたえを感じている様子が伝わってきます。

毎日忙しく動き回っている社長にとって雑用を一手に引き受けてくれる存在はたいへんありがたいものです。でも、社長から指示されたことをそつなくこなしているだけでは「右腕」と呼ぶにはまだ力不足です。

やはり「社長の右腕」となるためには、社長が考えていることを理解して実行することに加えて社長の考えを客観視して、自分としての見解を持つことが求められます。

社長も時には考えが上手くまとまらなかったり、ちょっと他人の意見を聞いてみたい時があります。そんな時、「これどう思う?」と言って、「これ」を一から全部説明するのはかなり面倒くさいもの。「これ」については一定の理解があって、「私は売れないと思います。なぜなら・・・」というように自分の意見をすぐに言える人が傍にいれば本当に助かります。

また、社長が自分でやろうと思っていても忙しくてついつい忘れてしまうことがあります。そんな時、「あれどうしたっけ?」と気づいた時に、すかざず「あれは先ほど先方に郵送しておきました!」という返事があると、社長はほっと一息つけます。

つまり、「社長の右腕」には社長の行動を観察して、抜けている部分を補って動くことも求められるのです。

「社長の右腕」はいわば決裁権限のない社長の分身。そして、行間を読んで社長の半歩先を行く役割が求められます。このため、「社長の右腕」を育てるには時間と根気がいります

でも、伸びている会社の経営者は多かれ少なかれ右腕となるべき存在を育てようと努力されています。

単に雑用を押しつけて、「四の五の言わずに俺の言う通りにやれ!」と怒鳴っているだけでは、けっして人は育ちません。特に日本の場合は、考え方は似ているけれど、自ら考える分身を育てるというよりは、黙って自分の言うことだけを聞くロボットを作ろうとする傾向があるので要注意。

相手の特徴や性格を見極めながら、時には厳しく、そして時にはやさしく自分の指示の奥底にある基本的な考えを伝えていくプロセスが必要です。

筋肉を鍛える際も、ただ何となく筋トレするのと、「この筋肉を鍛えよう」と意識を持って筋トレするのでは全然効果が違います。あなたは日頃から意識して「右腕」を鍛える努力をされているでしょうか。


【総務の革新】成長支援部づくりで業績を伸ばす経営視点
岩井徹朗

成長支援部づくりコンサルティング

ヒーズ株式会社代表取締役

岩井徹朗

執筆者のWebサイトはこちら http://www.basis01.com/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×