第55話:売上2倍は難しくない?

  導線経営 中丸秀昭 SPECIAL
中丸秀昭 SPECIAL

導線経営コンサルティング

日本成長戦略研究所株式会社 代表取締役 中丸秀昭

集客から営業・販売まで一気通貫で儲けを逃さない導線を設計し、仕組み化することで収益を最大化する経営手法を“導線経営”として体系化した第一人者。100名以下の中小企業が価格競争に巻き込まれることなく、収益最大化を実現する成長戦略を指導。


売上アップ、売上2倍は難しくない

「売上を2倍にする方法は何通りあると思いますか?」と経営者・経営幹部の方にお訊ねすると、10・20・30…と結構大きな数字が出てきます。では、「実際に言ってみてください!」と申し上げると、客数・商品単価など… 思ったほど出てこないのです。

経営者に限らず、営業マンなどビジネスに関わる方であれば例外なく、売上を上げたいと思っていることに違いはないでしょう。ところが、いざ「売上を上げる方法は?」と訊かれると、その方法・打ち手が出てこない… これでは上がるはずの売上も上がりません。実は、売上を上げる方法はさほど多くはないのです。

弊社でお伝えしている売上アップの考え方は3つ、その打ち手は10通りです。先ず、売上アップの3つの考え方として、下記の動画で解説していますのでご確認ください。

売上アップの方程式、客数、客単価、購買頻度

動画の再生はこちら(成長戦略TV 第5回)

上記の動画で解説しているように、売上を上げる考え方は大きく分けて3つ、それをさらに細かく見ても5つしかないのです。この考え方をもとに、売上2倍をどのように実践すれば良いのか?それは下記の動画を見てください。

売上2倍を達成する売上アップの方程式

動画の再生はこちら(成長戦略TV 第10回)

上記の動画で解説している「売上2倍の考え方」をベースに、「売上2倍を達成する10の打ち手」が下記の図(拙著「儲かる会社88の鉄則」から抜粋)に記載されている打ち手になります。

売上2倍を達成する10の打ち手

上記10通りに関する詳細の解説こちらの動画再生リスト(動画数8本)を参照してください。

ここで改めてお伝えしたいのは、上記の動画でもお伝えしているように、現況の自社に合わせて、結果につながりやすい項目を明確にして実践するということです。これは言い換えると、経営資源の選択と集中です。

選択と集中を行わないとどうなるか?「こと」は曖昧なままとなり、結果につながることはありません。「曖昧な言葉は曖昧な行動となり、曖昧な行動は曖昧な結果にしかならない」ということです。何となく考えていたら、いつのまにか富士山に登っていた…などということは決してないのです。

そして、このような選択と集中を行う時、多くの中小企業が売上アップのために全力で取り組むべき「販路開拓」の道が、インターネットを活用した「web戦略・ネット戦略」なのです。自社サイトで売る「仕組み」を構築しつつ、Amazon・楽天・Yahooなどを活用して、今までやったことのない新たな取り組みに努める、ありとあらゆる販路を開拓していく…

多くの中小企業、感覚的には9割以上の中小企業が取り組めていない、大きなリターンを得ることができる新たな販路です。「こんなに売上が上がるとは思っても見なかった!」「インターネット専任の担当者をさらに2名採用するつもりです!」「もっと早く取り組んでいれば良かった…」など。これらはいづれも弊社顧問先様である経営者の言葉です。

経営者の仕事は一般社員にはできない、事業成長の「仕組み」をつくること。「仕組み」づくりこそ、経営者が今すぐやらなければならない仕事です。このような「仕組み」で貴社が一歩先を行くか、競合他社に一歩先を越されるか… それを経営者である貴方の判断次第です。

 


【収益最大化の導線経営】1年で売上2倍の仕組みをつくる戦略と仕掛け
中丸秀昭

導線経営コンサルティング

日本成長戦略研究所株式会社代表取締役

中丸秀昭

執筆者のWebサイトはこちら http://growth-strategy.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
当コンサルタントの執筆書籍をご案内
月刊誌(無料)登録フォーム

×